マカデミアナッツオイルでスキンケア 保湿で手荒れを改善

生活/日記

手荒れやお肌の乾燥で悩んでいる方いますよね。

保湿力の高い化粧品を使い、いつもハンドクリームが欠かせない人たちです。

でも、市販の化粧品は、保湿力が弱かったり、香料や保存料が使われていて、お肌に合わないこともあります。

アロマテラーのキャリアオイルのような、低温圧搾のオイルで、保湿したり、マッサージすると、手荒れやお肌の乾燥が改善されることがあります。

本ブログでは、マカデミアナッツオイルを利用した、スキンケアの方法を紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マカデミアナッツオイルとは

 

アロマテラピーのキャリアオイルとして使われる、マカデミアナッツオイルは、低温圧搾製法(コールドプレス)で作られた、100%天然のオイルです。

その名の通り、マカデミアナッツが含有している、油脂です。

 

お肌用のマカデミアナッツオイルは、低温で圧搾します。

低温で圧搾すると、天然オイルが本来持っている成分が、壊れません。

 

食品や料理用のマカデミア油は、高温で抽出されるものも多く、安価ですが、オイルの栄養成分は壊れてしまいます。

低温圧搾は、圧搾に時間もかかり、食用油より、コストがかかります。

また、天然のナッツ類を圧搾したまま保存すると、酸化が早くなります。

食品や化粧品などで、長期に渡って保存をきかせるには、熱処理か、保存料の添加が必要になります。

 

マカデミアナッツオイルは、無色、無臭で、酸化しにくいという特徴があります。

無色、無臭なので、天然のキャリアオイルの中でも、お肌に使用するのに、おすすめです。

保湿やマッサージには、スイートアーモンドオイルも使いやすいですが、スイートアーモンドオイルは、薄いゴールドのような色があり、若干、酸化が早いです。

 

マカデミアナッツオイルのような天然のオイルは、保湿力も高く、肌の弱い人にも合うため、気に入ったオイルが、1本あれば、ハンドクリームや、乳液の代わりとして利用できます。

 

 

ハンドクリームとして

マカデミアナッツオイルをハンドクリームとして使うには、オイルを遮光瓶に入れて、持ち歩るくだけです。

保湿には、オイルを2~3滴、手に取って、手の甲を中心に伸ばします。

 

携帯用の小型の遮光瓶を選ぶときは、割れないような厚手のガラスのもので、プラスチックの中蓋がついているものがよいです。

遮光瓶からの、オイルの出が悪い場合は、中蓋の内側の突起を少し切ると、出やすくなります。

持ち運びには、プラスチック製の容器でもよいのですが、プラスチックは、外気の温度によって、オイルがしみ出やすいので、10mlくらいの、中蓋つきの遮光瓶がおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

乳液・美容液として

低温圧搾のマカデミアナッツオイルは、保湿力が高いので、乳液や美容液の代わりとして使うことができます。

特に、乾燥の激しい冬場は、乾燥対策として、お顔に使用するのが、おすすめです。

 

乳液や美容液の代わりとして使用するには、洗顔後、化粧水を塗ってから、オイルを少量、手に取って、顔全体に伸ばします。

できれば、この時に、少しマッサージして、お肌を活性化させましょう。

もし、オイルをつけすぎた場合は、マッサージ後に、ティッシュで、軽く押さえるとよいです。

その上で、紫外線対策に、日焼け止めを塗ります。冬でも紫外線はあります。

 

敏感肌や肌の弱い人が、初めてオイルを使用するときは、最初に、パッチテストをしましょう。

手に塗って試してから、お顔に使いましょう。

 

 

まとめ

低温圧搾のマカデミアナッツオイルは、酸化しにくく、栄養豊富な、天然のオイルです。

手荒れやお肌の乾燥に効果を発揮します。

肌の弱い人や香料の苦手の人にも合いやすいので、おすすめです。

 

 おすすめマカデミアナッツオイル

スポンサーリンク
生活/日記
スポンサーリンク
keicyaをフォローする
keicyablog

コメント