NHK少年寅次郎スペシャルあらすじとレビュー 寅さんの生い立ち

映画/ドラマ

「男はつらいよ」の寅さんの少年時代が「少年寅次郎」として、NHKのテレビドラマ化されたのは、2019年のこと。寅さんの生い立ちから、家を出るまでの物語です。

2020年12月に「少年寅次郎スペシャル」として、家を出てから1年後の、寅さんのドラマが放映されます。

男はつらいよ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

少年寅次郎あらすじ(2019年)

ある日、葛飾柴又のお団子屋さんの家の前に、赤ん坊が置き去りにされます。

添えられた手紙には、その家に主人「平造の子」とありました。

平造の妻「光子」は、その子を育てることにし、「寅次郎」という名前をつけます。

 

少年寅次郎は、家族に囲まれて育ちますが、なぜか父親には、疎まれます。

酒好きで、遊び人の父親は、外にできた子供を受け入れようとしなかたのです。

一方、妻の光子は、寅次郎を本当に子供のように、愛情を持って育てます。

ちょっと抜けている寅ちゃんは、愛嬌もあり、憎めない子供です。

 

妹のさくらが生まれて、家族には、小さな幸せがおとづれます。

しかし、体の弱い兄が亡くなり、おじいちゃんも死んでしまいます。

父親は戦争に行き、人が変わってしまい、以前より、寅次郎に辛くあたります。

 

 

戦後、父の弟夫婦が、団子屋を手伝うようになり、商売は、上手くいくようになります。

しかし、突然が、母、光子が病気で、入院します。

手の施しようもなく、まだ、幼い妹「さくら」を残して、亡くなってしまいます。

 

光子の死で、荒れる平造は、寅次郎に八つ当たりし、とうとう、怒り心頭の寅次郎が、父親を殴ってしまいます。

母のいない家で暮らすことはできないと、寅次郎は、家を出ます。

フーテンの寅さんの始まりです。

オリジナル・サウンドトラック 少年寅次郎少年寅次郎

男はつらいよ

物語の複線

さくらとおじさん・おばさん

「男はつらいよ」の寅さん映画を観ている人ならわかる通り、妹、さくらは、子供のころから、しっかりものです。

子供のいない「おじさん・おばさん」やさしくて、まじめ、元気に店を切り盛りします。

 

マドンナたち

寅さんは、子供のころから、惚れっぽかったようです。

少年時代も、田舎から、東京の工場に出稼ぎに来ている女性「さとこ」を好きになったり。

担任の先生のお嬢さんを、想ったりします。

顔には出ても、口には出さず、女性を見守る姿勢も、子供の頃からです。

 

産みの母

赤ん坊のときに、寅次郎を置いて、去って行った、産みの母が、学校に会いに来ます。

育てられず、捨てたとはいえ、ずっと子供のことを思っていたのがわかります。

寅ちゃんは、何も言えませんでしたが、プレゼントを受け取ります。

そして、産みの母に会ったことを、誰にも打ち明けることなく、プレゼントは、引き出しの奥にしまいます。

登場人物(キャスト) | 少年寅次郎
ドラマの登場人物(キャスト)をご紹介します。

 

少年寅次郎スペシャル 前編

寅次郎が家出をして、1年。

放浪の旅の途中の山形で、初恋の人「さとこ」に、偶然再会します。

寅次郎は、さとこにもらったりんごを見て、子供の頃の思い出をよみがえらせます。

腕白少年だった自分を見守ってくれた、母や兄。

寅次郎は、この世にいなくなった大事な家族を思い、列車に飛び乗ります。

前編は、在りし日の家族と、子供時代の思い出が中心です。

 

後編放送予定 NHK総合 2020年12月11日 22:00

まとめ

「少年寅次郎」には、「男はつらいよ」の寅さんの、生い立ちが描かれています。

最愛の母が亡くなり、父と折り合わず、とうとう、家を出ることになります。

放浪の旅をすることになった寅さんのその後が、スペシャルドラマで放映されます。

 

少年寅次郎スペシャル - NHK
2019年に土曜ドラマで放送した「少年寅次郎」 最愛の妹、さくらに見送られて葛飾柴又から旅立って1年後の寅次郎と、思い出す幼い頃の母との、とっておきの日々をお届けします。 【原作】山田洋次 【脚本】岡田惠和 【音楽】馬飼野康二 【語り】原由子

 

男はつらいよ お帰り 寅さん男はつらいよ

コメント