海外旅行保険は必要! 海外旅行中の不慮の怪我や病気に備えて

コラム

航空券や海外旅行を申し込む際に、海外旅行保険の加入を勧めれらますが、本当に必要?

ずばり、必要です!

ですが、不慮の事故にあう確率はかなり低いので、高い保険料を払うより、海外旅行付帯保険付きのクレジットカードを持ちましょう。

海外旅行傷害保険とは

不慮の事態に対する保険契約

・傷害(死亡・後遺障害、治療費用)

・症病(治療費用)

・賠償責任

・携帯品損害

・救援者費用など



補償金額(保険金額)の確認

補償金額は、旅行期間、契約内容によって変わるので、保険会社のパンフレット等を見て比較してください。

特に治療費用および救援者費用は、国によって高額な場合があるので、すぐに帰国できないケースを考えて、内容と限度額を確認することが、重要です。

 

海外旅行傷害保険付帯のクレジットカード

付帯保険付きのカードのメリット

・1回ごとの旅行のたびに料金を払って、任意保険に入らなくてよい。

・任意保険より、補償が充実していることが多い。

・出発前に、カード会社や保険会社に申し出なくてよい。

 

 海外旅行保険契約証明書の発行

カード付帯保険には、引受損保会社があるため、英文の保険契約証明書が必要な場合は、引受保険会社に発行してもらえる。

英語以外の言語での発行が可能な会社もあるので、問い合わせてみましょう。

keicya
keicya

キューバ入国には

英語またはスペイン語の旅行保険契約書を準備!

海外旅行中に病院に行く場合

電話がかけられるなら

該当地域のコールセンター、または、日本に国際電話をかけて、指示を仰ぐ。

病院を紹介してもらえるか、キャッシュレスで、治療してもらえるかなどを、確認する。

現地に保険会社やカード会社の代理店があるなら

現地代理店に連絡して、病院を紹介してもらうなどをする。

電話連絡がむずかしいまたは時間がかかる場合

病院で治療を受けて、治療や費用の証明書をもらう。

(金額やサインの確認を忘れずに!)

カード払いができれば、カード払いにして、支払い記録を残す。

その他、必要な事故証明など、現地でもらう。

帰国後に、治療費等を請求する。

海外旅行中の怪我、キューバでの不十分な骨折治療と恐怖体験
キューバ旅行中に、左手首を骨折しました。 カマグエイで、怪我をし、サンティアゴ・デ・キューバで、治療を受けるまでの丸一日の体験談です。 この時は、帰国後、この怪我が、もっと大変なことになるとは、予想もしていませんでした。 カマ...

 


まとめ

海外旅行前に、海外旅行傷害保険付クレジットカードを作りましょう。

ブランドとしては、VISAなど、世界で広く使われているものがよいです。

支払保険金の限度額を確認して、安心できるカードを選択しましょう。

出発の際は、保険のご案内(Insurance Book)を携帯して、現地の病院等を利用した際は、必要な証明書をもらいましょう。

加入保険について、ご家族への事前連絡も忘れずに!

 

冬の乾燥対策 マカデミアナッツオイルで保湿とマッサージ
10月に入ると、空気が急速に乾燥して、お肌もカサカサしていきますね。 夏場は使わなかった、ハンドクリームを用意したり、化粧品も、保湿力の高いものに変えたり、乾燥対策をはじめる時期です。 お勧めは、マカデミアナッツオイルのような、...

コメント

タイトルとURLをコピーしました