就職難で入る会社を間違えた新入社員 残ったものは?

生活/日記

新入社員のときの話。

当時、新卒の就職の募集がなく、入った会社はコンピュータの会社でした。

残業続きで、精神的にもボロボロになった2年。

あとから思えば、一度、区切りをつけてよかったです。

手に職つけたい新入社員

新入社員で入った会社は、コンピュータのソフトウェアを開発する会社でした。

私が、就職した年は、新卒採用が落ち込んだ年です。

普通なら、年末に80%くらいは、就職先が決まっているはずなのに、その年は、50%くらいで、進路担当の先生や生徒、皆、困っていました。

説明会に行っても、採用自体が消極的なので、相手にされていない感じです。

 

そんな理由で、手に職をつけたいと思い、コンピュータの会社を選びました。

コンピュータのことを学校等で学んだことはありませんでしたが、なぜか、採用されました。

後で聞いた話ですが、適正検査の点数が、トップクラスだったそうです。

まあ、あくまでも適正検査なので、よいのか悪いのかわかりませんが、「考えること」は、今でも得意です。

 

 

別の心理テストのようなものをやったとき、「チューリップの絵を描いてください」と言われて、私は球根まで細かく書きました。

他の人は、花だけか、せいぜい葉っぱのところまで書いて終わりです。

球根まで書く人は、ほとんどいません。

球根まで書くような人は、物事を掘り下げて考えるのが好きだったり、原因などを深いところまで、追及する性質をもっているそうです。

確かに、自分が一番得意とするのは、今でも、「組み立てで考えて、掘り下げること」だと思っています。

 

仕事によっては、掘り下げることが功を奏することもありますが、考えすぎは、時に、人間関係で、上手くいかなくなったりもします。

細かいとか神経質っぽい人より、気さくでアバウトな人の方が、好かれたりもしますから。

持って生まれた性格は変えられないとして、物作り的な仕事には、細かいところまで、追及する性格が役立ちました。

 

残業つづきでGive up

そんなこんなで、新入社員として働き始めましたが、仕事が忙しく、1年目の終わりころは、残業80時間で、倒れそうになっていました。

当時は、納期に間に合わなかれば、残業するしかない、といった風潮がありました。

「なぜ遅れるのか?」という問題解決をすることなく、「沢山残業すれば終わる」という考え方があったからです。

 

例えば、チームの全体の仕事が遅れる理由は、元々の設計が甘かったり、度重なる仕様変更を容認したりするせいです。

お客さんの気が変わるたびに、言うなりになってしまうと、いくら経っても完成しません。

もちろん、「お客様は神様」なのでしょうが、これこれをいくらで請け負うという契約をしている以上、本来なら、追加が出たら、納期を伸ばすとか、お金をいただくとかしないといけません。

 

技術者は、技術の方はできても、交渉能力のない人が多いです。

ヒラの担当者ならよいのですが、管理ができない人が、上に立つと、相手との交渉や、仕事の割り振りが上手くできず、部下にしわ寄せがきます。

結局、それが残業につながります。

人間、少しは休まないと働けないものです。

 

 

そのため、その会社では、体調を崩したり、うつ病になったり、会社を辞める人が出てました。

最近のブラック企業とは、ちょっと意味合いが違いますが、昔は、残業する方が偉いと思っている人が多くいました。

今の自分なら、体を壊す前に会社を辞める決断ができますが、若いときは、なかなかそんなことも考えられません。

うつ病になった人や、会社を辞めていった人をみて、これ以上は続けられないと思って、結局、2年で退職しました。

 

まとめ

手に職をつけようと思って始めた、コンピュータの仕事。

その後、しばらく間をおいて、10年くらい続けることになるので、手に職はついていましたが、最初の2年は、大変でした。

今考えてみても、一度、区切りをつけたのは、よかったです。

長い目で見れば、健康は、一番大切ですから。

 

退職して、残ったのは、お金。

2年間働きずめで、遊ばず、ほとんどお金を使っていなかったので、貯金はありました。

そのお金で、アメリカに留学しました。

 

アメリカ留学とその後、自由すぎ?過去は変えられず
新入社員で就職して、2年で職場を去ることになりました。 その年の終わりに、アメリカに語学留学しました。 これまでの話 アメリカ留学 退職してから、色々考え、アメリカに語学留学しました。 2年間働きずめで...
スポンサーリンク
生活/日記
keicyaをフォローする
keicyablog

コメント