雨上がりの公園で、黒い虫に刺された!

生活/日記

都市部の公園で、雨上がりに、黒い虫に刺されました。

湿気があるにもかかわらず、公園に出向いたことを後悔しました。

応急処置の知識の必要性と、日ごろからの対策が大切と感じました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

雨上がりの公園で虫に刺されたら

昼間、いつも行く公園のベンチに座っていると、手首にチクッと、痛みが走りました。

黒い1~2mmくらいの、蚊ではない虫が、とまっています。

反射的に、振り払いました。

毒があるかどうかわからないので、ギュッとつまんで、毒を出そうとしました。

(実際に、毒出しできたのかどうかわかりません。)

 

刺されたところは、すぐに腫れてきたので、水道水でよく洗いました。

この応急処置がよいのかどうかわかりませんが、かゆみはほとんど出ず、蚊に刺されたくらいの腫れで、いったんは、治まりました。

数時間後、患部周辺に、ぶつけた後の青なじみのようなシミが出てきて、かなりあせりました。

気のせいか、熱がでてきたような気がしました。

 

ダニだと、針が残ることもあると聞いていたので不安でしたが、2~3日で、患部周辺のシミは薄くなり、蚊に刺されたような跡だけが、残っています。

 

虫に刺され後の処置と対策は

 

どんな虫に刺されたのか不安で、インターネットで調べてみると、

小さく黒い、飛べる虫は、ブヨのようです。

湿気のある薮のようなところにいて、皮膚を噛んで、血が出てきたら、それを吸います。

蚊のように、刺して血を吸う虫とは、違います。

 

本当にブヨだったかどうかはわかりませんが、すぐに毒だしを試みて、患部をきれいに洗うということは、合っていました。

その後、市販の虫刺されの薬を塗りましたが、かゆみや痛みはありません。

数日経過後は、虫刺されの跡と、周辺のシミが気になる程度です。

 

腫れが引かない場合や、熱が出た場合は、皮膚科を受診した方がよいです。

虫刺されは甘くみず、症状が引かなければ、病院に行きます。

 

都市部の公園ということもあり、虫よけ対策をしていなかったことを、後悔しました。

雨上がりや、湿気のある日は、特に注意です。

虫よけスプレーで対策をし、塗り薬を携帯する必要性を感じました。

 

まとめ

都市部の公園でも、雨上がりや湿気のある日は、虫さされに、要注意です。

不用意に肌を露出していると、悪い虫に刺される可能性があります。

虫よけスプレーなどで、対策を怠らず、行動したいものです。

 

59歳以下に届いたワクチン接種券 新規予約一時停止中
順次発送とされていた新型コロナのワクチン接種券が、59歳以下の人たちにも届き始めました。しかし、供給不足で、新規予約は一時停止中です。8月には再開の見込みの情報は届いていますが・・・
花粉症や食物レルギー コロナワクチンは大丈夫?不安あり
花粉が飛散する季節は、花粉症ではなくても、目のかゆみやくしゃみなどのアレルギー反応がでます。 花粉症や食物アレルギー、無自覚アレルギーに、新型コロナワクチン接種は大丈夫でしょうか。
レーシック手術の体験談と経過 10年後くらいから視力低下
レーシック手術を受けたのは、15年ほど前です。視力低下と乱視が強くなり、老眼になる前に手術をしました。10年後、徐々に視力が低下し始めました。レーシック手術の体験談と経過を紹介します。
スポンサーリンク
生活/日記
スポンサーリンク
keicyaをフォローする
keicyablog

コメント