ブラックフライデーセールは感謝祭の翌日から

コラム

11月の第4木曜日は、感謝祭で、翌日はブラックフライデーです。

感謝祭は、家族の大切なイベント、家族が集まって楽しく会食します。

翌日からは、セール。

日本でも、11月後半に、ブラックフライデーセールが行われるようです。

ブラックフライデーセール

そもそもブラックフライデーという日は、感謝祭(Thanksgiving Day)の翌日を示しています。

感謝祭の翌日から、小売店のセールが始まるため、人が道にあふれることを指して、その言葉が生まれたと言われていますが、セールで、お店が黒字になるという意味にも使われているようです。

 

感謝祭は、11月の第4木曜日です。

日本では、あまりなじみはないですが、アメリカでは、クリスマスの次に大切な、家族のイベントの日です。

9月~10月の収穫時期が終わり、作物を売ったり、冬に備えて備蓄したり、そんな忙しい時期が過ぎて、やっと一息つけるのが、11月後半になります。

感謝祭の日は、家族や親せきが集まって、一緒に過ごします。

 

欠かせないのは、七面鳥の丸焼きです。

この時期は、お肉屋やスーパーに七面鳥が沢山売られていて、家族のサイズに合わせて、次々と買われていきます。

 

感謝祭は家族で食事

多くの人が感謝祭の前日に移動して、感謝祭を家族と実家で過ごし、週末に帰宅します。

感謝祭当日は、料理を作ったり、家族と共にくつろいだりして、夕食時間に集まって、会食をします。

日本でいうなら、お正月に親せきが集まる日、みたいなものです。

 

料理が並べられ、皆が席に着くと、丸焼きにされた七面鳥を切るのは、家長の男性の役目。

その家の「おじいちゃん」か「お父さん」が、肉をカットして、皆に取り分けます。

 

七面鳥は、鳥のささみをちょっとパサパサにした感じで、おいしいです。

焼くときに、出てきた油をグレイビーソースにして、肉と一緒にいただきます。

アメリカ人は、塩味とかはあまりつけないので、油そのものを、ターキーにかける感じです。

 

子供は、クランベリーが好きですね。

売っているクランベリーソースは、固めてあるものがあって、ハムみたいに切り分けられます。

ハムみたいになったソースを、自由にお皿にとって、ターキーと一緒にいただきますが、クランベリーソースは、甘いので、好き嫌いは好みです。

 

 

デザートには、アップルパイか、パンプキンパイが多いようです。

季節を感じるデザートを楽しんで、秋の夜長は、更けていきます。

 

まとめ

日本では、あまりなじみがありませんが、感謝祭は、家族で過ごす大切な日。

翌日は、感謝祭の売れ残りグッズを含めて、セールが始まるので、お買い物にいきます。

この時期の1ヶ月は、クリスマスプレゼントを用意する時期なので、購買意欲も増します。

感謝祭から、年末のHoliday Seasonが始まるので、人々も浮かれムードになります。

 

スポンサーリンク
コラム
keicyaをフォローする
keicyablog

コメント