映画「アイフィールプリティ」あらすじと感想 人生最高のハプニング

映画/ドラマ

「I feel pretty!人生最高のハプニング」は、エイミーシューマー主演のコメディ映画。

頭を打って、美人に生まれ変わった?!

超ポジティブに生まれ変わったせいで、生活が一変。

果たして、主人公レネーは、本当の幸せをつかめるのでしょうか?

スポンサーリンク

アイ・フィール・プリティ あらすじ

「アイ・フィール・プリティ」の主人公のレネーは、少々、ぽっちゃりの普通の女性。

外見が悪くて、悩んでいます。

普通サイズの服は合わず、靴は、幅広のビッグサイズ。

足が大きいことや、あなたのサイズは置いていない、などと言われると、本当に恥ずかしくて、いたたまれなくなってしまいます。

 

ビッグサイズだけど、心は、ガラスのハート。

スリムになろうとして行ったジムで、頭を打ち、自分が美人に生まれ変わったと、思いこんでしまいます。

私はきれい! I Feel Pretty 感想

「I Feel Pretty」とは、主人公「レネー」がきれいになったと「感じた」ということです。

変身したのは、外見ではなく、内面です。

 

美人になったと勘違いしたせいで、人の言葉も態度も、全部、違うようにみえてしまいます。

きれいだと感じるせいで、自分の態度も変わり、自信をもった発言や、行動をし始めます。

元々、仕事ができて、気が利くので、トントン拍子で、仕事運や、恋愛運に恵まれます。

しかし、得るものがあれば、、失うものもあります。

 

 

ポジティブと尊大は紙一重

外見が変われば、人にチヤホヤされて、いじめにも合わないし、自信をもって行動できます。

ポジティブさは、幸運を引き寄せます。

しかし、変に強い自信には、よい面もありますが、悪い面もあります。

ゆがんだ自信は、人を尊大にします。

 

主人公「レネー」は、セレブ気取りになり、ファッションなどで、人を見下します。

そんなことをしていると、本音で付き合える、気の合う仲間は、去っていきます。

 

コンプレックスは誰にでも

どんなにお金持ちで、頭がよくても、声が悪かったり、

どんなに美人で、スタイルがよくても、自己評価が低かったり、

他人のことはわからないもの。

ポジティブになることで「人生が開ける」ということもありますが、「人間性を失う」こともあります。

 

映画『アイ・フィール・プリティ 人生最高のハプニング』公式サイト
今のワタシ最高! 世界25ヶ国大ヒット!新たなプリティ旋風が日本上陸! 大ヒット公開中!

 

キャストと音楽

主演の「エイミーシューマー」は、結構きれいだし、スタイルも悪くないです。

映画の役ほど、コンプレックスがあるようには思えません。

「ミッシェルウィリアムス」は、きれいすぎて、誰だかわかりませんでした。

役柄や髪やメイクで、別人ですね。

その他の俳優さんたちも、いい味、出していました。

 

ヒット曲満載の音楽も、よかったです。

映画「アイフィールプリティ」まとめ

悩みがある人、コンプレックスがある人が、この映画を観ると、気づかされるものが、沢山あります。

気づきを大切にして、よい意味で、ポジティブになりましょう。

外見などを気にせず、「そのままの自分いいんだよ」というのも、自分を大切にすることだと思います。

「Feel」は、「感じる・感覚がある」という意味なので、「実際にそうなった」ということではないです。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク