「ソーイング・ビー2」が面白い!見どころを紹介 Eテレで放送中

映画/ドラマ

「ソーイング・ビー」(Sewing Bee)は、イギリスの「裁縫コンテスト」番組です。

ヒット番組がシリーズ化して、日本語編集版の「ソーイング・ビー2」も、放送されています。

このブログでは、見どころを紹介します。

 

スポンサーリンク

「ソーイング・ビー2」が面白い

NHK Eテレで放映中の「ソーイング・ビー2」は、なかなか面白いです。

「ソーイング・ビー」(Sewing Bee)は、イギリスのBBC制作の「裁縫コンテスト」番組です。

アマチュアの裁縫家が、番組に応募して、選ばれた人たちが、各回のお題に合わせて、洋服を作ります。

 

制限時間があるので、素早くデザインや生地を決め、丁寧に縫っていかなければなりません。

辛口審査を経て、10人ほどのメンバーが少しずつ、脱落していきます。

最終審査に残るのは、3人ほどで、シーズンの終わりには、優勝者が決まります。

皆、仲良く、得意の裁縫を楽しみながらも、残りたいという一心で、必死です。

 

「ソーイング・ビー」番組の歴史

「ソーイング・ビー」は、2013年スタートの裁縫コンテスト番組で、本国、イギリスでは、第6シーズンまで、制作されています。

ヒットしたため、続編ができるというスタイルで、翻訳バージョンが、世界で放映されています。

 

日本では、「ソーイング・ビー」として、第1シーズンと第2シーズンが、放映されました。

「ソーイング・ビー2」は、第3シーズンと第4シーズンを、短く編集した形で、放映しています。

 

吹き替えバージョンは、かなり短縮されているので、各出演者のお裁縫の細かい部分や、出演者同士の交流などは、カットされているようです。

その分、テンポよく進むので、作品の出来栄えと、審査委員のコメントに集中できます。

短時間に編集されているため、飽きずに、作品の重要ポイントを見れます。

 

出場者はアマチュア裁縫家

 

出演者は、アマチュアの裁縫家です。

予選を勝ち抜いて、腕自慢の裁縫家が、腕試しにやってきました。

裁縫歴は、数年から、数十年と様々で、年齢・性別・家庭環境・職業も、色々です。

 

裁縫バトルとはいえ、裁縫の愛好家たちなので、隣の人と競うというより、自分の力を出し切った人たちが残れる、というようになっています。

ただし、裁縫歴が長くとも、良い作品ができない場合があります。

それは、お題が、普通のパンツやスカートやワンピースだけではなく、レギンスやローブなど、幅広いからです。

 

腕自慢の裁縫家でも、ランジェリーやローブなどを作ったことのない人は、沢山います。

ましてや、リメイクとなると、アイデア面が、重要になります。

また、素材に関しても、選び方を間違えると、縫いにくかったり、時間がかかったりします。

「制限時間内に終わらせる」という、プレッシャーに勝った人が、上位にいけます。

 

スポンサーリンク

 

 

「ソーイング・ビー」の見どころ

「ソーイング・ビー」の見どころは、バックグランドの違う、アマチュアたちが競うところです。

歌なら、のど自慢番組がありますが、「裁縫」というのは、新しい試みです。

 

審査されるのは以下のようなことです。

・・デザインのよさ

・・縫製の丁寧さ

・・生地の選び方

・・色合いや縫い方の工夫

・・実用性など

 

審査のポイントを踏まえながら、テイストの違った作品を、上手に作るのは、至難の技です。

各回のお題を、上位成績で乗り越えて、全体を通して、最終審査に残った人が、優勝できます。

 

出演者同士は、必死になりながらも、ぎすぎすした感じにはならずに、作品を仕上げます。

自分の作品が、審査員に、アレコレ言われているときの顔は、「渋い顔」ですが、ほめられたときは、「満面の笑み」です。

作品の良しあしもありますが、出演者が、一喜一憂するところも、見どころのひとつです。

 

最初に「Sewing Bee」というタイトルを聞いたとき、「一生懸命お裁縫をしている、ミツバチさん」を想像して、よいタイトルだと思いました。

「Sewing Bee」とは、第二次世界大戦中、兵士のために、服を縫っていた女性たちのことだそうです。

 

ヒップスカーフの作り方 簡単にレッスン着を作る
ヒップスカーフを作ってみました。スポーツクラブなどで利用できるレッスン着です。簡単にできるので、作り方を紹介します。手作りのダンス用オーバースカートです。

 

まとめ

「ソーイング・ビー2」は、2021年1月現在、NHK、Eテレで放映中です。

アマチュア裁縫家が、むずかしいお題に挑戦する、裁縫コンテスト番組です。

お裁縫や手芸を、少しでもやったことのある人は楽しめますし、これから、挑戦したいという人たちにも、お勧めです。

アマチュアが出場するコンテスト番組としても、面白いです。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク