ソーイングビー5 メンバーと順位 NHK Eテレで放送中

映画/ドラマ

NHK・Eテレで「ソーイングビー5」の放送が始まりました。

ソーイング・ビーは、イギリスのアマチュア裁縫コンテスト番組です。

裁縫歴や年齢・性別、バックグラウンドの異なるメンバーが、3つの課題に挑戦します。

コメディアンの司会者ジョーが番組を進行し、エズメとパトリックが、プロフェッショナルな視点から審査します。

本ブログでは、ソーイングビー5のメンバーと順位を紹介します。

 

過去のシリーズ

ソーイング・ビー2 が面白い 見どころと審査のポイント 優勝は?
ソーイング・ビー2は、イギリスの裁縫コンテスト番組です。アマチュア裁縫家が、課題に合わせた作品で競い合います。10人の出場者は一人ずつ脱落、優勝者が決定します。見どころを紹介します。
ソーイングビー3 メンバー紹介と裁縫課題の感想 NHK
ソーイングビー3は、イギリスの裁縫コンテスト番組です。メンバーは、裁縫歴の違う個性あふれる人達。新司会者登場後も、パトリックとエズメの辛口審査は健在! 型紙やリメイクの課題も楽しみです。
ソーイングビー4 メンバーの順位 評価のポイント
イギリスの裁縫コンテスト番組「ソーイングビー4」のメンバーは、異なる裁縫歴を持つ、ユニークな人々です。難解な課題とプロの審査に一喜一憂しながら、作品を作ります。順位と評価を紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソーイングビー5

ソーイングビー5は、コロナ渦で、ソーイングルームをテムズ川沿いに移転しました。感染対策をしながら、ソーイングの実力を発揮できるように工夫されています。

メンバーは、ソーイングルーム近くのコロナ対策用バブル内に滞在し、服作りに挑戦します。

番組では、出場する12人のメンバーの職業や経歴、コンテストに出るきっかけなどを紹介します。

3つの課題終了後に、ひとりの出場者が、脱落します。

決勝を目指す、メンバーたちの意気込みや、あわてぶりを見るのも楽しいです。

司会者

ジョー・ライセット: イギリスの人気コメディアン、ジョーは、冗談を言いながら、出場メンバーをサポートします。

審査員

パトリック・グラント: エンジニア出身のデザイナー、パトリックは、温厚そうな物腰で、服がきっちりと、正確に仕上がっているかをチェックします。

エズメ・ヤング: 独創性と大胆さを大切にするベテランファッションデザイナー、エズメは、服飾の講師で、辛口審査にも定評があります。

 

メンバーと順位

 

定番の服

・・型紙の課題は、シェルトップブラウスです。襟と袖のないブラウスの生地は自由なので、各自のセンスが問われます。胸の周りにダーツを入れて立体的に仕上げ、首の後ろは、ボタンで留めます。

・・リメイクの課題は、Tシャツ。自由度が高いため、ワクワクするアイデアが試されます。元の柄を上手く使えるかがコツ。公平性のため、審査員には、誰の作品かを明かしません。

・・モデルの課題は、ビュッフェドレスです。丈が長く、ゆったりとしたドレスは、スカートにギャザーをたっぷり入れます。ふんわりゆれるドレスをモデルに合わせることも重要です。この課題は、事前の練習が許されています。

 

型紙とリメイクの順位

1-10 セリーナは、エジンバラの医学生で最年少。型紙の課題は、控えめで上品な水玉の生地で、ボタンも見返しもダーツも完璧。リメイクのショートパンツは、柄の組み合わせがよくない。フィットした身ごろと膨らんだ袖が特徴のビュッフェドレスは、生地がよく、ギャザーも正確にできている。

2-4 レベッカは、教師の資格を持ち、スーパーで働いている。袖ぐりやステッチもよくできたブラウスは文句のつけようがない。リメイクの子供用ワンピースもきれい。モデルにフィットしたドレスは、かろやかで、生地もよい。

3-9 ジーンは、アートサイコセラピスト。型紙の課題は、きれいな柄を選び、見返しもきちんとできている。リメイクのワンピースは、ネコの柄の位置が変。ギャザーたっぷりのドレスは、モデルに合う生地で、袖口をもっと広げた方がよいが、すばらしい。

4-7 ラフはフランス人のトランペットの奏者だが、本業は、テキスタイルデザイナー。映画などの衣装を加工している。ソーイングは、初心者。ブラウスは、模様が切れているミスがあった。リメイクのマイアミバイス風のトップスは、よくまとまっている。モデルの課題は、琥珀色のビーズがすてきなレースのドレス。切り替えラインの柄合わせも高評価。ドレスが優秀作品に選ばれる。

5-1 アンドリューは、うさぎと聖職者と暮らしている数学教師。ブラウスは、背中のアキの片側が長かった。元のTシャツの文字をアレンジして新しい組み合わせにしたリメイクのワンピースで、1位。後ろのハートも凝っている。モデルの課題のドレスは、身ごろのタックがイマイチ。

6-2 アダムは、クルーズ船のショーの演出をしている。ブラウスの柄の配置はよい。リメイクのワンピースは、色もよく、生地の使い方も上手く、高評価。エレガントなドレスは、縫い目もきれいだが、肩は隠した方がよい。

7-6 ロラトゥは、服のサイズがないため、自分の体形に合わせて服を作っている。ブラウスは、よれじわが表にでてしまっている。80年代風のリメイクのトップスは、よく考えられている。やわらかい動きの出るロングドレスは、ポケットもある。

8-3 ファリーは、夫と娘たちと暮らすジンバブエにルーツを持つ女性。ファッションに興味があるが、経理として働いている。型紙の課題は、パーツが小さく、ボタンでミス。リメイクのオーバーオールは、肩紐が編んであり、よくできている。ドレスは、スカートの下の部分と首の後ろが未完成。

9-5 キャスリンは、学校の食堂で働いていた。引退後は、やりたいことリストを作っている。ブラウスの柄合わせができていない。リメイクでは、飾り付きのスカートを作成。サボテン柄のドレスは、生地も素敵だが、ベルトにステッチを入れる時間がなかった。

10-8 アディーナは、バーミングガムの学校の相談員。ブラウスは、後ろのアキをほどいてやり直して、痛恨のミス。リメイクのハーレムパンツは、色の配置がおかしい。ドレスは、ループの装飾が沢山あり、南アジアっぽい。

11-11 ジュリーは、バーレスクダンスの教室に通っている。ボタンホールでミスし、裾も完成しなかった。リメイクのトップスは、よくわからない仕上がり。ドレスは、裏地で手間取り、スカート部分をつける時間がなく、完成していない。今回で脱落。

12-12 ダミアンは、ビールとバイクと音楽が大好き。ブラウスのミツバチ柄はよいが、指示書がよくわからず、見返しでミス。Tシャツのリメイクは、色が変で、穴も空いている。モデルにぴったりの華やかなドレスは高評価で、挽回。

 

スポンサーリンク

 

夏の服

・・型紙の課題は、ペーパーバッグパンツ。ウエストギャザーの、紙袋を絞ったようなショートパンツで、ベルトを付けます。ポケットと裾の折り返しがポイントです。

・・リメイクは、男性用のボードショーツと水着を4枚まで使って、女性用のイブニングウェアを作ります。元のポケットや紐を生かして、派手な柄から独創的な服を作ります。

・・モデルの課題は、ボタンあきのワンピース。ボタンホールをまっすぐに並べ、ダーツでウエストをフィットさせる夏向きのワンピースです。

 

型紙とリメイクの順位

1-7 ラフ:個性的な柄のペーパーバッグショートパンツは、形がきれいで、ウエストとベルトもよく、すばらしい。リメイクの上半分はよく、下の方がロケットみたいで、評価がわかれる。柄がきれいなワンピースは、ボタンがまっすぐでなく、バストトップがずれている。

2-2 セリーナ:パンツは、ギャザーもよく、柄もぴったりでよく縫えているが、裾の折り返しが間違っている。リメイクのワンピースは、脱ぎ着がしやすく、よく考えられている。花柄に木のボタンのワンピースは、袖もよくできているが、モデルにフィットしていない。

3-10 アンドリュー:きれいなギャザーのショートパンツは、裾もベルトもよいが、ウエストのステッチが曲がっている。リメイクのワンピースは、上下ちぐはぐで、ちょっとやりすぎ。ワンピースの全体はよいが、ベルトの位置が悪い。

4-4 キャスリン:パンツの全体はよいが、ベルトの端がとがっていない。リメイクのトップスは、色の組み合わせがよくできている。モデルの課題は、前がフィットしていなく、未完成。

5-8 ファリー:ショートパンツの折り返しは、OKだが、ベルトがきれいでない。ビーチっぽいリメイクの色はいが、裾がずり上がってきそう。モデルの課題は、フィット感はよいが、ボタンが5個なく、未完成。

6-6 ダミアン:型紙の課題の指示をちゃんと読まず、裾の折り返しでミス。リメイクは、色の組み合わせはよいが、裾のフリンジはイマイチ。ワンピースは、ボタンを手作りして、柄合わせもよい。

7-5 レベッカ:パンツのポケットをウエスト部分に縫い付けていないが、裾の折り返しをやり直し、成功。チューブトップとボトムの組み合わせのリメイクはよいが、トップにダーツが必要。ワンピースは、袖、紐、ボタンもよいが、肩がだぶついている。

8-1 アダム:別布のベルトが目を引くパンツは、ウエストが上手く縫えていない。色の組み合わせのよいリメイクのワンピースは、パーツの配置がよく、バランスが取れていて、1位に。ワンピースは色の組み合わせがよく、大きなボタンが目を引く。

9-3 アディーナ:ショートパンツのポケットの片方を後ろ向きにつけてしまい、裾も正しく縫えていない。派手な幾何学模様をよくアレンジしたリメイクは、高評価。優雅ですばらしいワンピースは大胆で、シック、モデルにフィットしている。優秀作品に選ばれる。

10-11 ロラトゥ:ショートパンツの折り返しが雑で、ポケット上部をウエストに固定していない。リメイクのワンピースは、雑で、何を作りたいのかよくわからない。セクシーなワンピースは、ボタンが15個もついていて、挽回。

11-9 ジーン:ポケット位置が合っていなく、パンツの裾も指定の長さではない。リメイクは、腕の上が下げがむずかしく、よくできていない。ワンピースは、華やかでフィットしているが、裾が処理できていなく、ボタンも未完成。今回で脱落。

 

スポンサーリンク

 

メンズウェア

・・型紙の課題は、ベイカーボーイハットです。労働者が愛用した帽子で、8枚のパーツを張り合わせて本体を作り、前に「つば」を付けます。小さな帽子は縫いにくく、裏地も付けるので、正確な仕上がりが求められます。

・・リメイクは、男性用のウールなどのジャケットを、女性用のおしゃれな服に生まれ変わらせます。元のジャケットの特徴を生かしながらも、女性らしい独創的な服にします。

・・メンズモデルの課題は、ユーテリティージャケットです。実用的な作業着風ジャケットは、丈夫で、便利なポケットが沢山です。適度なゆとりと全体のバランスが大切です。

 

型紙とリメイクの順位

1-3 ラフ:模様のある生地を上手く使った帽子は、柄がよく合っていて、つばも裏地も素敵。ポケット付きのセクシーなワンピースのリメイクは、生地の配置がよい。ユーテリティージャケットは、デサインはよいが、サイズが小さすぎる。

2-1 セリーナ:色を半々に使った帽子は、よく縫えている。全く違う服に変身させたトップスは、ポケットもあり、独創的で1位に。モデルの課題のジャケットは、柄合わせがよく出来ている。

3-2 アダム:色の組み合わせのよい帽子は、全体的に美しい。リメイクのカクテルドレスは、ダーツを沢山入れて、きれいなシルエットになっている。ジャケットは、裏地もおしゃれでよい。

4-9 キャスリン:ベイカーボーイハットは、色がすばらしく、よい出来。ジャケットの形が残るリメイクのワンピースは、行き当たりばったり。ユーテリティージャケットは、生地がデザインに合っていて、きちんと縫えている。

5-10 ファリー:よい生地を選んだ帽子は、つばもよく出来ている。カクテルドレス風ワンピースは、リメイクが不十分。ジャケットは、素晴らしい出来で、見返しとポケットの裏地も素敵。美しく縫い上げられていて優秀作品に選ばれる。

6-6 レベッカ:色も裏地もよい帽子は、少し歪んでいるが、よくできている。ジャケットの布を前でクロスさせたリメイクのワンピースは、裏地がないとちょっときわどい。ユーテリティージャケットは、上手く縫えている。

7-8 アンドリュー:パーツの縫い方が雑な帽子は、頭上のボタンが取れた。ジャケットの袖から作ったリメイクのスカートは、後ろが編み上げで、よく考えられている。モデルのジャケットは、サイズが小さめだったが、前立てを付けて広げ、内ポケットもつけて、挽回。

8-4 ロラトゥ:帽子のパーツに隙間ができていて、左右対称でない。ジャケットを後ろ前にしたリメイクのトップスは、よく出来ている。ジャケットは、襟やスナップボタンなどでミスがあり、未完成。今回で脱落。

