海外旅行保険は必要?クレジットカード付帯保険で治療費を請求

コラム

海外旅行時の、海外旅行傷害保険の加入は、本当に必要でしょうか?

ずばり、必要です!

筆者は海外旅行中に怪我をし、病院で手当てを受けました。

海外旅行保険で、現地の治療費用と、日本での通院費がまかなえ、本当に助かりました。

 

しかし、短期の海外旅行で、不慮の事故にあう確率は、かなり低いです。

一般的な観光旅行であれば、海外旅行保険自動付帯のクレジットカードを持つのもお勧めです。

 

スポンサーリンク

海外旅行傷害保険は必要

不慮の事態に対する保険契約

海外旅行傷害保険には、以下のような保険契約あります。

 

・・・傷害(死亡・後遺障害、治療費用)

・・・症病(治療費用)

・・・賠償責任

・・・携帯品損害

・・・救援者費用など

 

外国では医療費が高額なことも多いです。

また、外国人のみ、高額請求という国もあります。

安心のためにも、何らかの旅行保険に加入するのがお勧めです。

 

補償金額(保険金額)の確認

海外旅行傷害保険の補償金額は、旅行期間、契約内容によって変わります。

どの保険に入るかは、各保険会社のパンフレット等を見て、比較します。

旅行の期間や種類により、適した保険を契約します。

 

特に治療費用や救援者費用は、国により高額な場合があります。

すぐに帰国できないケースを考えて、契約の限度額を確認することが、重要です。

 

海外旅行傷害保険付帯のクレジットカード

自動付帯保険付きのカードのメリット

海外旅行保険自動付帯のクレジットカードには、以下のようなメリットがあります。

 

・・・旅行のたびに料金を払って、任意保険に入らなくてよい。

・・・任意保険より、補償が充実していることがある。

・・・出発前に、カード会社や保険会社に申し出なくてよい。

・・・引き受け保険会社は、損保会社なので、安心できる。

 

海外旅行保険自動付帯 エポスカード

 

 海外旅行保険契約証明書の発行

クレジットカード付帯保険といっても、引受損保会社があるため、世界中にネットワークを持っている保険会社であれば、安心して、旅行に行くことができます。

 

また、必要であれば、英文の保険契約証明書も発行してもらえます。

その場合は、カード会社ではなく、引受保険会社に連絡します。

英語以外の言語での、海外旅行保険契約証明書の発行が可能な会社もあるので、問い合わせてみましょう。

 

keicya
keicya

キューバ入国には、英語またはスペイン語の

海外旅行保険契約書を準備します。

海外旅行中に病院に行く場合

電話がかけられるなら

現地で、怪我などをして、病院に行く場合、電話がかけられるなら、該当地域のコールセンターに電話をかけます。

場所によっては、日本に国際電話をかけて、指示を仰ぐこともあります。

電話がつながれば、キャッシュレスで、治療してもらえる病院を紹介してもらうことができます。

 

現地に保険会社やカード会社の代理店がある場合

現地に保険会社の代理店があれば、代理店に連絡して、病院を紹介してもらうのがよいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

電話連絡不可能な場合は、治療費の証明書をもらう

現地で電話がかけられない場合は、もよりの病院で治療を受けて、治療費の証明書をもらいます。ある程度の規模の病院であれば、旅行者用に、治療費用の証明書を出してくれるはずです。その際は、金額を確認し、病院側のサインがあることも忘れずに、確認します。

治療費をクレジットカード払いにできれば、カード払いにします。

カードで払えば、後々、支払いの記録を残すことができます。

 

事故などは、必要な事故証明を、必ず現地でもらいましょう。

契約書や説明書に、保険請求に必要な書類の説明が載っています。

治療費は、クレジットカードかキャッシュで支払い、帰国後に、損保会社に請求します。

 

海外旅行保険自動付帯エポスカード

 

キューバ旅行中に手首を骨折した体験

筆者は、2週間のキューバ個人旅行中に、左手首を骨折しました。

キューバでの手首骨折

社会主義の小さな国からは、国際電話をかけることもできませんでした。

現地の病院で治療を受けて、英文の治療証明をもらい、帰国してから、クレジットカードの引き受け保険会社に連絡しました。

 

まず、帰国後すぐに、損保会社に電話して、怪我の状況などを報告します。

すると、保険会社が保険請求のための資料を送ってくれました。

骨折などの治療は、数か月かかることもあります。

保険適応の期間内であれば、日本での治療費も負担してくれます。

現地と日本での骨折治療は、4ヵ月以上かかりました。

日本での通院終了後に、保険請求書類を記入し、各種証明書と日本での治療費用の領収書を、損保会社に郵送しました。

日本の整形外科に通院する際の、交通費も請求できました。

 

現地での治療費、約52,000円と国内での通院費。約38,000円を支払っていただけたので、大変助かりました。

現地では、保険付帯のVISAカードで、支払ったので、カード利用の記録も残ります。

保険請求書を郵送すると、一度、電話がかかってきて、クレジットカード利用の手数料(1000円ほど)は、支払えないという旨を伝えられました。それ以外は、スムーズに手続きできました。

 

エポスカード 海外旅行保険自動付帯

 

海外旅行保険について まとめ

海外旅行前には、海外旅行傷害保険に加入しましょう。

不慮の事故は、いつ起こるかわかりません。

短期の旅行なら、海外旅行傷害保険が自動付帯されているクレジットカードでもよいと思います。

クレジットカードのブランドとしては、VISAなど、世界で広く使われているものがお勧めです。

(旅行傷害保険の選択は、自己責任です。)

 

海外旅行傷害保険は、支払保険金の限度額を確認して、安心できるものを選択します。

なお、出発の際は、保険のご案内(Insurance Book)を携帯して、現地の病院を利用した際は、治療証明書を、発行してもらいます。

加入保険について、ご家族への事前連絡も忘れずにしましょう。

怪我や病気に気を付けて、楽しいご旅行を!

 

海外旅行保険自動付帯 エポスカード

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク