ルールを守らない人にイライラ ルールを守らない理由と対処法

コラム

ルールを守らない人にイライラすることがあります。

なぜ、簡単な決まり事を守らないのでしょう。

ルールを守らない理由を分析して、対処法を考えてみます。

自分のストレスをためないことも重要です。

承認欲求の強い人に疲れる 承認欲求の強い人との付き合い方
承認欲求の強い人がいると疲れます。目立ちたがりで、見栄っ張りの、かまってちゃん。人に認められたくて、自己アピールをしてくる、承認欲求の強い人とは、適度な距離感を保つようにします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ルールを守らない人にイライラ

ルールを守らない人にイライラすることはありませんか?

なぜ、決まりを守らないのでしょう。

 

例えば:

・・・列に並ばず割り込む人

・・・予約制なのに予約と取らずに来る人

・・・ゴミを持ち帰らない人

・・・交通ルールを守らない人(信号無視や無謀運転)

・・・公共の場で、マスクをせずに会話をする人

 

毎日の生活の中で、ルールを守らない人を見るとイライラすることがあります。

もちろん、ルール違反を見ても、怒ったり、イライラしない人もいます。

穏やかで、寛大な人もいれば、無頓着な人もいます。

ルール無視を見て、つい、イライラする場合は、どうしたらよいのでしょう。

 

フィイトネスクラブ「黙トレ」ジムでの迷惑行為と対処方法
新型コロナ感染予防のため、フィットネスクラブでは「黙トレ」を推奨。それでも、マスクなしで話をする人がいます。スポーツジム内での迷惑行為は、スタッフに相談し、楽しく運動しましょう。

 

ルールを守らない理由

 

なぜ、ルールを守らないのでしょう。

ルールを守れないのは「なぜか」と、理由を考えてみる必要があります。

 

ルールを守らない人は

・・・そもそもルールの存在を否定していて、守る気がない。

・・・ルールがあることは知っているが、誰も見ていなければ破ってよいと考えている。

・・・決まりを理解する能力がない。頭が悪い。

 

理由は様々ですが、ルールを守れない人の「迷惑行為」は、注意や出入り禁止の原因になります。

さらに、積極的にルールを破れば、「犯罪行為」にもつながります。

迷惑行為まではいかなくとも、例えば「横入りをする」とか「マスクをしないで大声で話す」などは、「人に嫌がられる」ことが多いはずです。

 

人に嫌がられる自己中心的な人

どうして、人に嫌がられる行為をするのでしょう?

まず、ルールを守らない人は、「自己中心的で、周囲のことを考えない人」です。

ルールには「理由」があります。

マスクの例で言えば、「感染しない・感染させない」が理由です。

「目的」は、マスクをすることではなく「感染しない」ということです。

予防をするために、マスクを着用するのに、他人に注意されなければ、しなくてよいというのは、理由になりません。

 

ルールを守る能力のない人

次に、「ルールを守る能力がない」人たちが、存在します。

ルールを守る人は、能力が高く、頭が良いのです。

決まりやマナーを守れないは、理解する能力や、守る能力ないのです。

頭が悪いため、ルールを読んだり、聞いたりする能力がなく、内容もおぼえられません。

または、高齢のためなどで、理解力がなくなってしまうという、不可抗力もあります。

 

スポンサーリンク

 

ルールを守らない人への対処法

ルールを守れない人には、どう対処したらよいのでしょう?

 

職場や公の場では

職場や公の場で、ルールを守らない人がいたら、しかるべきところに相談します。

自分で注意すると、トラブルの原因になったり、逆恨みをされたりするからです。

ルール違反をする人には、権威のある人から、注意してもらうのがよいでしょう。

 

守る能力がない人には

ルールを守る能力のない人については、相手の能力が不足していることに、怒らないようにしましょう。

例えば、仕事のできない人に対してイライラしても、その人に能力がなければ、自分が怒っても仕方がないのです。

まずは、相手を見極め、自分の感情をコントロールしましょう。

 

たとえ、能力が低くても、努力をすれば、改善できます。

子供の相手をするように、きちんと教えれば、決まりを理解することも可能です。

 

ただし、能力には個人差があるので、永遠に理解できない人もいます。

他人に寛容になりながらも、最低限の決まりを守らせるよう、自分が努力することは可能です。

それでも、一定数、ルールを守れない人はいます。

そんな人にイライラさせられる場合は、上手くかわして、遠ざける必要もあります。

自分のストレスをためないようにすることも、心の健康のために重要です。

 

職場で自分の間違いを認めない人に困る 認めない理由と対処法
職場で「自分の間違いを認めない人」に、困ることがあります。それが、自分より先輩なら、なおさら仕事に支障をきたします。非を認めないのはなぜなのか、理由を考え、適切に対処します。

 

まとめ

ルールを守らない人に、つい、イライラしてしまうことがあります。

そんなときは、なぜ、ルールを守らないのか、理由を考えてみましょう。

ルールを守らない人の特徴と理由を分析して、適切な対処をすれば、問題を解決できる可能性があります。

もし、ルールを守る能力がない人にイライラさせられる場合は、上手く遠ざける必要もあります。

自分のストレスをためないことは重要です。

 

対抗心を燃やしてくる人に困る 一方的に人と張り合う人への対処法
一方的に対抗心を燃やしてくる人に、困ったことはありませんか? 自分は、対抗意識を持っていないのに、攻撃してくる人たちです。人と張り合いたいと思う人たちの例と、対処法を紹介します。
スポンサーリンク
コラム
スポンサーリンク
keicyaをフォローする
keicyablog

コメント