「アンという名の少女」レビュードラマで観る不朽の名作シーズン1

映画/ドラマ

モンゴメリー作の「赤毛のアン」

作品の名前は、誰でも知っているはず。

テレビドラマ化した「アンという名の少女」が、現在、NHKで、放映されています。

2020年10月

赤毛のアン(書籍)

あらすじ

アンは、赤ん坊のころに、両親を病気でなくし、里親にも恵まれず、孤児院で育ちました。

農場に住んでいるカスバート兄弟は、孤児院から。男の子を引き取りたいと考えていました。

家の手伝いをしてもらうには、男の子がよいからです。

手違いで、女の子のアンが来てしまい、結局、彼女を養女にすることにします。

 

第一シリーズは、アンが、やさしい兄のマシューカスバートと、厳格な妹のマリラカスバートに引き取れられ、家族の一員になっていく様を、描いています。

学校にも行きはじめ、友達を作ったり、色々な事件が起こりますが、アンは、田舎町の生活に、徐々に慣れていきます。

 

赤毛のアン(新価格版)DVD全2巻セット赤毛のアン

少女アン

ドラマの中のアンは、大体、中学生くらいの年齢だと思います。

親の愛情や、友達に恵まれなかったアンは、孤児院で本を読んで、空想に耽っていたようです。

そのため、普通では、考えられない言動をします。

せっかく居場所を見つけたのに、近所に人たちに疎まれたり、学校でいじめられたりします。

 

本人の責任とは言えないかもしれませんが、アンは、自意識過剰で、自己主張が強すぎます。

明るさや、おもしろさで、人を惹きつける反面、容姿や服装に、こだわりすぎています。

孤児院から抜け出せて、学校にも行かせてもらえることを感謝するより「あれもこれもほしい」と思ってしまうようです。

しかし、素直に自己主張するからこそ、愛情をくれる人たちもいるのです。

 

赤毛のアン(新価格版)DVD全2巻セット赤毛のアン

時代背景

この物語の時代は、男は仕事、女は家庭というのが、顕著でした。

田舎特有の助け合いや、せめぎあいのようなものも、ありました。

「みなしご」といじめられたアンが、勉強で、頭角を現していくのも、作者の意図があってのことだと思います。

 

 

また、現代のように医療が発達していなかった時代なので、死が、身近でした。

アンもカスバート家も、一見恵まれているように見える、秀才少年のギルバートも、それぞれ、過去があり、問題を抱えていました。

「定め」を受け入れなければならなかった、時代背景を感じます。

 

オリジナル・サウンドトラック アンという名の少女 [ アミン・バティア&アリ・ポスナー ]アンという名の少女 CD

ジェリー少年

私は、カスバート家の農場で働く、ジェリー少年が好きです。

大家族で、教育も受けられず働いているのに、素直で、屈託がなく、不平不満も漏らさないです。

主人公のアンとは、正反対ですが、こんなにやさしく、働き者の少年が登場するのは、うれしいです。

彼も、自分の人生の中で、幸せをつかめるとよいな~、と思ってしまいます。

 

赤毛のアン(新価格版)DVD全2巻セット赤毛のアン

 

最終回を見終えて

11/2追記

アンは、家や学校にもなじみ、親友のダイアナとも楽しい時を過ごします。

しかし、最終回では、また、大きな展開が待っていました。

マシューの心臓発作、農場の危機、ギルバートとの再会。

 

カスバート家は、収穫した作物を積んだ船が沈没して、借金を負うことになります。

何とか手を打とうとするマリラですが、金額が大きく、マシューは、働けません。

家族を救おうと奔走するアンは、人々に助けられます。

施しを受けないと言い張るマリラとは、正反対ですが、この家族の個性こそが、見どころのひとつです。

 

しかし、世の中には、悪人も沢山いて、ジェリーは2人組に襲われ、お金を取られてしまいます。

農場を守うとするカスバート兄弟と、自分なりに家族を助けようとするアン。

次のシリーズに続く、複線が敷かれたまま、第一シリーズは、終了しました。

 

アンという名の少女 - NHK
「名前はアン。つづりの最後にEがつくと思って呼んで。Eがつくほうが立派に見えるから」 おしゃべり好きで、想像力豊かなやせっぽちの赤毛の少女アンは楽しいことを見つける天才。年老いた兄妹の養子となった孤児のアンが、いろんな悩みを抱えながらも、まっすぐに立ち向かい成長していく姿を描く。原作は、世界中で愛されているモンゴ...
ハバナ近郊、乗馬やビーチ、自然を堪能できるビニャーレス渓谷観光
キューバの首都ハバナ(La Habana)から、車で2~3時間、乗馬やビーチツアーなどが楽しめる、自然いっぱいのビニャーレス渓谷(Vinales)の観光を楽しみましょう。 一番のお勧めは、所要3~4時間の乗馬体験です。 ビニャーレス...
スポンサーリンク
映画/ドラマ
keicyaをフォローする
keicyablog

コメント