冬の乾燥対策 マカデミアナッツオイルで保湿とマッサージ

生活/日記

10月に入ると、空気が急速に乾燥して、お肌もカサカサしていきますね。

夏場は使わなかった、ハンドクリームを用意したり、化粧品も、保湿力の高いものに変えたり、乾燥対策をはじめる時期です。

お勧めは、マカデミアナッツオイルのような、コールドプレスのオイルで、保湿したり、マッサージすることです。

このページでは、天然のオイルの使用法などを、説明します。

マカデミアナッツオイルとは

アロマテラピーのキャリアオイルとして使われる、マカデミアナッツオイルとは、低温圧搾製法(コールドプレス)で作られた、100%天然のオイルです。

コールドプレスの場合は、マカデミアナッツオイルが持っている成分が、壊れることなく、そのまま残ります。

食品や料理用の油などは、高温で抽出されるものも多く、安価ですが、栄養成分がなくなってしまいます。

コールドプレスのオイルを圧搾するのは、時間がかかるため、食用油より、コストもかかります。

 

 

マカデミアナッツオイルは、無色、無臭で、酸化しにくいので、特に、お肌に使うのには、お勧めです。

保湿やマッサージには、スイートアーモンドオイルも、とてもよいです。

スイートアーモンドオイルは、若干、ゴールドのような色があり、酸化が早いです。

天然のオイルは、保湿力も高く、肌の弱い人にも合いやすいです。

気に入ったオイルが、1本あれば、ハンドクリーム代わりにも、乳液の代わりにもなります。

ハンドクリームとして

冬場は、マカデミアナッツオイルを遮光瓶に入れて、ハンドクリーム代わりに使っています。

2~3滴を、手に塗れば、十分です。

遮光瓶は、プラスチックの中蓋がついているものがよいです。

瓶からの、オイルの出が悪い場合は、中蓋の内側を少し切ると、出やすくなります。

持ち運びには、プラスチック製の容器でもよいのですが、オイルがしみ出やすいので、10mlくらいの、中蓋つきの遮光瓶を使用するとよいです。

乳液の代わりとして

乳液の代わりとして使用するには、洗顔後、化粧水を塗ってから、オイルを少量、手に取って、顔全体に伸ばします。

できれば、この時に、少しマッサージして、お肌を活性化させましょう。

オイルをつけすぎた場合は、マッサージ後に、ティッシュで、軽く押さえるとよいです。

冬でも、紫外線はあるので、日焼け止めを塗っておくと、よいです。

まとめ

マカデミアナッツオイルは、酸化しにくく、栄養豊富な、天然のオイルです。

手やお顔に塗って、冬の乾燥から、お肌を守りましょう。

^^^^^^^^^^^^^^^^^

 おすすめマカデミアナッツオイル

秋の飛騨高山、白川郷、金沢、紅葉を楽しむお勧めスポット
白川郷と言えば、雪に覆われた合掌造りの家々が有名ですが、秋の白川郷も、なかなかすてきです。 飛騨高山や兼六園にも近いので、セットで紅葉を楽しめます。 寒さが苦手な方は、秋がお勧めです。 ≪テーマ別の国内旅行≫リピーター続出...

コメント

タイトルとURLをコピーしました