職場での要領のよい人とコツコツ積み上げる人、違いと問題解決方法

コラム

誰もが知っている「うさぎとかめ」の童話。

職場でも、足の速いウサギが、亀を馬鹿にしていることって、ありますよね。

でも、結局、コツコツ努力した亀は、ウサギを抜かしてしまいます。

他人と競争するより、ゴールを設定して、それに向かって進みましょう。

仕事の適正

スピーディか正確か?

どんな仕事でも、スピーディ、且つ、正確に仕上げることは、重要です。

しかしながら、最初から「スピーディ且つ正確」を両立することは、なかなか難しいです。

ミスをすると、「急いでやったから間違えた」と言う人がいますが、急いでやることは、間違えることの理由にはなりません。

その仕事は、「急ぐ」のが重要か、「正確」にやるのが重要か、見極める必要があります。

キャリアアップをするならGraspy

要領のよい人

覚えるのが早い

仕事を覚えるのが割と早く、要領よくこなす人がいます。

実際に出来栄えが伴なっている場合もありますが、中には、ミスだらけの人もいます。

見直したり、確認しないため、正確な仕事ができません。

 

質問をして自分をアピール

自分が一生懸命やっていることをアピールするために、質問を繰り返す人がいます。

目立ちたいだけなので、質問のクオリティが低いし、同じことを何度も聞きます。

 

言い訳や理由を多用

仕事の質が低くても、口のたつ人は、言い訳や理由を多用します。

注意されても、上手につくろって、事なきを得ています。少なくとも、傍からは、そう見えます。

 

コツコツ積み上げる人

最初はゆっくり進む

最初はなかなか、業務を理解できなくても、少しずつ努力します。

 

理解して積み上げる

徐々に、理解して積み上げるため、時間が経っても、ブレません。

本当にわからないところだけを質問するので、正確な仕事が、できるようになります。

 

日用品・雑貨など|ROOM - 欲しい! に出会える。

 

人の見ていないところで努力

人の見ていないところで、努力し、業務に役立つことを身につける人たちもいます。

今は、インターネットなどで、簡単に、情報にアクセスすることができます。

自主的に勉強したり、情報収集や、知識の積み重ねで、うわべだけのひとに差をつけられます。

 

時間をかけて実績を示す

最終的には、努力の結果が、実績となり、評価されることになります。

 

職場での評価

実績を評価する上司

しかるべき人が上に立っている場合は、実績を評価し、見えないところで努力している人を、引き上げます。

 

部下の仕事を代わりにやる上司

部下の指導をするより、自分でやったほうが早いと思うと、指導ができなくなり、人を使うことができなくなります。

または、部下の仕事を肩代わりすることで、自分の能力を示そうとする上司もいます。

能力のある部下より、できない部下の方がかわいい、といったことです。

 

自分に甘い上司

人に仕事を押し付けて、自分ばかり、休暇を取るような上司もいます。

自分に甘いため、部下に示しをつけることができません。

仕事上でも、同様に、責任のがれをします。



ゴール設定

自分がウサギタイプなら

自分がウサギと気づいたなら、亀と競争して優越感にひたるより、ゴールを設定して、目標に向かって進みましょう。

世の中、上には上がいるもの。

隣の人と競争するのは、意味がありません。

 

自分が亀タイプなら

自分の歩みがのろいと感じるなら、これもゴールの設定が必要です。

歩みがのろくても、目標があれば、それに向かって努力することができます。

コツコツ努力すれば、必ず、ゴールに近づいていきます。

亀がウサギに勝てたのは、目標をみていたからです。



まとめ

世渡り上手で、要領よく生きても、努力を怠れば、最終的に、人に抜かされてしまいます。

コツコツ努力する「亀」になって、人生後悔しないように、何かをなしえましょう。

 

 

秋の飛騨高山、白川郷、金沢、紅葉を楽しむお勧めスポット
白川郷と言えば、雪に覆われた合掌造りの家々が有名ですが、秋の白川郷も、なかなかすてきです。 飛騨高山や兼六園にも近いので、セットで紅葉を楽しめます。 寒さが苦手な方は、秋がお勧めです。 ≪テーマ別の国内旅行≫リピーター続出...

コメント

タイトルとURLをコピーしました