映画 スキャンダル 実話に着想を得たストーリー 感想

映画/ドラマ

映画スキャンダル(Bombshell)は、実際に起こったセクハラ訴訟から、着想を得た映画です。

訴訟からわずか数年で、この事実を世に伝えたいと、映画化されました。

映画の中では、3人の女性の行動が彼女たちの明暗を分けます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画 スキャンダル 実話に着想を得たストーリー

FOXニュースのアンカーウーマン、メーガン・ケリー(シャーリーズ・セロン)は、鋭い切り口でインタビューする人気女性キャスター。時にはやりすぎて、敵を作ることもあります。

彼女を支えるやり手CEO、ロジャー・エイルズは、ニュースを知り尽くし、激を飛ばす実力者です。

番組を盛り上げるロジャーには、女性キャスターを品定めし、自分の思い通りにするという、裏の顔があります。

そんな時、ロジャーに迫られて拒み、左遷されたグレッチェン・カールソン(ニコール・キッドマン)が、ロジャーを訴えます。

グレッチェンは裁判に勝てない、という見方がある中、同様な被害を受けた女性たちが、声を上げ始めます。

 

実話にもとづいた映画 スキャンダルの感想

 

映画「スキャンダル」の感想ですが、

まず、驚くのが、このセクハラ訴訟が2016年のことだということです。

女性蔑視やセクハラは、20~30年前の話に思えますが、男女同権のアメリカに、長い間セクシャルハラスメントは横行していました。

TVのレポーターになったり、自分の番組を持つには、自分をアピールしなければなりません。

しかし、そのアピールの仕方が間違っていたり、女性を食い物にする男性もいます。

 

実際には、実力と実績がなければ、ニュース番組のメインキャスターにはなれません。

しかし、テレビに出たい、出世したいなどの願望や、左遷されたくない、クビになりたくないという恐怖で、上司の理不尽な要求に従ってしまう女性も少なくないです。

彼女たちは、容姿や服装に対してとやかく言われ、セクハラを受けても、声を上げることができませんでした。

 

競争の激しいテレビ業界で、ある程度の地位を得た女性が、告発することは異例です。

告発により、自分や周囲の人間のキャリアが、台無しになってしまうこともあるからです。

リスクを取って、告発するという勇気に感心し、拒絶できないという心の弱さににも共感します。

 

FOXニュースは、視聴率の高いニュース局です。

映画の中では、アメリカ人の支持政党や保守派、リベラル派のことも語られています。

日本人にはわかりにくい、2大政党の支持層と、どちらよりの人なのか、局なのかということを考えながら観るのも面白いです。

 

まとめ

映画「スキャンダル」は、実際に起こったセクハラ訴訟を元に作られた映画です。

テレビの世界での女性に対するハラスメントと、それに女性たちがどう立ち向かったのかが、描かれています。

この映画では、3人の女性の行動で、彼女たちの明暗が分かれます。

もし、自分だったら、という視点で観る人も多いはず。

訴訟を起こしたグレッチェン・カールソンは守秘義務があるため、過去を語ることはできませんが、訴訟からわずか数年で、この題材が映画化されるのは興味深いです。

 

映画ブラック・クランズマン 実話ベースのあらすじと感想
映画「ブラック・クランズマン」は、アフリカ系巡査のロン・ストールワースの実話を基に制作されました。1970年代のアメリカの地方都市を舞台に、人種差別や暴力と戦う警官たちの奮闘が描かれています。
映画「バリーシール」実話ベースのあらすじと感想
映画「バリーシール アメリカをはめた男」は、実話をもとにした映画です。実在の人物バリーシールと、当時の政局や密売組織の背景を考えると、興味深く観れる映画です。
映画 ノマドランド あらすじ ノンフィクションロードムービーの感想
アカデミー賞作品賞の映画「ノマドランド」Nomadland は、ノンフィクションの原作を映画化したものです。アメリカのシニア達の実情を描いた、異色ロードムービーです。あらすじと感想を紹介します。
映画 ギャングスターズ 明日へのタッチダウン あらすじと感想 実話
映画「ギャングスターズ 明日へのタッチダウン」は、実話をベースに、事件を起こして少年院に入った少年たちが、アメリカンフットボールを通じて、人生をやり直すきっかけをつかむ物語です。

コメント