映画 ギャングスターズ 明日へのタッチダウン あらすじと感想 実話

映画/ドラマ

映画「ギャングスターズ 明日へのタッチダウン」を観ました。

実話をベースに、少年院に入った少年たちが、アメリカンフットボールを通じて、人生に新しい道を見つけるという物語です。

あらすじと感想を紹介します。

スポンサーリンク

映画 ギャングスターズ 明日へのタッチダウン あらすじ

2006年の映画「ギャングスターズ 明日へのタッチダウン Gridiron Gang」は、冒頭、少年ギャングの抗争に始まります。

ギャング団同士が、「やられたやりかえせ」という攻撃をしていて、ギャングの家族やギャングでない友人まで、巻き込まれます。

ギャングのボスに頼まれたら断れないという、少年たちの弱みもあります。

少年院から出所した途端、殺されてしまう人もいます。

 

そんな中、従弟を殺されたウィリーは、暴力をふるう母親の恋人を撃ってしまいます。

少年院に入ったウィリーは、院内の、敵対ギャングと角突き合わせます。

他の少年たちも争いが絶えず、出所後は、すぐに事件を起こして少年院に舞い戻るか、命を落とします。

 

少年院で、少年たちを更生させるために働くショーン(ドウェイン・ジョンソン)は、出所後に命を落とす少年たちに心を痛めています。

ショーンは、少年たちを更生させるために、アメリカンフットボールチームを作ります。

彼は、あまりやる気のない少年たちを厳しく指導し、地域の高校チームとの試合を組みました。

最初は、ぼろ負けのギャングチームでしたが、次第に勝てるようになり、応援も増えていきます。

 

実話ベースの映画「ギャングスターズ」の感想

 

映画の原題は「Gridiron Gang」です。

Gridironは、肉や魚を焼く「焼き網」のことですが、「アメリカンフットボールの競技場」という意味があります。

「アメリカンフットボール競技場のギャング」という原題ですが、「ギャングスタース 明日へのタッチダウン」という、日本語タイトルがついています。

 

ギャング団に引き込まれた少年たちは、経済的にも家族にも恵まれていません。

彼らは、人生を諦め、「別のギャング団の人間を目の敵にする」ことしか能がなくなります。

勉強したり、スポーツに打ち込んだり、もし、サポートしてくれる大人がいれば、立ち直ることもできるはずですが、それがないのです。

 

そのため、何かをやろうとしてもすぐに諦め、放り出してしまいます。

自分を奮い立たせたことがないので、逆境をはねのける方法を思いつきません。

十数年の人生で、自分で考え行動し、またがんばろうと思ったことがないのです。

 

アメフトチームに入っても、練習をさぼり、すぐに辞めようとし、喧嘩ばかりしています。

そして、試合に負ければ、すぐに、辞めると言って、何もかも投げ出そうとします。

コーチに叱られても、くさるだけで、自ら考えません。

 

しかし、練習を積み、チームで、試合に勝てるようになると、徐々に気持ちが前向きになります。

自分のポジションを守り、勝つために、チームメートを助けようとします。

 

この映画は、真にせまったアメフトの練習と試合で、感動させられます。

少年院の所長たちや、家族や友人たちの中にも努力を認めてくれる人が出てきて、ほっとします。

物語全体としては、推測がつくような内容ですが、変わっていく少年たちの姿は、感動です。

熱血指導をしていたショーン自身も、包容力が増し、少年たちを送り出す心の準備をします。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

映画「ギャングスターズ」は、事件を起こして少年院に入った少年たちが、アメリカンフットボールを通して、更生していく物語です。

実話をベースに、少年たちが入所中に、人生を変えるきっかけをつかむ過程を描いています。

すべての少年の将来が約束されるわけではないですが、チャンスをつかみ取れば、人生をやり直せます。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク