映画「ようこそ映画音響の世界へ」レビュー 傑作ドキュメンタリー

映画/ドラマ

ドキュメンタリー映画「ようこそ映画音響の世界へ」の原題は、

「MAKING WAVES: THE ART OF CINEMATIC SOUND」です。

映画と音響の歴史を、それに携わった監督や、音響デザイナーの言葉で、語っています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画と音響の歴史

この映画は、映画に、音響がなかったころからの歴史が、つづられています。

映画が映像だけだった時代を経て、トーキー映画が出現して、映画と音が同時に楽しめるようになりました。

しかし、ストーリーや俳優重視で、音響はそれほど重要視されなかった時代が長く続きました。

 

1970年代に「スターウォーズ」のようなヒット映画の制作で、臨場感あふれる音が、注目されるようになりました。

1950~1960年代の、テレビにおされていた時期から、映画が息を吹き返し、あらためて、人々が映画館に、足を運ぶようになりました。

 

映画の音響制作

この映画では、「映画音響」を、「Voice」、「Sound effects」、「Music」という大きなカテゴリーに分けて、それぞれのスペシャリストから、制作の秘話を聞き出します。

音の拾い出し方、ミックスの仕方、映画音楽の効果、アフレコの必要性など、それぞれの観点から、映画音響の作成方法が、解説されます。

クリエーター達の徹底した挑戦と、時間のかかる作業工程と共に、音響が大切にされなかった時代の、彼らの、知らぜらる苦悩が、解き明かされます。

音に注目した監督たち

若かった、ジョージルーカス、スティーブンスピルバーグ、フランシスコッポラなどは、1970年代ごろから活躍しはじめます。

彼らが監督として、音響デザイナーたちとチームを組んで、成功していくまでのストーリーも、随所にちりばめられています。

 

音響技術の向上

音響技術の向上は、ロックやポピュラーミュージックが、先です。

音楽のサウンドをよりよくするために、ステレオや、多重録音などの技術が、開発され、磨かれていきます。

アナログのステレオレコーディングが、臨場感を生み、それが映画館でも、サラウンドとなって、再生されるようになりました。

時代は、デジタルに移り変わり、コンピュータを使った、新たなる音が作られるようになりましたが、技術者の飽くなき挑戦は、続いています。

 

ミッジ・コスティン監督

「ようこそ映画音響の世界へ」の監督、ミッジ・コスティンは、ご自身も、ベテランの音響デザイナーです。

そのため、技術者魂をもった、音響デザイナーたちの誇り高い仕事を、インタビューから、上手に引き出しています。

また、斬新な音響を聞いた、著名な監督の驚きも、表現されています。

 

映画『ようこそ映画音響の世界へ』オフィシャルサイト
あの音はどうやって作られたのか?ハリウッド100年の音の歴史がすべてある!興奮と感動に満ちたドキュメンタリーが誕生!8月28日(金)より新宿シネマカリテほか全国順次公開!

 

まとめ

映画に歴史に興味のある人、音響を学んでいる人、映画の制作や監督を目指している人に、お勧めの映画です。

なにより、映画好きには、絶対に見てほしい、1本です。

 

映画ブラック・クランズマン 実話ベースのあらすじと感想
映画「ブラック・クランズマン」は、アフリカ系巡査のロン・ストールワースの実話を基に制作されました。1970年代のアメリカの地方都市を舞台に、人種差別や暴力と戦う警官たちの奮闘が描かれています。
映画 スキャンダル 実話に着想を得たストーリー 感想
映画「スキャンダル」は、実際に起こったセクハラ訴訟から、着想を得た映画です。訴訟からわずか数年で、この事実を世に伝えたいと、映画化されました。女性たちの行動が彼女たちの明暗を分けます。
映画 ボヘミアンラプソディーを3回観て あらすじと感想
ボヘミアンラプソディーは、1970年代を知る音楽ファンには、なつかしさと共に、様々な思いがこみ上げる映画です。クイーン歩みと、フレディの人生を振り返る映画のあらすじと感想を紹介します。
ソーイングビー4 メンバーの順位と評価のポイント Eテレ
イギリスの裁縫コンテスト番組「ソーイングビー4」のメンバーは、異なる裁縫歴を持つ、ユニークな人々です。難解な課題とプロの審査に一喜一憂しながら、作品を作ります。順位と評価を紹介します。

コメント