花粉症や食物レルギー コロナワクチンは大丈夫?不安あり

生活/日記

花粉が飛ぶ季節になりました。

花粉症でなくても、目のかゆみやくしゃみなど、花粉に反応してしまうことがあります。

花粉症や食物アレルギー、無自覚アレルギーの人に、新型コロナワクチン接種は、大丈夫でしょうか。

不安を感じます。

 

スポンサーリンク

花粉症の季節

花粉が多く飛ぶ季節になると、目がかゆくなったり、鼻がムズムズしたりします。

花粉症というほどではないので、毎年、予防のために、屋外では、マスクをしていました。

冬は風邪の予防のためにマスク、春は花粉予防のためのマスクです。

秋から春にかけて、マスクをするようになってから、あまり風邪をひかなくなりました。

 

花粉症にならない理由はわかりませんが、元々、鼻が悪いせいかもしれません。

子供の頃から、熱いものを食べたり、急に運動したりすると、鼻水が出てきました。

それが普通だったので、なんとも思いませんでしたが、他の人は、鼻グスグスにならないことに、大人になって気づきました。

 

二十歳くらいのときに、内科で、症状を訴えると、鼻炎の薬を出されました。

「鼻炎」だったのかと思い、その後、10年くらい鼻炎だと信じていました。

 

ある日、喉が痛くて、耳鼻咽喉科に行くと、先生が鼻の中を診て「あなた、鼻つまりやすいでしょ」と言いました。

「え、鼻の奥の形が悪いの?」

詳しく説明をしてくれませんでしたが「鼻そのもの」に問題があるようです。

 

時は過ぎ、いつも鼻をグスグスいわせている知り合いに、その理由を聞いてみました。

彼女は、鼻の奥の骨の形が悪くて、鼻水が出やすいため、骨を削る手術をしたそうです。

手術でだいぶよくなったものの、完治は、しなかったそうです。

 

「自分の鼻の骨の形も悪いかも?」と思いましたが、手術をする気はないので、諦めました。

元々、鼻が詰まりやすいせいで、本格的な花粉症にならないのかもしれません。

皮膚も弱いので、なんらかのアレルギーを持っている可能性もあります。

 

食物アレルギー・バナナアレルギー

 

 

本人は、気づかないまま、食物アレルギーになっている人もいます。

友人は、バナナアレルギーです。

子供の頃に、蕁麻疹が出たので、診察してもらうと、バナナがアレルゲンでした。

友人は、バナナが好きだったそうですが、その後、一切食べないようにしていました。

他の果物は大丈夫なので、バナナだけです。

 

大人になって、ある日、チョコレートパフェを食べたら、蕁麻疹が出て、ひどいことになったそうです。

チョコレートパフェの下地の中に、バナナが擦って、入れられていたそうです。

デザート類には、見えないところに果物が入っていることがあります。

アレルギーのある人は、少しの量のアレルゲンでも反応するので、気をつけなければなりません。

 

スポンサーリンク

 

コロナワクチンは大丈夫?

アレルギーを持っている人に、コロナワクチンを打っても大丈夫なのでしょうか?

こんな記事を読みました。

新型コロナのワクチンは、アレルギーの病気を持っていると接種できないの

 

コロナワクチンで、副反応が出る人は、自覚しないまま、何らかのアレルギーを持っているのかもしれません。

本人が気づかなかったり、検査で出なかったり、途中からアレルギーになることと考えると、ちょっと怖い気がします。

 

また、ワクチンは、外国製なので、人種的な身体の違いで、副反応が出ないのかな、と不安にもなります。

ワクチンを打つ順番が、いつ、回ってくるのかわかりませんが、今後、検証して、安全性を確認してほしいものです。

 

まとめ

花粉が、飛散する季節に、コロナワクチンの接種が始まりました。

この時期は、花粉症ではなくても、目のかゆみやくしゃみなど、多くの人がアレルギー反応を起こします。

花粉症や食物アレルギーを持っている人や、本人が気づかないアレルギーを持っている人に、ワクチンの副反応、大丈夫なのでしょうか。

最終的には、自己判断になりますが、個人の体質と、接種後の調査結果など、日ごろから情報収集だけはしておきたいものです。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク