アメリカ留学とその後、自由すぎ?過去は変えられず

生活/日記

新入社員で就職して、2年で職場を去ることになりました。

その年の終わりに、アメリカに語学留学しました。

 

これまでの話

就職難で入る会社を間違えた新入社員 残ったものは?
新入社員のときの話。 当時、新卒の就職の募集がなく、入った会社はコンピュータの会社でした。 残業続きで、精神的にもボロボロになった2年。 あとから思えば、一度、区切りをつけてよかったです。 手に職つけたい新入社員 新入...

アメリカ留学

退職してから、色々考え、アメリカに語学留学しました。

2年間働きずめで、遊ばず、ほとんどお金を使っていなかったので、貯金はありました。

 

当時のアメリカは、外国人に対して、ある程度寛容でした。

アメリカで勉強してもらい、能力のある人には、働いてもらって、居住権や市民権を与えていました。

そのため、公的機関で運営する、語学学校などもあったのです。

最初は、よくわかっていなかったのですが、私の入った学校は、外国人に語学を教えて、ゆくゆくは、アメリカの大学に入学してもらうという学校でした。

もちろん、大学に行くいかないは自由ですし、大学に行くとなると、学力と学費が必要になります。

私は、諸事情により、大学には行きませんでしたが、今考えれば、挑戦したいればよかったな~と思います。

 

アメリカから帰国後

帰国後は、契約社員などで、働きました。

仕事ごとに、1年くらいの契約で、働くので、20代の頃は、一番稼いでいました。

そのお金で、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ヨーロッパなどを、2~3ヶ月づつ、周りました。

当時は、定職で安定、ということを求めていなかったので、ひとつの仕事ごとに、長期の休みを取って、旅行をしていました。

 

時間が経ってみると、あの時やっておいてよかったなと、思えることばかりです。

定職について、地道に進めば、金銭的にはもっと楽になっていたかもしれませんが、自由気ままに、旅行などしてすごしたのは、後悔していません。

残っているのは、思い出と写真だけですが、誰にも消せない、自分だけのものです。

 

機会があれば海外へ

その後は、転職して、他の道を歩みましたが、それもできなくなり、事務の仕事をしながら、機会があれば、旅行をしています。

ここ10年くらいは、アジア圏を中心に、短期の旅行をしています。

本ブログにも書いた、ラオス、ネパールなどをはじめとして、ミヤンマー、スリランカ、インド、中国、韓国、グアム、カンボジア、ベトナム、シンガポールなどに行きました。

 

ロシア、ギリシア、ペルー、チュニジア、トルコ、エジプト、ブラジル、キューバなども楽しかったです。

チュニジアの革命後は、中東の多くの国は、訪問がむずかしくなりましたね。

しかし、サウジアラビアのように、今後、観光客を呼びこもうとしている国もあるので、そういった国には、行ってみたいと思います。

 

まとめ

振り返ると、社会的・仕事的には、上手くいかない人生でしたが、自由には過ごせました。

「ああすればよかった」と思うようなことは無数にありますが、無いものねだりをしても仕方ないですし、大きな意味では、まあ、よかったと思っています。

 

自由に生きるために、リスクを取ることも必要

年齢を重ね、あらためて過去の失敗も思い返すけれど、振り返りつつも、これからどう生きるか考えた方がよいようです。

人生には、今回のコロナのように、過去に経験のないようなことも起こりますから。

スポンサーリンク
生活/日記
keicyaをフォローする
keicyablog

コメント