楽天ひかりに事業者変更 ルーターの設定方法と開通まで

生活/日記

戸建てのインターネット回線を、楽天ひかりに事業者変更しました。

数年前に、NTTの光回線を入れて、AsahiNetで、ルーターの設定をしていました。

今回は、新プロバイダーのID・パスワードを設定変更し、無事開通しました。

開通までの手順を紹介します。

ルーターは「PR-200NE」です。

 

これまでの経緯:楽天ひかりに事業者変更

楽天ひかりに事業者変更 承諾番号取得後 楽天ひかり申し込み
光回線で自宅のインターネットを利用している場合、事業者変更で、プロバイダを乗り換えることができます。楽天モバイル契約後、楽天ひかりに、事業者変更申し込みをしました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

事業者変更当日

プロバイダーをAsahiNetから、楽天ひかりに変更しました。

事業者変更の場合、すでに光回線が引かれていれば、出張工事はありません。

NTT内での切り替えは、昼間行われるとのことで、夕方設定することにしました。

「楽天ひかりのアカウントのお知らせ」と「ルーターのマニュアル」を用意します。

 

設定は、パソコンの電源を切った状態で、ルーターの電源を落とすことから始めます。

ルーターは、今使用しているものがそのまま使えるとのことで、2015年に購入した「PR-200NE」を利用します。

 

ルーターの電源を入れて、2~3分待つとランプがつきます。

次に、パソコンの電源を入れます。

この時点では、インターネットは、元のプロバイダーのままです。

 

PR-200NEのソフトは、過去にインストールされているので、

「ネットワーク」のフォルダー「PR-200NE」をクリックします。

ログイン画面がでてくるので、ユーザーIDと初期設定パスワードを入れます。

 

ルーターのログイン画面

ルーターのログイン画面

 

初期設定パスワードは、最初にPR-200NEのソフトをインストールしたときに、自分が設定したパスワードです。

パスワードは、ルーター「PR-200NE」のマニュアルにメモしてありましたが、これがないと、ログインできません。

プロバイダーのユーザーIDとパスワードと勘違いしますが、ルーターの設定にログインするためのものです。

 

ルーターにログインできると、NTTの設定画面が開きます。

ここで、Asahi.NetのユーザーID・パスワードを

楽天ひかり、アカウントのお知らせのユーザーID・パスワードに置き換えます。

 

画面左の「保存」ボタンを押すと、プロバイダーの変更が完了します。

わかっていれば簡単な手続きですが、仕組みを思い出すまでに、少し時間がかかりました。

 

事業者変更の手続きが完了すると、すぐに、プロバイダーのIPが入れ替わります。

変更できたかの確認方法は、色々ありますが、楽天銀行のIP設定で、確認しました。

 

楽天銀行のIP設定

光回線プロバイダー

光回線プロバイダー

 

楽天銀行へのログインは、セキュリティ強化のため、「IP設定」しています。

自宅など固定のPCからログインする場合、IPの設定をしておくと、指定したパソコン(プロバイダー)以外からのログインはできません。

プロバイダーの変更を行う場合は、変更の前に、楽天銀行のIP設定を一時解除しておく必要があります。解除せずに事業者変更をすると、楽天銀行にログインできなくなります。

 

前日に楽天銀行のIP設定を解除し、プロバイダー変更後に、楽天銀行にログインすると、IP設定画面のIP表示が、変更されていました。

 

ルーターのユーザーIDとパスワードを変更するだけで、プロバイダー変更ができ、楽天銀行上でも、すぐにIP認識できます。

新事業者のIPで、楽天銀行のIP設定を行い、セキュリティ設定を「最高」に上げました。

これで、ネット銀行への不正アクセスが防げます。

 

スポンサーリンク

 

プロバイダー変更の結果

プロバイダーを変更した結果、感じたことは、

まずは、速い!、です。

インターネット画面の表示が速くなりました。

画面が固まり「応答なし」になることが多かったのですが、それが解消されました。

同じ光回線を使っていて、IPv4のままですが、プロバイダー変更で結果が違います。

これなら、もっと早く変更すべきでした。

 

次に、楽天モバイル契約後に、楽天ひかりに申し込んだので、1年間、料金が無料になります。

月5000円ほどが、1年間無料になるのは、ありがたいです。

ただし、3年間の契約のしばりがあるので、3年以内に解約したら、違約金約1万円が発生します。

1年無料プランは、長期利用を前提としたプランです。

契約満了の3年が近づいたら、継続か乗り換えかの検討が必要です。

 

楽天モバイルの申込とスマホの購入はこちら

楽天モバイル申込 & simフリースマホ購入 スマホ初心者の使い方
楽天モバイルの申込と simフリースマホの購入で、初心者がスマホを開通しました。申込、初期設定、開通、楽天Linkのインストール、楽天モバイルポータルサイトの使い方などを紹介します。

 

「IPv4」から「IPv6」

前のプロバイダーは、IPv4でつないでいました。

楽天ひかり申込時に、IPv6には変更不可とのことで、申込はしていませんでしたが、なぜか、開通2日後に「お申し込みのIPv6の対応が完了しました。」というメールが来ました。

申し込んでいないのだけど・・・

IPv6にするには、クロスパスルーターが必要ですし、料金もかかるようです。

申込時には、IPv4しか使えないエリアということだったのです。

これについては、後日、確認が必要です。

 

楽天銀行に取り込まれて楽天市場でポイントゲット お得度は?
意図せず「楽天」に取り込まれたのは10年前。楽天銀行や楽天市場を利用すると、お得にポイントがたまります。無駄使いせずに、ネット通販や便利な仕組みを利用して、生活に役立たせましょう。
やってみた 楽天証券ポイント投資 初心者が証券口座開設
楽天証券の口座開設とポイント投資の手続きをしました。口座開設と投資商品の決定までに、約2ヶ月です。中高年初心者が、新しいことに挑戦するには、時間がかかります。簡単に経緯を紹介します。
スポンサーリンク
生活/日記
スポンサーリンク
keicyaをフォローする
keicyablog

コメント