おしゃべりな人が嫌われる理由と対処方法、最終的な職場の対応方法

コラム

職場で、1日中、無駄話をしている人たち、困りますよね。

こんな人たちにどう対処するか、長年見てきた職場の対応を紹介します。

 

職場で大声で無駄話をする女たち

自己主張が強い

中高年に多い例ですが、自分が偉いと勘違いしています

ところが、実際には、平社員やパートさんだったりするので、肩書もなく、公式には、権威振りかざすことができません。

そのため、大声で、自己主張をしたり、おとなしい人をいじめたりして、自分の方が上だと見せかけようとします。

 

承認欲求が強い

年齢関係なしに、自分が目立ちたい、認められたいと思っている人に、多いです。

能力が低いことを自覚していないため、何かとつまらないことを、人にアピールして、目立とうとします。

しかし、周りの人間は、その人が無能なのをわかっているので、無視されたり、悪口を言われたりすることが多いので、余計に大声で、騒ぎまくります。

能力のある人を妬む

自分を、、必要以上にアピールする人たちは、実際には、能力のある人たちを妬んでいます。

自分より下にみたい人に、嫉妬しているため、仕事以外のところで、競争したがります。

一人では何もできない

そのような人たちは、一人では何もできないので、グループを作りたがります。

職場で、1日中、おしゃべりしている人たちは、能力がないため、仕事を振られません。黙って働く人の方が、頼みやすいからです。

うるさい人たちが集まると、私語や仕事に関係ないことをするので、まじめにやっている人たちの生産性が低下する恐れがあります。

職場での対応策

注意する

やんわりと、静かにしていただくようお願いする。

しかし、自分の方が役職が上であれば、注意しやすいでしょうが、同等レベルの場合は、注意しずらいと思います。

しかも、まじめに仕事をしている人は、おとなしい人が多いので、後で、悪口を言われたり、仲間外れにされる恐れがあります。

関わらないようにする

うんざりすることも多いですが、注意して、喧嘩になるのも嫌だと思う人は多いはず。

あまりにうるさいときは、席をはずして、距離を取ることも大切です。

仕事に集中することで、防げることもあります。

 

 

上司に相談する

本来、頼れる上司であれば、こちらが、相談する前に対処します。

注意するなり、席替えをするなり、色々、対応方法はあります。

上司が何もしない場合は、一度、相談してみることをお勧めします。

感情的にならずに、いつ、何を、どう、困っているのが説明するのがよいでしょう。

何度注意してもきかない場合

注意してもきかない、図太い人は沢山います。

何度注意されても、次の日には同じことをしたり、注意されると、上司や同僚の悪口を言ったりして、反省しません。

 

 

人事異動など

たらい回し

あまりに問題を起こす人は、数年で、人事異動になります。

ある程度大きな会社なら、「あの人はいらない」と言われている人がいて、色々な部署を、グルグル回っています。

最終的に、行くところがなくなるまで、移動させられます。

契約社員やパートなら

正社員でなければ、ある程度の期間が過ぎたら、会社の業績や予算などを理由にして、退職してもらいます。

特殊な仕事でない限り、代わりに来てくれる人はいくらでもいます。

自分から職場を去ることはない

1日中無駄話をしていたり、問題行動をする人は、自分から辞めることはありません。

能力も適性もなく、人に迷惑をかけている自覚もないからです。

周りが迷惑していても、たらい回しになっても、自分が悪いと思いません。

まとめ

職場で、1日中おしゃべりをしていたり、問題行動を起こす人たちを制御する方法は、少ないです。

自分の仕事に集中し、距離置き、可能であれば、上司に相談しましょう。

問題を起こす人たちは、いずれ消えていきます。

 

谷津干潟で自然観察 野鳥を見ながら一周散歩 3.5km
ソーシャルディスタンスを保って、余暇を楽しむには、屋外が一番。 谷津干潟で、野鳥を見ながら、一周、約3.5kmを散歩しました。 季節によって違いを見せる、湿地の風景や野鳥の様子。 定期的に足を運んで、自然を楽しみたいもので...

コメント

タイトルとURLをコピーしました