楽天モバイル申込 & simフリースマホ購入 スマホ初心者の使い方

生活/日記

楽天モバイルの申込と simフリースマホの購入をしました。

初のスマホ設定に手間取りましたが、無事開通。

申込、初期設定、楽天Linkのインストールと開通、楽天モバイルポータルサイトなど、使い方を紹介します。

 

スポンサーリンク

楽天モバイルの申込

楽天モバイルの新規申し込みと、スマートフォン購入をしました。

パソコンがあるので、スマホはあまり使わないと抵抗していましたが、さすがに限界です。

QRコード等が使えないのは、やはり、不便と感じました。

 

パソコンを利用するため、スマホで大量のデータのやり取りなどはしません。

そこで、1Gまで無料の、楽天モバイルの新プランの申込をしました。

あまり使わない人のための料金設定というのは、ありがたいです。

しかも、1年無料キャンペーン中に申し込みをしたので、1年は、安心して使えます。

 

WEB申込は簡単

すでに楽天の会員のため、WEB申込は簡単です。

「新規申込」で、電話番号も新しく取ることにしました。

まずは、基本情報を入力します。

必要なものは、「本人確認書類」です。

マイナンバーカードの写真を撮って、WEBページに添付します。(他の本人確認書類でもOK)

 

電話番号を取得

次に、電話番号を決めます。

無料の電話番号のはじまりは「070」です。

表示された「3つの電話番号」の中から選びます。

番号が気に入らないときは、一度申し込みをやめて、時間を置いてから、再度申し込むと、違う3種類の番号が出てくるので、そこから選びます。

 

電話番号を選べる「有料オプション」は、¥1100です。

有料オプションを使えば、希望の番号をゲットできる可能性が高いですが、局番までは指定できないので、無料の番号でよいと思います。

私は、無料の方で、何度かトライして、気に入った番号を選びました。

 

楽天モバイル申し込み後に来るメールには、ポータルサイトの案内があります。

申し込みの次に日に、simカード発送のメールが来ました。

2日くらいでsimカードが配達されて、早くて、びっくりです。

楽天モバイルのポータルサイトは、初期設定後、内容が更新されます。

 

楽天銀行に取り込まれて楽天市場でポイントゲット お得度は?
意図せず「楽天」に取り込まれたのは10年前。楽天銀行や楽天市場を利用すると、お得にポイントがたまります。無駄使いせずに、ネット通販や便利な仕組みを利用して、生活に役立たせましょう。

 

simフリースマホの購入

 

スマートフォンは、初めての購入です。simフリースマホを、amazonで購入しました。

家電量販店の方が、故障の際、便利かと思いましたが、メーカー修理の拠点を確認した上で、amazonで購入しました。

amazonギフトカードがあったので、安く購入できました。

 

分割払いは、好きではないので、クレジットカードの一括払いです。

アマゾンプライムの体験会員に自動登録されてしまったので、スマホは、最短の翌日に配達されました。

 

Amazon 初めての買い物 問い合わせはチャット 電話対応の感想
Amazon で初めての買い物をしました。購入後の問い合わせは、チャットです。問題が解決しない場合は、カスタマーセンターが電話対応してくれます。体験談と感想を紹介します。

 

スマホの初期設定

初期設定

スマートフォンと、simカードがそろったので、初期設定です。

simカードを差し込んで、楽天モバイルの初期設定マニュアルを見ながら始めました。

最初は、スマホの電源ボタンを探す状態だったので、てこずりました。

 

Wi-Fi 設定

Wi-Fi 設定のところは飛ばしました。

自宅にWi-Fi 環境がある場合は、まず、アクセスポイントの設定等をしますが、無い場合は、モバイルネットワークの通信だけで、OKです。

大量のデータのやり取りなどが必要ない場合は、モバイルネットワークだけでも大丈夫です。

無料のWi-Fiなどは、セキュリティが甘い場合があるので、よくわからずに使用しないほうがよいです。

 

Google ログイン

次は、Googleのログインです。

Googleのアカウントを持っていない場合は、新規作成が必要です。

Googleのメールや各種機能は、大変便利です。スマホと連動するので、アカウントは作っておきましょう。

 

アカウントがある人は、Googleのメールでログインをして、上手くつながったことを確認します。

メール、マップ、フォトのストレージなどの各種機能が、Googleのメニュー画面に出てきます。

慣れていないと、ここまでで、結構、時間がかかります。

 

パソコンがある場合は、Googleで、連絡先を登録しておくと、スマホにも反映されます。

普段、キーボードを使っていると、スマホの文字入力は面倒なので、パソコンがある場合は、連絡先や予定などをパソコンで入力するのがおすすめです。

カレンダーに、予定や住所を登録しておくと、地図も表示できるので、この機能を使わない手はありません。

 

OSとセキュリティアップデート

基本の設定が出来たら、OSやセキュリティのアップデートをしておきます。

OSやソフトは、最新版にすることで、脆弱性を回避することができます。

スマホでインターネットを使用する以上、最低限のアップデートは行っておきます。

設定画面の「セキュリティ」と「OS」のところで、最新状態になっているかどうか確認します。

 

よくわからないアプリはむやみにインストールせず、スマホに慣れてから、必要なものだけをインストールしましょう。

インストールしたアプリは、随時、最新版に更新し、ウイルス等の感染しないように気をつけます。

 

スポンサーリンク

 

楽天モバイル ポータルサイト

楽天モバイル開通後、2~3日で、楽天モバイルのポータルサイトが更新されます。

「Rakuten Web Portal」は、大変便利です。

データの使用状況と料金が、一目で確認できます。

開通後にポータルサイトは更新され、「1年無料」の表示も確認できました。

 

スマホ購入直後は、OSのアップデートと、各種ソフトのアップデートがあるので、通信の容量は大きくなりますが、それでも、最低限のアップデートで、3Gくらいだと思います。

スマホのヘビーユーザーでなければ、データ使用量はあまり上がりません。

 

電話設定

楽天Link インストール

スマホの初期設定後、電話の設定をします。

まずは、楽天Linkをインストールします。

カメラ機能のQRコードの読み取りで、簡単に楽天Linkがインストールができます。

インストール後、ソフトを最新版にアップデートします

 

楽天Link 通話し放題とメッセージ送信

通話は、インストールした「楽天Link」を利用すると、かけ放題になります。

楽天Linkの画面から、固定電話にかけてみました。

通話はOKで、スマホの画面に「通話良好」と表示されます。

今どきの機械は「できた/できない」を教えてくれます。

 

通話とメッセージの送信をすると、楽天ポイントがもらえるそうなので、メッセージも送信です。

連絡先登録と文字入力に時間がかかりますが、メッセージも送信できました。

 

カメラ機能

カメラ機能は、先に、QRコードの利用方法をおぼえました。

写真撮影については、シャッター切るだけなので簡単です。

写真を見るには、フォト機能が役立ちます。

 

写真をパソコンに移すには、Googleフォトのバックアップ機能を使います。

すぐに撮った写真をパソコンで見ることができますが、この機能は、有料になる可能性があるので、気をつけなければなりません。

多数の機能を、無料で利用できるGoogleは、すごいと思います。

その分、Googleは広告収入などで、利益を得ているのでしょう。

 

楽天モバイル開通 まとめ

楽天モバイルの申込とSIMフリースマホの購入で、楽天モバイルが開通しました。

初期設定に手間取りましたが、開通の確認ができ、電話も使えるようになりました。

居住地域が、楽天回線の通信エリアに含まれているので、通信・通話等は、問題なく行えます。

初心者が、スマホを使いこなすのは、まだまだですが、料金も安くあがり、満足です。

 

やってみた 楽天証券ポイント投資 初心者が証券口座開設
楽天証券の口座開設とポイント投資の手続きをしました。口座開設と投資商品の決定までに、約2ヶ月です。中高年初心者が、新しいことに挑戦するには、時間がかかります。簡単に経緯を紹介します。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク