59歳以下に届いたワクチン接種券 新規予約一時停止中

生活/日記

順次発送とされていた新型コロナのワクチン接種券。

59歳以下の人たちにも届き始めました。

しかし、供給不足で、新規予約は一時停止中です。

職域接種枠で予約 モデルナのワクチン接種 体験談
国民の約半数が、新型コロナのワクチン接種を完了しましたが、自治体によっては予約が取れない状況です。接種を諦めていたところ、職域接種枠で予約が取れたので、副反応など体験談を紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

59歳以下に届いたワクチン接種券 新規予約一時停止中

新型コロナのワクチン接種券が届きました。

7月から、59歳以下にも順次発送されるとの案内通り、7月中旬に届きました。

早速、見てみると、集団接種と医療機関での接種の案内があります。

 

しかし、59歳以下で、基礎疾患のない人たちの予約可能日は、未定でした。

WEBで調べてみると、7月2日より、新規予約は、一時停止になっています。

ワクチンの供給量が足りないため、予約が停止になり、再開の見込みも不明です。

すでに1回目接種済の人は、2回目の接種は、予約通り受けられます。

2回目の人が受けられないと困るので、新規予約は全面中止となりました。

接種券の順次発送だけは「予定通り」ということでしょう。

 

接種券の到着のみ フライングで肩透かし

 

案外早く届いた接種券を見て、早めの予約をしようと思いましたが、むずかしくなりました。

急げ急げの号令で、自治体も努力していますが、新型コロナワクチンの供給不足で、この状態になりました。

接種に協力している医療機関や接種センターも準備したり、人員確保をしたはずなので、肩透かしです。

確かに、ワクチン接種を早く進めたいのはわかりますが、無策では、人件費等も無駄になります。

ニュース等でも騒がれているように、早く受けたい人たちの間では、混乱が広がっています。

 

基礎疾患のない大人の予約は、8月以降に再開されます。

当初、一般の接種は、9月以降とのことだったので、予想通りとはいえますが、安定的な供給や予約を進めてほしいものです。

急いで打つ必要はないと感じていても、感染者の増加で、予防が先決だという考えに、改めた人もいます。

 

集団予防接種と「かかった」免疫

中高年世代は、子供の頃に、各種予防接種を受けました。

学校に予防注射が来るので、全員打つのが当たり前という時代でした。

その後、ワクチンの種類も増え、任意接種も増えました。

よくわからず強制的に予防接種を受けた世代と、今の世代は違いがあるようです。

 

子供の頃は、風疹や水疱瘡の予防接種はありませんでした。

幼稚園などでうつってきて、兄弟に広がり、多くの子供は、自然に免疫をもちました。

「水疱瘡の子と遊んでうつってこい」と言っている親もいました。

そういう病気も、発症すれば後遺症が残ることもあり、あらかじめの予防接種は重要です。

 

スポンサーリンク

 

黄熱病の予防接種

大人になってからの予防接種といえば、10年ほど前、黄熱病の予防接種を受けました。

南米地域の旅行のためです。

ジャングルに長期間滞在するわけではないのですが、安心材料として検討しました。

蚊に刺されやすいので、その心配もあります。

東京の検疫所に電話してみると、急に予約がキャンセルになったので、翌日、受けられるとのことでした。そういうことならばと、予約しました。

 

当日、医師に言われたのは、海外では、狂犬病などもあるので、犬やコウモリに気を付けてくださいということでした。

案外知られていませんが、コウモリは、かなり危険です。

動物やコウモリなどからは距離を置き、安易に手を触れないように気を付けます。

衛生面が行き届いている日本では忘れがちですが、ジャングルでなくとも、海外では気を付けるべき病気が沢山あります。

 

黄熱病のワクチンは生ワクチンで、結構、痛かったです。

料金は、8000円位でしたが、今は、その倍くらいかかります。

10年有効とされていましたが、今は、生涯有効に変更になったそうです。

 

まとめ

新型コロナのワクチン接種券が届きましたが、接種は、まだ、先になりそうです。

当初は、急いで受けなくてもよいと感じていましたが、集団免疫という点でも、早めに受けた方がよさそうです。

しかし、当初の予定通り、健康な大人は、秋口以降になるようです。

職域接種枠で予約 モデルナのワクチン接種 体験談
国民の約半数が、新型コロナのワクチン接種を完了しましたが、自治体によっては予約が取れない状況です。接種を諦めていたところ、職域接種枠で予約が取れたので、副反応など体験談を紹介します。
職場のコロナ感染と危機管理 濃厚接触者の職場復帰
新型コロナ感染症で、職場内でも救急搬送される人が出始めました。個人ができる感染予防と共に、職場での危機管理が重要になります。濃厚接触者になった場合の職場復帰を考えてみます。
受けてみた 郵送のPCR検査 手順を簡単に紹介
職場で、新型コロナの感染者が出たということで、任意のPCR検査を行いました。唾液検査で郵送のため、手軽に行えます。検査結果は、メールで来ました。郵送検査の手順を簡単に紹介します。

コメント