9-7 アディーナ:帽子のところどころに穴があり、縫い目が見えている。リメイクのワンピースは、色の配置が上手くなく、イマイチ。ジャケットは、前のファスナーでミスがあったが、上手くデザインを変更して、挽回。

10-5 ダミアン:ベイカーボーイハットのパーツとつばが合っていなく、きちんと縫えていない。リメイクは、元の色を上手に配置したスカート。ウエスタン風のコーデュロイのジャケットは、かっこいい。

 

スポンサーリンク

 

インターナショナルの服

・・型紙の課題は、ブルトントップです。

・・リメイクは、ビーチで着こなせる服です。

 

型紙の順位

 

ヒップスカーフの作り方 簡単にレッスン着を作る
ヒップスカーフを作ってみました。スポーツクラブなどで利用できるレッスン着です。簡単にできるので、作り方を紹介します。手作りのダンス用オーバースカートです。
オーバースカートの作り方 簡単にフィットネススカートを作る
フィットネスのときに、レギンスの上に履く「オーバースカート」を作りました。 このブログでは、簡単にできる、台形のオーバースカートの作り方を紹介します。 オーバースカートの作り方 簡単フィットネススカート作り スポーツクラ...
タヒチアンダンス ショートパレオの作り方 レーヨンパレオ手作り
タヒチアンダンスのショートパレオは、簡単に手作りできます。レーヨンなどの生地を利用して、柄に合わせて丈を調節して、作ります。自分だけのオリジナルショートパレオの作り方を紹介します。

 

課題の解説

ソーイングビー5の12人のメンバーは、3つの課題に取り組みます。

「型紙の課題」と「リメイクの課題」では、各自の順位が発表され、「モデルに合わせる課題」で、優秀作品が発表されます。

3つの課題終了後、ひとりずつソーイングルームを去り、決勝戦に残るのは、3人です。

 

型紙の課題

型紙の課題では、メンバーたちに型紙が、手渡されます。

エズメやパトリックが引いた型紙は、難解と言われています。

まずは、生地を生かして、正確に作品を作ることが大切です。

裁断や柄合わせもチェックされるので、ミスなく仕上げます。

型紙の指示と、制限時間内に仕上げることが、重要です。

 

リメイクの課題

リメイクの課題は、あらかじめ用意された服や生地を、斬新で新しいデザインにします。

服の柄やパーツを生かしながら、大胆にリメイクすることが要求されます。

皆がデザイン力を発揮し、実用性の高い服になっていることが、チェックされます。

メンバーは、独創的で、与えられたテーマに合った服に仕上げます。

制限時間は、1時間半のため、スピーディに仕上げます。

 

モデルの課題

最後の課題は、実際のモデルにフィットした服を制作します。

型紙とリメイクの課題では、マネキンを利用しますが、この課題では、生身のモデルが相手です。

体形の異なるモデルに合わせて、各自がテーマに合った型紙を選び、修正していきます。

モデルに似合う生地を選び、型紙のデザイン性、フィット感が、評価のポイントです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

裁縫バトル「ソーイングビー5」のメンバーは、異なる裁縫歴を持つ、様々な人たちです。

パトリックとエズメの審査は、辛口ながら、メンバーの成長を願う、あたたかいものです。

メンバーは、きびしい審査に顔をしかめながらも、難解な課題に挑戦します。

皆を笑わせ、出場者をサポートするジョーも、元気いっぱい。

NHK、Eテレで、木曜日の夜、放送中です。

 

前回までのシリーズ

ソーイング・ビー2 が面白い 見どころと審査のポイント 優勝は?
ソーイング・ビー2は、イギリスの裁縫コンテスト番組です。アマチュア裁縫家が、課題に合わせた作品で競い合います。10人の出場者は一人ずつ脱落、優勝者が決定します。見どころを紹介します。
ソーイングビー3 メンバー紹介と裁縫課題の感想 NHK
ソーイングビー3は、イギリスの裁縫コンテスト番組です。メンバーは、裁縫歴の違う個性あふれる人達。新司会者登場後も、パトリックとエズメの辛口審査は健在! 型紙やリメイクの課題も楽しみです。
ソーイングビー4 メンバーの順位 評価のポイント
イギリスの裁縫コンテスト番組「ソーイングビー4」のメンバーは、異なる裁縫歴を持つ、ユニークな人々です。難解な課題とプロの審査に一喜一憂しながら、作品を作ります。順位と評価を紹介します。

コメント