対抗心を燃やしてくる人に困る 一方的に人と張り合う人への対処法

コラム

一方的に対抗心を燃やしてくる人に、困ったことはありませんか?

自分は、対抗意識を持っているわけではないのに、攻撃してくる人たちです。

人と張り合いたいと思う人たちの例と、対処法を紹介します。

 

スポンサーリンク

対抗心を燃やしてくる人に困る

一方的に対抗心を燃やしてくる人に、困ることがあります。

自分は相手を見下したり、対抗意識を持っているわけでもないのに、攻撃してくる人です。

 

対抗心を燃やしてくる人の中には、こんな人たちがいます。

・・・劣等感が強く、能力の高い人を妬む。

・・・目立ちたがりで、注目されないと気が済まない。

・・・実力より、自己評価が高いが、他人からの評価は低い。

・・・精神年齢が低く、思考能力も低い。

・・・器が小さく、許容範囲が狭い。

・・・自分に満足できないため、常に他人と比較する。

 

正当な競争心は、悪いことではありません。

競争心がある人は、努力します。勉強やスポーツを頑張り、仕事で成果をあげようとします。

ライバルがいることにより、切磋琢磨できます。

 

しかし、一方的に、対抗心を燃やしてくる人は、困ります。

そういう人は、自分より上だと思う人の悪口を言ったり、何かと人をあげつらうことをします。

悪意のある場合は、対抗意識を燃やした人を陥れようと、策を練ったりします。

テレビドラマだったら、どちらが悪役かすぐにわかりますが、現実世界では、まじめで正直な努力家が、陥れられてしまうこともあります。

 

一方的に人と張り合う人への対処法

 

一方的に対抗心を燃やし、人と張り合おうとする人には、どう対応したらよいのでしょう。

 

まずは、ターゲットにならないように、相手を上手くかわすことです。

・・・適当に、相手を褒めたり持ち上げたりする。

・・・自分は、おっちょこちょいだとか、多少自分を下げた発言をする。

・・・適度な距離を保ち、かかわらないようにする。

 

上手くかわすことができなかったり、一方的に張り合う人が、引き下がらないこともあります。

例えば、自分が成果をあげたり、努力の結果が評価されたときに、相手が、勝手に対抗心を燃やしてくるときなどです。

自分が勉強やスポーツ、仕事を頑張った成果として評価を得ても、人と張り合おうとする人は、妬んだり、足元をすくおうとしてきます。

 

元々、人の対抗心を刺激するために成果をあげたわけではないので、どうしようもないのですが、うっとうしいことには変わりありません。

そんなときは、上手く避けて、相手にしないようにします。

こちらが過剰反応すると、相手に思う壺になり、まるで、対抗意識を燃やしているのは、こちらだと言わんばかりの態度をすることもあるからです。

 

または、同じレベル、同じ土俵で比較されないくらいの実力を、自分が身につけることです。

人と張り合いたい人は、隣の人と張り合いたいのであって、勝ち目のない相手に競争心は燃やしません。

例えば、習い事などで、隣の人と張り合おうとする人は、オリンピック選手には、対抗意識は燃やさないものです。

もし、努力が苦にならないのであれば、対抗心を燃やしてくる人が到達できないレベルに、自分を引き上て、相手を制します。

 

スポンサーリンク

 

対抗心を燃やす人への対処法 まとめ

一方的に、対抗心を燃やしてくる人に、困ることがあります。

勝手に人をライバル視したり、マウントしたり、人の足元をすくおうとしてくる人たちです。

対抗心を燃やす人は、劣等感が強く、実力がないことが多いです。

 

一方的に、人と張り合おうとする人への対処法は、上手くかわし、相手にしないことです。

または、相手が到達できないような実力を、自分が身につけて、相手を制しましょう。

同じ土俵にいる限り、無駄な対抗心を燃やす人たちに、巻き込まれてしまいます。

承認欲求の強い人に疲れる 承認欲求の強い人との付き合い方
承認欲求の強い人がいると疲れます。目立ちたがりで、見栄っ張りの、かまってちゃん。人に認められたくて、自己アピールをしてくる、承認欲求の強い人とは、適度な距離感を保つようにします。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク