韓国ドラマ「ヘチ 王座への道」あらすじと感想 NHK放映中

映画/ドラマ

2021年2月、NHK総合で、韓国ドラマ「ヘチ 王座への道」の放映が、はじまりました。

「ヘチ 王座への道」は、朝鮮王朝時代の王座をめぐる権力争いを描いたドラマです。

王子「イ・グム」は、不遇の幼少期を送りますが、自分をあらため、堂々とした姿を見せられるのでしょうか。

本ブログでは「ヘチ 王座への道」のあらすじと感想を紹介します。

 

スポンサーリンク

韓国ドラマ「ヘチ 王座への道」あらすじ

主な登場人物

イ・グム=延ニン君(ヨニングン): 朝鮮王朝の王の次男

イ・グムの母は、元々、王宮の水汲みであった、身分の低い女性でした。しかし、王の寵愛を受け、側室となります。息子のイ・グムは、母の身分が低いせいで、不遇の幼少期を送り、王子として認められず、青年になっても人生を諦めたの如く、王宮の外で、遊び人として生きていました。

 

イ・タン=傍系の王族の密豊君(ミルプングン)

王族のイ・タンは、王の長男で王位継承者である世子(セジャ)イ・ユンに世継ぎができないことから、王座を狙います。素行の悪いイ・タンは、自分の意にそぐわないものたちを、ひそかに抹殺しています。

 

ヨジ: 司憲府(サホンブ:役人の違法行為を監督する官庁)の役人

女人でありながら、正義のために、イ・タンの悪事を暴こうとする役人です。イ・タンが殺人を犯している証拠をつかもうとします。

 

「ヘチ 王座への道」あらすじ

ドラマのあらすじは、冒頭、主人公の王の次男イ・グムが王宮に戻るところから始まります。

イ・グムは、王子でありながら、母の身分が低いため冷遇され、王宮の外に住んでいました。

王宮に戻ると、素行の悪い王族のイ・タンが、王座を狙っていることを知ります。

王の三男、イ・フォンを王位に押す一派もいますが、イ・フォンは、まじめすぎる性格のため、政治的に、優位に動くことができませんでした。

イ・フォンは、側近に「王座とは、一人の力では着けぬものです。」と言われます。

王宮の中で、誠実なイ・フォンだけは、イ・グムを兄上と呼び、慕っています。

 

ある日、イ・グムは、イ・タンによる殺人事件を調べていた女性役人のヨジと出会います。イ・グムは、イ・タンにつかまりそうになったヨジを逃がし、徐々に、殺人事件の真相を知ることになります。

 

一方、王様は、遊び人のように生きている次男のイ・グムに心を痛めていました。イ・グムは、王に疎まれていると思っていましたが、実は、王は、イ・グムの能力と資質を認めていて、王子として堂々と振舞ってほしいと願っていました。

「自重し、堂々たる姿を世の中にも見せてくれぬか。」という、王様の言葉がその気持ちを表しています。

 

イ・グムは、勉学にも武術にも優れていて、それを自覚していました。母の身分のせいで、冷遇されたことにより、自らも自分自身を、追い詰めいたのです。

(第二話までのあらすじ)

 

「ヘチ 王座への道」感想

 

韓国ドラマ「ヘチ 王座への道」は、次期王座争いが勃発した朝鮮王朝時代の物語です。

王座を狙う王族の青年と、その悪事を暴こうとする王の次男と役人たちの戦いです。

王座、正義、色々なものが入り混じりながら、物語が進みはじめました。

 

主人公のイ・グムは、自分の境遇のせいで人生を諦め、投げやりな態度をすることもありますが、随所に、高い頭脳と冷静な対応力を示します。

「こんな人が上に立ったらよいな」、という感想をもつ人物です。

身分や外見で、人を判断するのではなく、行いや人物を重視しています。

自分の境遇のせいで、酒や遊びに浸り、問題を起こして、王宮からも遠ざかっていましたが、兄を慕う弟(王の三男)に会い、王宮に戻ります。

 

第二回では、王子として認められないと感じていたイ・グムは、実は、王としての資質があると王から告げられます。

イ・グムは、驚き、自分がひねくれていたことに気づかされます。

王は、自分の死が近いことを悟り、イ・グムに、立派な態度を取り、持てる能力を発揮することを望みます。

「お父さん、本当は、わかっていたんだ!」と感想がわく場面です。

 

不遇な子供時代を送ったせいで、自分自身を軽んじていたイ・グムが、その境遇を乗り越えられるかという局面になりました。

自分自身をあたらめることは難しいですが、高い知能と許容能力を持ったイ・グムであれば、それができるように感じます。

イ・グムが、どのように正義を貫き、どんな困難が押し寄せてくるのが、期待してしまいます。

 

スポンサーリンク

 

まとめ「ヘチ 王座への道」 NHK放送中

韓国ドラマ「ヘチ 王座への道」は、朝鮮王朝時代の王座をめぐる権力争いを描いたドラマです。

主人公の王子イ・グムは、不遇の幼少期を送りましたが、今後の成長と、悪行との戦いが、楽しみです。

第二話までの、あらすじと感想をまとめました。

韓国ドラマ「ヘチ 王座への道」NHK総合で、放映中です。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク