選択的週休3日制の目的とは 週休3日制のメリット・デメリット

コラム

選択的週休3日制の議論が始まりました。

「選択的週休3日制」とは?

週休3日制の目的は、従業員の学びなおしの支援です。

週休3日には、賛否両論ありますが、自分事として考えられるようメリット・デメリットを紹介します。

選択的週休3日のニュース記事

 

スポンサーリンク

選択的週休3日制の目的とは

選択的週休3日制とは、その名の通り、労働者が選択して、週休3日制にするということです。

休日を増やし、従業員の学び直しを支援し、新たな能力を身に付けてもらいます。

また、育児や介護などと、労働を両立させやすくするという狙いもあるようです。

もちろん、企業側が「選択的週休3日制」を導入しない限りはできませんが、選べるならと考える人も多いでしょう。

 

しかし、選択的週休3日制がニュースなどで報道されると、様々な意見が聞かれました。

そもそも、完全週休2日制になっていないため、週休2日が先決だという声です。

シフト勤務や、土曜日の半日出勤など、今の待遇に不満がある人達は、まず、完全週休2日制を実行してほしいと主張しています。

 

次に、週休3日制が導入されると、給料が減らされるという不安です。

自分や家族を養うには、一定の収入が必要なため、週休3日での減給は困ります。

週休3日にして、副業をしなけらばいけなくなるのは、本末転倒です。

 

また、固定の休みを増やすより、有給休暇を取りやすい環境を作ってほしい、という意見もあります。

 

一方で、給料が少なくなっても、自分の時間が多い方がよい、という人たちもいます。

習い事をしたりや資格を取ったり、家族と過ごす時間を増やしたいと考える人たちも多いです。

十分な所得がある人達は、より多くの休日を歓迎しています。

 

週休3日制のメリット・デメリット

 

選択的週休3日制は、働く人に、学びなおしの機会を与え、新たな人材を育成し、ワークライフバランスを整えるというメリットがあります。

 

しかし、週休3日制には、不都合やデメリットもあります。

通常、月曜から金曜まで、営業している会社は、取引の都合もあり、週4日出社の人の穴を埋めるため、シフトを作らなければなりません。

毎日出社を前提としている業務であれば、人員の調整が難しくなります。

同じ部署に多くの従業員がいればよいですが、中小企業などは、シフトを組めるほどの人員がいないため、週4日出社の人が多くなると、業務に支障をきたします。

 

週休3日を議論しても、結局、大企業だけが可能で、中小や零細企業には、このような制度は向かないという意見も多いです。

待遇も給与もよく、安定している大企業だけが利用できる制度、と考えるむきはありますが、週休3日制は、将来を見据えて、議論の価値はあります。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

選択的週休3日制とは、労働者が選択して、週休3日制にするということです。

休日を増やし、従業員の学び直しを支援するという取り組みには賛同もある一方、低所得者や、中小企業には、現実的でないという声もあります。

もし、選択権があれば、取り入れたいという個人も多いはず。選択的週休3日制を自分事として捉え、将来を見つめなおす機会になればと思います。

中高年が仕事の面接で聞かれる質問と答えの準備 体験談
年齢不問の仕事に応募した中高年が、面接で聞かれた質問をまとめてみました。面接の流れを把握し、自身の経歴をまとめた上で、質問への回答の準備をするのがおすすめです。体験談を紹介します。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク