サルセーションとは ダンスフィットネスを楽しむ準備

生活/日記

サルセーションは、機能的な動きを取り入れたダンスフィットネスプログラムです。

音楽に合わせて楽しく身体を動かし、ストレス解消と体力づくりを目指します。

ダンスフィットネスを楽しむ準備を紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サルセーションとは

サルセーションとは(SALSATION FITNESS)

機能的な動きを取り入れたダンスフィットネスプログラムです。

サルセーションフィットネスは、ウォーミングアップをしてから、ダンスパートに入る、大体45分から1時間のプログラムです。

 

ウォーミングアップでは、ダンスのアイソレーションと、大きなウェーブの動きを練習します。

手足、胸、腰など、関節を上手く使った機能的な動きを取り入れながら、楽しく踊ります。

世界の音楽を幅広く使い、言葉の説明なしに、インストラクターの動きを見てマネします。

ラテン音楽の曲だと、ズンバのような感じですが、より身体を使った動きになります。

 

胸のウェーブなど、練習しないとできない動きもありますが、普段使わない身体のパーツを使うため、筋力アップや老化防止につながります。

もちろん、細かいところができなくても、気にすることはありません。

楽しく動いて、よい汗かくのが重要です。

細かいボディの動きができると、より身体を使えるので、気持ちよく、フィットネスできます。

 

ダンスフィットネスを楽しむ準備

 

ダンスフィットネスのレッスンの前は、ストレッチを行い、身体をほぐしておきます。

ストレッチはハードにやりすぎると、筋などが伸びきってしまったり、怪我の元になることがあります。

ストレッチと準備体操を、上手く組み合わせるとよいです。

 

サルセーションの準備運動としては、胸回し、胸のウェーブ、腰回しなどがよいです。

身体のパーツをほぐし、ダンスのときに、ボディを動かせるようにしておきます。

くれぐれも、無理に腰を反ったり、膝に負担をかけないようにします。

 

胸を床に水平に回したり、肋骨を使ったウェーブを練習していくと、どんなに身体がかたい人でも、だんだん、胸部が動くようになってきます。

肋骨は、本来、前後左右に動く骨なので、練習して動かしていくと、筋力もついてきて老化防止に役立ちます。

胸のウェーブができるようになると、おへその上がキュッと締まってくるので、シェイプアップになります。

 

ウェーブを地道に練習して、肋骨が動かせるようになるのには、個人差はありますが、半年くらいかかるようです。

みぞおちとおへその間に、1本の縦線ができることを目指して、肋骨を動かす練習をします。

お腹の筋力をつけることによって、身体の衰えを、遅れせることができるかもしれません。

 

まとめ

サルセーションフィットネスは、世界の音楽に合わせて、楽しく身体を動かすダンスフィットネスプログラムです。

機能的に身体を動かすことで、ストレス解消や筋力アップが期待できます。

立ち腹筋 やってみた 簡単ユウトレは毎日続ければ効果あり?
「立ち腹筋」は効果あり? 自宅で簡単にできる、トレーニングとしてやってみました。 「からだほぐし」というだけでも、気もちよくできます。 立ち腹筋 やってみた ユウトレ 「立ち腹筋」のデモンストレーションをテレビで見ま...
やってみた アルファビクス 体験談 アルファビクスの効果
アルファビクスは、ヨガの動きと専用のゴムバンドを利用した動きで、身体ほぐしや筋トレを行う運動です。誰でも参加でき、リラックスしながら運動できます。レッスンの体験談と効果を紹介します。

コメント