キューバのビーチリゾート、ハバナ近郊のバラデロで海水浴

キューバ旅行記

キューバの首都ハバナ(La Habana)から、車で3時間ほど、バラデロ(Varadero)は、エメラルドグリーンの海が見られるビーチリゾートです。

オールインクルーシブ(3食付)のホテルに泊まって、リラックスしましょう。

バラデロ(Varadero)への往復

ハバナからのツアー

ハバナからは、日帰りツアーや、2~3日のツアーが出ています。

ハバナのホテルのコンシェルジュや、旅行会社に問い合わせてみましょう。

宿泊は、ホテルのランクによって違い、シーズンや直前割引が出ていることがあります。

長距離バス

ハバナ方面、または、東部のサンティアゴ・デ・クーバ方面から、ビアスールのバスが出ています。

バラデロのバスターミナルは、ダウンタウン近くのため、半島の先端に行くには、別途、タクシーなどが必要です。

乗り合いバス(ブスコレクティーボ)

乗り合いバスが、ハバナ~バラデロ間を往復しています。

1日2便、ホテルのドア・ツー・ドアの送迎つきです。

ホテルのコンシェルジュで予約できます。(25CUC)

バラデロから、ハバナ国際空港へ直行することも可能です。(バラデロにも国際空港があるので、間違えないように!)

乗り合いタクシー(タクシーコレクティーボ)

乗り合いタクシーは、ビアスールのバスターミナルに客引きがいるようです。

人数が集まらないと出発しない場合があります。

キューバ個人旅行、長距離バス、乗合いタクシー、陸路で移動するには
キューバを個人旅行で、陸路で周遊する際の交通機関は、どのようなものがあるのでしょうか。 結論から言うと、長距離移動には、長距離バス(夜行バス)、近距離および中距離には、乗り合いタクシー、乗り合いバスがお勧めです。 以下、筆者が体...

市内交通

バラデロ・ビーチ・ツアーバス

半島の付け根付近の町から、半島の先端まで、運航しているバスです。

乗り降り自由で、1日券を購入します。(5CUC)

主要ホテルに止まるのため、ダウンタウンへの買い物にも便利です。

タクシー

ホテル前には、タクシーが沢山止まっていて、声をかけられますが、吹っ掛けられることも多いので、事前にホテルなどで、おおよその料金を確認しておきましょう。

 

 

宿泊施設

カサ(民泊)

半島の付け根付近の市街には、民泊があるので、エコノミーに宿泊することができます。(25~40CUC)

バス停や、地元のライブハウスに近く、ネット予約できるカサもあります。

お土産物のお店も、この辺りにあるため、買い物には、便利です。

中級ホテル

ダウンタウン付近にあります。

 

オールインクルーシブのリゾートホテル

オールインクルーシブとは

ホテルの宿泊料金に、3食および、館内の各種アクティビティが含まれます。

バラデロでは、半島の真ん中あたりから、先端付近に、オールインクルーシブの高級ホテルが点在しています。

昼は、プライベートビーチやプールで泳ぎ、夜は、食事やショーが楽しめます。

宿泊料に含まれる主なもの

・3食、および、ドリンク

・アクティビティ(ヨガ、ダンスクラス、アクアビクスなど)

・音楽のライブ演奏

・ダンスや手品ショー

上記のような無料サービスを考えると、1泊、1万円~2万円の宿泊費は、リーズナブルだと思われます。

キューバ個人旅行、ホテルや民泊(カサ)の予約方法とレビュー!
キューバを、短期間で個人旅行する場合、出発前に日本から、ホテルや民泊(カサ)を予約するのがお勧めです。特に、1泊目のホテル名は、ツーリストカードに記載しなければならないので、予約が必須になります。 以下に、筆者が行った予約方法と、実際...

ホテルの直前予約

予約なしで、バラデロに到着した場合は、旅行会社を訪ねてみましょう。(ビアスールのバス停近くに2~3件あります。)

年末年始や夏休み期間などを除くと、ホテルは比較的空いているで、直前割引を出していることがあります。

豪華な5つ星ホテルに、半額程度(1~2万円)で宿泊できることもあります。

 

まとめ

ハバナ近郊のビーチリゾート、バラデロ(Varadero)では、オールインクルーシブホテルに泊まって、日ごろの喧噪を忘れて、のんびりしましょう。

 

映画「ライフ・イズ・カラフル!ピエール・カルダン」レビュー
ドキュメンタリー映画の「ライフ・イズ・カラフル!未来をデザインする男 ピエール・カルダン」を観てきました。 デザイナーのピエール・カルダンは、90歳を過ぎても、現役で活躍しています。 彼の歩んできた道のりを、彼自身と、多くのデザ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました