タヒチアンダンス ショートパレオの作り方 レーヨンパレオ手作り

生活/日記

タヒチアンダンス用のショートパレオは、簡単に手作りできます。

レーヨンなど、好みの生地を利用して、柄に合わせて丈を調節します。

本ブログでは、自分だけのオリジナル、ショートパレオの作り方を紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

タヒチアンダンスとは

タヒチアンダンス

タヒチアンダンス

 

タヒチアンダンスとは、南太平洋のタヒチの踊りです。

文字を持たないタヒチ人の文化でもあります。

元々は、古代ポリネシア人が、南太平洋の島々にたどりつき、その文化が伝えられました。

タヒチでは、ポリネシア人の文化や音楽を受け継ぎ、ダンスとして発展していきました。

タヒチのポリネシア人たちは、長い年月を経て、ハワイに流れ着き、タヒチのダンスは、ハワイのフラダンスとなり、進化したと言われています。

 

タヒチアンダンス ショートパレオの作り方

タヒチアンダンスを踊るときは、モレという腰みのかパレオを巻きます。

レッスン用には、ショートパレオが、軽くて動きやすく、便利です。

生地は、反物を通常の半分ほどの長さに、カットして作ります。

作り方を紹介するので、柄合わせも考えながら、作りましょう。

 

ショートパレオのサイズ

ショートパレオ 参考サイズ

ショートパレオ 参考サイズ

 

タヒチアンダンス用ショートパレオのサイズは、市販のパレオを参考にすると、

横170cm * 縦55cm くらいです。

市販のパレオは、ハーフパレオとも呼ばれているので、反物を半分にした丈になります。

普通の布地は、110cm幅が多いので、半分にして、端をロックミシンをかけます。

横幅は、個人のヒップサイズによって左右されますが、170~200cmくらいです。

 

タヒチ人のダンサーたちは、腰が隠れるくらいの、ミニ丈で小ぶりなものを使用しています。

一般の人たちが、タヒチアンダンスのレッスンで使用するなら、180cmx60cm前後が適当です。

布地に柄がある場合は、柄に合わせて、3分の2くらいにカットして、残りの生地で、カバースカートと作るとよいです。

カバースカートの作り方

 

タヒチアン レーヨンパレオを手作り

パレオ生地

パレオ生地

 

タヒチアンダンス用、手作りショートパレオには、レーヨン生地を使用しました。

レーヨンは、柔らかく腰に巻くときに、フィットします。

縮みやすく、シワになりやすいのが、レーヨンの特徴です。

 

ショートパレオを作るときは、生地の柄に合わせて、レーヨン布地をカットします。

私は、2㎡の生地を買ったので、柄に合わせて、丈は、65cmのところで、カットしました。

端は、5cmくらい、まっすぐにそろえる程度に、カットします。

レーヨンの生地は、縮むため、多少、大き目でも大丈夫です。

事実、洗濯後に、5~10cmほど縮みました。

レーヨン生地

 

ショートパレオの縫い方

レーヨン生地の、ショートパレオの縫い方は簡単、ミミを残して、両端と裾を縫います。

ミミの部分を結んだ方がよいと思うので、柄を見て、どちらを上にするのか決めます。

ロックミシンがあれば、ほつれ止めが、きれいにできますが、無い場合は、普通のミシンや手縫いでもOKです。

レーヨン生地は柔らかいので、つれないように、縫うのがコツです。

手縫いで縫ってから、洗濯しましたが、つれるようなことは、ありませんでした。

 

残った布、45cmは、フィットネス用のスカートにしました。

模様によっては、柄合わせが難しいですが、布地を無駄にしないために、残った布も有効利用しましょう。

オーバースカートの作り方

 

ショートパレオの作り方 まとめ

タヒチアンダンス用のショートパレオは、簡単に手作りできます。

レーヨンなど、好みの生地を使用して、柄に合わせて丈を調節します。

オリジナルパレオで、楽しくダンスのレッスンをしましょう。

ヒップスカーフの作り方

コメント