海外旅行中の怪我、キューバでの不十分な骨折治療と恐怖体験

キューバ旅行記

キューバ旅行中に、左手首を骨折しました。

カマグエイで、怪我をし、サンティアゴ・デ・キューバで、治療を受けるまでの丸一日の体験談です。

この時は、帰国後、この怪我が、もっと大変なことになるとは、予想もしていませんでした。

カマグエイ、早朝

トリニダーから、サンティアゴ・デ・キューバに行く途中に、カマグエイという町に、1泊しようという計画を立てたのが、そもそもの原因となりました。

カマグエイでは、カサ(民泊)に泊まり、翌日は、長距離バスに乗るため、早朝起きしました。

シャワーを浴びようとしたのですが、タイルの床が滑りやすく、バランスを崩し、一瞬のことですが、左手首をぶつけ、ポキッと橈骨を折りました。

 

どこをどう骨折したのかということを、正確に把握したのは、帰国後しばらくしてからでした。

そのときは、折れたこともわからず、ずれた手首を自分で元にもどし、カサのオーナーに頼み、左手首をタオル巻いて、ゴムで固定して、バス停に向かいました。

サンティアゴのような大都市でないと、手当ては無理だと思い、当初の予定通り、移動しました。

サンティアゴ・デ・キューバ、午後

バスの中で、手はだんだん腫れて、痛みをともないましたが、どうしようもないので、バスに揺られて、サンティアゴ・デ・キューバに到着しました。

バスターミナルから、予約していた民泊に到着し、日本に電話をかけたい旨と、医者に行きたい旨を告げましたが、まず、これが、なかなかうまく行きませんでした。

 

自分が携帯を持っていなかったので、保険会社に国際電話をかけるべく、電話サービスのようなところに行ったのですが、断られ、結局、民泊のオーナーが整形外科のクリニックに電話して、キャッシュの実費で、治療が受けられることを確認して、クリニックに行きました。

整形外科のクリニック

クリニックでレントゲンを撮ると、そんなにひどくないと言われたので、ひと安心したのですが、ギプスを巻くために別の病院へ行かなければならない、と言われました。

ギプス巻くだけが、ここでできないのと思いましたが、仕方ないので、救急車で送られて、大きな病院に移動しました。

 

クリニックには、ほとんど患者さんがいなく、パンを食べながら診療している女医さんと看護婦さんは、のんびりムードで、折れているところを示して、「そんなに悪くないわよ」、と言っていました。

海外旅行傷害保険会社に提出する書類は、書いてもらえました。

 

総合病院

レントゲン

次の病院は、総合病院で、ガランとした大きな建物に、沢山の患者さんがいて、数十年くらい前に日本病院のようで、見た目が怖かったです。

医師たちは、親切そうでしたが、私が外人ということもあり、整形外科医が出てきて、再度、レントゲンを撮るまで、待たされました。

(また、レントゲンを撮る必要があるのかどうかも疑問ですが、仕方ないという感じです。)

 

その間に、手は、さらに、腫れてきて、かなり絶望的な気持ちになりました。

担当の医師は、撮ったレントゲンを自分のスマホに映して見せてくれ、やさしそうな感じでした。

 

整復

その後、整復(骨の位置を正しい位置に戻す)が必要と言われ、1日入院して、痛くない治療をするか、先生の手で整復するかと言われ、この病院に入院するのは、絶対に嫌だったので、手で整復のほうにしてもらいました。

怖いし、痛いし、パニックを起こす寸前でした。

 

後で、この治療は、たぶん、失敗だったことがわかりました。失敗だったのか、数十年くらい前の治療方法だったのかわかりませんが、結果、骨がずれてしまった原因のひとつになりました。

治療を信じていたのに、結果が伴わないと、精神的な苦痛が生じます。

ギプス

手首に何だかわからない注射を打たれて、日本では、考えられないような石膏の重いギブスを巻かれて、やっと民泊に帰れたのは、夕方でした。

しかも治療費は、整復だけで、330CUCと言われ、総額45000円くらいになりました。当然、現金はなく、カードで支払いました。

保険でカバーできたとはいえ、これも外人だから、法外な料金取られたような気がしてなりません。(実際には、レントゲンと、ギプスだけですから・・・)

 

日本に帰ってから、海外旅行傷害保険会社に提出する、治療費の証明書は、必須です。

海外旅行保険は必要! 海外旅行中の不慮の怪我や病気に備えて
航空券や海外旅行を申し込む際に、海外旅行保険の加入を勧めれらますが、本当に必要? ずばり、必要です! ですが、不慮の事故にあう確率はかなり低いので、高い保険料を払うより、海外旅行付帯保険付きのクレジットカードを持ちましょう。 ...

 

翌日の再確認

翌日、手の状態を見たいと言われたので、午前中に、もう一度、病院に行きました。

包帯が、ナイロンのようなものなので、腕の内側が赤くなり、かぶれそうになっていたので、その部分をゆるめもらいました。

気温が高いためと腫れのため、蒸れますが、固定したせいで、痛みそのものは治まりました。

 

まとめ

初骨折が、医療設備が充実していない海外というのは、ショッキングなことでした。

この経験で、キューバが受けている経済制裁は、車などの分野だけではなく、医療設備や医療物資なのだということもわかりました。

ちなみに、レントゲン設備は、日本製だそうです。

 

橈骨遠位端骨折日記① 骨がつかない?左手首をギプスで再固定
海外旅行中に、左手首を骨折しました。 2週間は、ギプスが外せないので、帰国後5日目に、日本の整形外科を受診すると、予想外の問題が発覚! 現地の病院で、大した骨折ではない、と言われたので、ショックでした。 怪我の経緯...
ラジオを聴き初めて数十年、良さを再認識 J-Waveは開局以来
ラジオを聴き初めてから、数十年。 AMからFMにシフトして、音楽番組を中心に、聴いていました。 J-Waveは、開局以来聴いているので、30年以上です。 コロナで、自宅にいることも多くなり、ラジオのよさを再認識しています。...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました