キューバ・カマグエイ 世界遺産の歴史地区を観光 東西横断一休み

キューバ旅行記

キューバのカマグエイ(Camaguei)は、世界遺産の街です。

首都ハバナ(La Habana)や、古都トリニダー(Trinidad)から、東部方面へ行く中間地点に、位置します。

キューバを陸路で横断するなら、カマグエイで時間を取って、世界遺産の街並みを、ゆっくり散策するのがお勧めです。

 

スポンサーリンク

カマグエイ(Camaguei)への行き方

長距離バス

カマグエイは、ハバナ、バラデロ、トリニダーから、サンティアゴ・デ・クーバ方面に行く途中にあります。そのため、多くの長距離バスが、カマグエイに止まります。

ビアスールのバスターミナルは、中心地から、少し離れています。

バスターミナルを出ると、タクシーの客引きが、群がってくるので、タクシーが必要な人は、交渉しましょう。中心部へ、5CUCほどです。強引な運転手もいるので、気を付けてください。

 

徒歩なら、観光地周辺まで、30分くらいです。バス停の近くのカサ(民泊)に宿泊すれば、徒歩でも移動できます。ホテルの場所や暑さも考えて、移動手段を選択します。

 

キューバの移動手段 乗合いタクシー 長距離バス 予約方法と料金
キューバを個人で、周遊する場合の移動手段は、どのようなものがあるのでしょうか。 長距離移動には、ビアスールの長距離バス、近距離および中距離には、乗り合いタクシーが、おすすめです。 以下、筆者が体験した、陸路移動のモデルコースを元...

 

宿泊施設

カサ(民泊)

バスターミナルから、カマグエイ(Camaguei)中心地に行く通りに、数件のカサがあります。

観光の中心、レプブリカ通り(Republica)近辺にも、民泊が沢山あります。(15~30CUC)

 

ホテル

ホテルは、街の中心部に観光に便利なホテルがあります。

利便性を考えると、世界遺産の街並みの近くに宿泊するのがおすすめです。

 

キューバ旅行 カサ(民泊)の予約方法 ホテルとの違い 宿泊の感想
キューバを、短期間で個人旅行する場合は、出発前に日本から、ホテルやカサ(民泊)をインターネット予約するのがお勧めです。初日のホテル名は、ツーリストカードに記載しなければならないので、あらかじめの予約が必須になります。 以下に、実際に行...

 

カマグエイの見どころ

ロス・トラバハドーレス広場

古い町並みを楽しむには、ロス・トラバハドーレス広場(Plaza de Los Travajadores)から、サン・ファン・デ・ディオス広場(Plaza Sun Juan de Dios)辺りを、散策するのがよいです。

街の中心は、あまり広くないので、徒歩で回れます。

 

レプブリカ通り(Republica)

レプブリカ通り(Republica)や、ロス・トラバハドーレス広場の遊歩道沿いには、レストランが集まっています。

外のテーブルに座って、行きかう人々を眺めたり、のんびりランチやディナーをとることもできます。

 

 

市内での注意点など

レストランの支払方法

レストランは、CUC(クック)表示とCUP(ペソクーバ)表示、両方が記載されているところが多く、外国人には便利です。

観光客は、あまり多くないと思われますが、この町は、CUC払いを推奨しているようです。

 

観光注意点

カマグエイは、ガイドブックに地図がない場合が多いので、あらかじめ、自分で地図を用意しておきましょう。

ホテルに泊まる場合は、ホテルカードや地図をもらうとよいです。入り組んだ小さな道が多いので、迷いやすいですが、のんびり散策するなら、問題ないです。

 

宿泊しているカサのオーナーは、提携しているレストランや、タクシーを勧めてくる場合がありますが、断ってもOKです。彼らは、知り合いに仕事を紹介したり、外国人にレストランをすすめて、コミッションをもらっていることがありますが、行きたくなければ、断りましょう。

民泊のオーナーは、つながりのある人や業者を紹介しています。キューバならではの、人のつながりでもあります。

 

まとめ

キューバの島の中心に位置する、カマグエイ(Camaguei)は、東西の中継地点です。

世界遺産の街を観光するもよし、長距離バスの乗り継ぎで、ひと休みするもよしの都市です。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク