ネパールチトワン国立公園 行き方と季節 象に乗って動物サファリ

ネパール旅行記

チトワン国立公園(Chitwan National Park)は、ネパールの首都カトマンズから、車で数時間、手付かずの自然が残るジャングルです。

野生動物にも合える、カトマンズから2泊3日で行ける、おすすめ観光地です。

 

スポンサーリンク

チトワン国立公園への行き方

カトマンズから2泊3日の現地ツアー

チトワンへは、カトマンズから、2泊3日ほどのパッケージツアーに参加するのが、最も簡単な方法です。

カトマンズには旅行会社が沢山あるので、簡単に申し込めます。

移動手段やホテルによって、料金が大きく異なるので、旅行会社を、2社以上あたって比較するのがおすすめです。

チトワンへの移動手段

チトワンへの移動手段は、空路と陸路があります。

1~2名の旅なら、ツーリストバス+ホテルをアレンジしてもらうのがよいです。料金が安いです。

3~4名以上なら、車をチャーターすると、時間を短縮できます。

大型バスでは、通常6時間くらいかかるところを、小型車なら、4~5時間で移動できます。

チャーター車の場合、休憩も自由にとれるので、子供さんがいる場合などは、特に便利です。

 

ネパール個人旅行記 カトマンズ チトワン ポカラ パタン観光7泊
ネパールを個人手配で、旅行しました。 カトマンズのタメル地区2泊、チトワン国立公園2泊、ポカラ2泊、カトマンズのパタン地区1泊です。 ネパールは、ヒマラヤ登山で有名ですが、カトマンズ周辺に、世界遺産が点在するので、登山以外の観光...

 

チトワンのホテル

ホテルは、安宿から、5つ星ホテルまで、さまざまです。

安宿は、ソウラハ村にあり、リゾートホテルは、周辺の景色の良い場所に点在しています。

カトマンズの旅行会社には、ホテルのグレードによって、様々な、パッケージツアーのプランが用意されています。

もちろん、ツーリストバスでソウラハ村に行き、ホテルを探すことも可能です。ただし、雨季の雨や暑さには注意が必要です。

 

ネパール個人旅行 カトマンズ ポカラのホテル ネット予約と感想
雨季の終わりに、ネパールを個人旅行しました。 7泊の予定で、カトマンズとポカラのホテルは、インターネットで予約しました。 このブログでは、カトマンズとポカラで、実際に泊まったホテルを紹介します。 予約に使ったサイトは、ag...

 

現地ツアーに含まれるもの

現地パッケージツアーの料金は、ホテルのランクにより、左右されます。

通常含まれるものは、ツーリストバス代、3食付きホテル代、アクティビティ代です。

ツアー申込前に、ホテルのアクティビティを確認しましょう。

また、帰りのバスの行先を変更することも可能なので、旅行会社に相談しましょう。

カトマンズの滞在ホテルで申し込むと、コミッションを取られることがあるので、旅行会社と比較するのがおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

チトワン国立公園のベストシーズン

乾季11月~

旅のベストシーズンは、日本の冬の時期です。

9月くらいまでは、雨季なので、道路状況によって、移動がむずかしくなる場合があります。

陸路の場合、カトマンズからは、大型バスが通れる道路が、1本しかないため、9月ごろまでの雨季に土砂崩れが発生すると、全面通行止めになることがあります。

また、雨季の間は、飛行機が欠航になることが、よくあります。

 

雨季に訪れる場合

雨季にチトワンに行く場合、もし、出発前に土砂崩れの情報をキャッチしたら、バスはあきらめ、小型車をチャーターすることをお勧めします。

通行止めが起こっても、小型車なら、抜けやすいし、小さな道路で迂回することができます。

 

11月以降の乾季になれば、土砂災害は、基本的にはなくなるので、安心です。

雨季は、雨の心配があるとはいえ、草木の緑を見るのは、気持ちのよいものです。

動物に出会える時期

動物を見るのには、乾季がベストです。

公園内も、水が引くため、動物に出会うチャンスが多くなります。

ジープサファリなどのアクティビティも増え、公園内の移動も楽になります。

 

スポンサーリンク

 

公園内のアクティビティ

公園内には、ホテルが用意している、各種アクティビティがあります。

選ぶのに迷った場合は、ホテルの専属ガイドに聞くのが一番です。

季節にあったもの、一番、動物に出会えるものを選んでくれます。

 

エレファントサファリ

エレファントサファリ

エレファントサファリ

 

アクティビティの一押しは、やはり、エレファントサファリです。

4人一組で象に乗って、公園内を見学します。

雨季でも、泥の中をどんどん進み、鼻で木の枝を折りながら、川を渡るのは、ダイナミックです。

象の鼻って、食べ物を取るためにあるためだけではなく、木を避けたり、枝を折ったりするためにあったのだと、あらためてびっくりします。

 

ジープサファリ

ジープで、公園内を巡ります。

ガイドによると、雨季の時期は、あまり動物が見れないので、ジープサファリは、乾季のほうがよいとのことです。

 

ボートツアーとハイキング

ボートで川下りをしてから、ハイキングをします。

珍し鳥などを見ることができます。

keicya
keicya

ハイキングシューズを忘れずに!

バードウォッチング

チトワンには、世界全体の鳥類の内の5%が生息しているとも言われているので、ぜひ、注意して、木々の間を見てみましょう。

ホテルのイベントのバードウォチイングは、朝食前の早朝が多いようです。双眼鏡持参で、出かけましょう。

 

チトワンの動物

インドサイ

インドサイ

インドサイ

 

他ではあまり、見れない動物が、このインドサイ(Rhino)です。

エレファントサファリ中に、見ることができます。

川べりにいることも多いので、ホテルの周辺の川を、散策してみましょう。

 

チトワン国立公園の行き方と観光 まとめ

チトワン国立公園は、カトマンズから、2~3泊で行ける観光地です。

都市部の喧噪を離れて、森林浴をしながら、珍しい動物を探してみましょう。

 

海外旅行保険について

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク