ネパールチトワン国立公園 ジャングルで出会ったツアーガイド

ネパール旅行記

「欲望に優先順位をつけよう」という話を聞いていて、ふと、ネパール人のツアーガイドさんのことを思い出しました。

彼は、望みに折り合いをつけたのでしょうか。

 

チトワン国立公園

チトワン国立公園には、カトマンズから、パッケージツアーで行きました。

ホテルは、写真と料金で決めた、中級ホテルです。

ホテルでのアクティビティのリストも見ましたが、よさめでした。

 

旅行記はこちら

ネパールチトワン国立公園観光情報、象に乗ってジャングルサファリ
ネパールの首都カトマンズから、車で数時間、チトワン国立公園(Chitwan National Park)は、手付かずの自然が残るジャングルです。 ネパール旅行の際は、ぜひ訪れ、自然を堪能し、野生の動物ウォチイングをしてみてください。 ...

 

チトワンの予約したホテルに到着すると、まあまあのホテルで、中級だな~といった感じでした。

フロントで、食事やアクティビティの説明を受けてから、チェックイン。

初日の夕方は、ガイドさんとウォーキングツアーです。

 

ツアーガイドの青年

ホテルのツアーガイド

各ホテルは、通常、専属のツアーガイドを雇っています。

ガイドになるには、知識が必要で、試験を受けて、国からライセンスをもらった人だけが、公式ガイドとして働けます。

ホテルの専属ツアーガイドは、20歳くらいの青年でした。

彼は、結婚していて、子供が生まれたばかりだそうです。

 

チトワンへは、オフシーズンの終わりころに行きましたが、オフシーズンとはいえ、お客さんは、パラパラ来ています。

もちろん、私もそのうちのひとり。

ひとり旅だったので、ガイドさんも、色々オフレコ情報を教えてくれます。(愚痴も含まれる)

 

私のガイドさんは、子供が生まれたばかりなので、休みがほしいと申し出たそうですが、「ホテルに出社しないなら、給料はあげない」と言われたそうです。

お客さんもまばらな時期だったので、休んでも支障ないと思うのですが、ダメとのことです。

しかも、子供ができたので、給料上げてほしいと頼んだら、お客が少ないので、それもダメと言われたそうです。

かなり、腐っていました。

 

そのガイドさんは、ジャングル大好きで、ツアーガイドの仕事は好きなのだけど、その仕事では、稼げないそうです。

4つ星か5つ星ホテルに移れれば、もっと給料もらえるのにな~と言っていました。

 

 

高級リゾートホテルとは

では、どういう人が高級ホテルに泊まるの?

そもそも高級ホテルは、町中にはありません。

リゾートホテルは、川のほとりなど、周りに何もない、眺めのよいところに、ポツンと建っています。

食事つきのオールインクルーシブになっていて、欧米の団体さんなどが泊まります。

 

アクティビティは、送迎つきだし、食事は含まれているので、リッチにホテルライフを楽します。

現地の物価を考えれば、「安い」ということでしょう。

従業員から見れば、上手くサービスすれば、チップも沢山もらえます。

そういったホテルの場合、ガイドは、知識や人柄も大切ですが、英語力も必要になってきます。

 

 

豊富な知識とせまい心

私のガイドさんは、知識的にはすごいのだけど、英語は、もうひとつでした。

基本の動詞が間違っているので、推測で意味はわかるのだけど、かなり変な英語です。

彼が知識のある理由のひとつは、10代のときに象つかいをやっていたので、象や動物に大変に詳しいということです。

 

だたの知識ではなく、好き、且つ、実地で習得した知識なので、すごいです。

しかし、10代のころから、働くというのは、学歴では劣ることになるので、学校で英語を学んだことがなく、かなり自己流になってしまっています。

高級ホテルに採用されるとなると、英語力が足りない分、ちょっとハードルが高くなります。

マナーなども劣ってしまっているかもしれません。

 

そのガイドさんは、お金がほしいので、個人的なツアーの営業をかけてきました。

彼が、稼ぎたいのはわかりますが、ホテルのアクティビティ以外で、行きたいところもなかったし、「ホテルにいくら払ってるんだ!」とか聞かれたために、こちらも気を悪くしました。

 

私の持っている水中カメラを売ってほしいとか、まあ、色々言ってきて、いい人なんだけど、お客がどう感じるか、推測できないようでした。

たぶん、教えてくれる人もいなかっただと思います。

 

 

ネパール人は、中東の産油国に出稼ぎに行っている人も多いです。

ガイドさんも出稼ぎに行きたいと言っていました。

レストランのようなところや、住み込みで働くと、結構稼げるからです。

でも、ジャングルを愛する青年が、家族と離れて、砂漠の異国で暮らすのは、むずかしいと思いました。

 

まとめ

ネパールの田舎に住む若いツアーガイドさん。

若さゆえか、夢を見てしまっていました。

現実的に、英語を勉強して、高級ホテルに転職できるとよいのですが。

彼は、今頃どうしているのでしょう。

スポンサーリンク
ネパール旅行記
keicyaをフォローする
keicyablog

コメント