映画「アイキャンオンリーイマジン」あらすじ 曲の誕生秘話

映画/ドラマ

2018年、アメリカ公開の映画「アイ・キャン・オンリー・イマジン 明日へつなぐ歌」

(原題 I Can Only Imagine)を観ました。

クリスチャンソングとしてヒットした、Mercy Meの曲「I Can Only Imagine」の誕生秘話を、描いた映画です。

 

スポンサーリンク

「アイキャンオンリーイマジン」あらすじ

田舎町に住む少年バート・ミラードは、ある日、母に連れられて、子供キャンプに参加します。

友達もできて、楽しい1週間を過ごします。

家に帰ると、母親の姿は、ありませんでした。

支配的で暴力的な父にがまんができず、とうとう、母が家を出たのでした。

 

母親がいなくなった家は、最悪の状態になりました。

バートは、父親の暴力を受け、自尊心も傷つけられますが、子供ゆえに、どうすることもできません。

父を喜ばせるため、バートは高校で、アメフトをやりますが、怪我で断念。

その後、合唱部に入ったのをきっかけに、歌の世界に入ります。

 

高校卒業後、家を出て、バンドのボーカルとして、ツアーに参加しますが、もうひとつ芽が出ません。

バートに心の問題があると見抜いたマネジャーにさとされ、彼は、故郷の父に会いにいきます。

そして、バートは、父親の余命を知り、心のわだかまりを溶かしていきます。

 

I Can Only Imagine 曲の誕生秘話

モンスターだった父を赦すのは、簡単なことではありませんでした。

しかし、神を信じることにより、双方が変わっていきます。

 

そして、父への思いを歌にした曲ができます。

あっという間にできた曲に思えますが、実際には、子供の頃の苦労や、ふたたび愛せるようになった心境の変化、長い過去を凝縮した思いが、歌につづられています。

 

 

「I Can Only Imagine」は、2001年に、クリスチャンソングとしてリリースされ、ヒットしました。

映画でも描かれているバンド、マーシーミー(Mercy Me)は、クリスチャンソングを歌うロックバンドです。

日本では、なじみがないですが、アメリカには、クリスチャンソングの歌手がいます。

ロックバンドという形式を取りながら、讃美歌のような内容を歌うバンドがいるのです。

 

シングルのリリースから、十数年後に、リードボーカル兼作曲家のバート・ミラードの半生が映画化されました。

この映画は、アメリカで、大ヒットし、曲も新ためてヒットしました。

日本では、2020年に公開です。

監督: アーウィン兄弟

主演: J・マイケル・フィンレイ

助演: デニス・クエイド

 

明日へつなぐ歌とは

この映画は、家族との問題を抱えている人には、グサッときます。
人間関係で悩んだり、子供の頃に、自尊心を傷つけられたり。
暴力を振るわれないまでも、辛い目にあった人は、沢山いるはず。
日本人には、わかりずらい、宗教的な面もありますが、心のわだかまりを説くヒントがあります。

そして、歌は、心の支えになる、ということが語られています。
音楽がとてもよいので、人と人をつなぐ音楽の映画として、観るのもよいと思います。

 

ユニバーサルミュージック I Can Only Imagine

 

I Can Only Imagine.  The Movie Session

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク