職域接種枠で予約 モデルナのワクチン接種 体験談

生活/日記

2021年9月時点で、国民の約半数が、新型コロナのワクチン接種を完了しました。

しかし、自治体によっては、予約が取れず、気を揉む人たちも多いです。

居住地域での接種を諦めていたところ、職域接種枠で、予約が取れました。

体験談を紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

職域接種の予約

自治体から、新型コロナのワクチン接種券が届いたのは、7月です。

高齢者の接種がほぼ終わり、59歳以下の一般向け接種券の、郵送が行われました。

案外、早いという印象を受けましたが、その後全く予約の取れない状況が続きました。

理由は、ワクチンの供給不足や、モデルナ社製の異物混入事件、さらに59歳以下の一律予約で、予約が殺到したためでした。

9月になって、集団接種の枠が新たに設けられましたが、すぐに満杯です。

 

ほぼ、諦めていると、職場で、職域接種枠が取れたとのこと。

一応、希望を入れてみました。

数日後、第一希望の日に、あっさり予約が取れました。

毎日、出勤する人のための、優先枠ということでしょうか。

年齢的にも中高年世代に当たるので、コロナにかかった時のリスクは高いです。

 

職域接種でなければ、年内のワクチン接種もむずかしいと思っていたので、ほっとしました。

ワクチンは、モデルナ製で、1回目が9月下旬、2回目は、その4週間後です。

場所は、集団接種会場のイオンモールです。

 

59歳以下に届いたワクチン接種券 新規予約一時停止中
順次発送とされていた新型コロナのワクチン接種券が、59歳以下の人たちにも届き始めました。しかし、供給不足で、新規予約は一時停止中です。8月には再開の見込みの情報は届いていますが・・・

 

1回目のワクチン接種

職場で、予約票を受け取ると、予約票に日時と、持ち物5点が書いてあります。

予診票を記入し、接種券や保険証など、必要なものを準備します。

受付時間は、10:30~11:00となっていました。

開始は、たぶん9時からなので、私たちは、最後の回です。

 

当日、10時半に会場に着くと、入口には、数人の人が並んでいました。

書類を準備しておけば、検温後、すぐに受付を通過できます。

予診票を記入していなかったり、接種券を封筒に入れたままだと、入口で止められます。

受付のクリアファイルの番号は、77番でした。

入口で5分ほど待った以外は、診察も接種も、ほぼ待つことはありませんでした。

 

会場内は、先生のブースが3つで、接種の看護師さんのブースが4つなので、効率がよいです。

医師に予診票をチェックされ、署名をいただいてから、接種ブースへ。

看護師さんは、手慣れた様子で、指示をしてくれます。

利き手でない方の肩を出して、手をだらんと下に下げて、深呼吸。

チクッとしたら、もう終わっていました。

 

モデルナワクチンのロットシールを、接種券に貼ってもらい、椅子に座って15分待機します。

2回目用の接種券を返してもらって、終了です。

11時近くになると、ほぼ待機の人が、いなくなりました。

イオンの割引券をもらって、会場を後にしました。

 

集団接種の感想と副反応

 

集団接種会場は、3ヶ月くらい使われるようで、効率よく接種できるように作られています。

診察と接種は、個別ブースになっているので、周囲も気になりません。

午前中の最後の回だったせいか、待たずに受けられたのも、ストレスがありませんでした。

注射は、チクッとした以外は、痛くありません。

当日は激しい運動と、飲酒を控えますが、普通に生活でき、お風呂にも入れます。

 

当日の夜になると、左肩にちょっと違和感が出てきました。

肩に直角に注射器を刺す、筋肉注射なので、筋肉が痛くなるそうです。

翌日になると、肩の周辺が痛くなり、だんだん肩を動かせなくなってきました。

その次の日も肩が上がらない状態が続き、だんだんひどくなることにショックを受けました。

熱は出ないのですが、全身にだるさと疲れを感じます。風邪の初期症状と、同じ感じです。

 

接種後、3日目になると、肩の状態はだいぶよくなり、ほぼ普通に動かせるようになりました。

多少の違和感はありますが、日常生活には、問題ありません。

接種の翌日と翌々日は、無理をせず、睡眠をよくとるべきと感じました。

副反応としては、肩周辺の痛み、倦怠感が大きかったです。

 

1回目の後は、4週間後の2回目に向けて、体調を整えます。

2回目接種後に、冬を迎えるので、結果的に接種時期は、よかったです。

 

職場のコロナ感染と危機管理 濃厚接触者の職場復帰
新型コロナ感染症で、職場内でも救急搬送される人が出始めました。個人ができる感染予防と共に、職場での危機管理が重要になります。濃厚接触者になった場合の職場復帰を考えてみます。
受けてみた 郵送のPCR検査 手順を簡単に紹介
職場で、新型コロナの感染者が出たということで、任意のPCR検査を行いました。唾液検査で郵送のため、手軽に行えます。検査結果は、メールで来ました。郵送検査の手順を簡単に紹介します。
59歳以下に届いたワクチン接種券 新規予約一時停止中
順次発送とされていた新型コロナのワクチン接種券が、59歳以下の人たちにも届き始めました。しかし、供給不足で、新規予約は一時停止中です。8月には再開の見込みの情報は届いていますが・・・

コメント