ルアンパバーン旅行記、ラオスの世界遺産、寺院と滝の観光

ラオス旅行記

ラオス個人旅行の最終観光地は、古都ルアンパバーンです。

3日間で、街並み、自然、歴史的建造物を見学して、休日最後を締めくくりました。

ルアンパバーンは、街全体が世界遺産になっています。

ルアンパバーンへは

国際線

ルアンパバーンには、国際線が到着するため、日本から経由便を利用して、直接入出国することができます。

年末年始ラオス旅行記、ビエンチャンからのルート、航空券とホテル
年末年始7泊のラオス旅行の、ルートを紹介します。 ビエンチャン入国の、ルアンパバーン出国です。 ルートは、陸路移動で、ビエンチャン2泊、バンビエン2泊、ルアンパバーン2泊です。 航空券 日本から、ラオスへの直行便はないため、...

 

ビエンチャン

ビエンチャンからは、国内線または長距離バスの発着があります。

ルアンパバーンとビエンチャン、両方を観光したい場合は、国際線の入出国で対応するのが、お勧めです。

バンビエン

陸路で、バンビエンを経由する場合は、ミニバスが利用がよいです。

移動時間を短縮できます。

ラオスのバンビエン旅行記、自然満載のアウトドアアクティビテイ
ラオスのバンビエンは、首都ビエンチャンと、古都ルアンパバーンの中間地点。 山と川に囲まれた、のどかな町です。 アウトドア・アクティビティで、自然を満喫することができます。 陸路移動 ビエンチャンからのバス ビエンチャンから...

 

バスターミナル

ルアンパバーンのバスターミナルは、北方面と南方面に分かれています。

ビエンチャン、バンビエン方面の、南方面バスターミナルは、町の中心からやや離れています。

長距離バスが到着すると、中心まで、有料送迎トラックが来るので、ホテルが遠い場合は、送迎トラックを利用しましょう。

バスターミナル付近にも、ホテルはあります。

 

世界遺産ルアンパバーン

シーサワンウォン通り、サッカリン通り周辺

ルアンパバーンの観光の中心は、メコン川沿いに集中しています。
寺院などを見学しながら、徒歩で回れます。
レストラン、旅行会社、ナイトマーケットもこのエリアにあるので、のんびり散策するのがよいでしょう。

ルアンパバーン国立博物館

王宮だった建物の広間と調度品は、見ごたえ十分。

撮影禁止で、荷物を預けなければいけないため、ホテルが近い人は、何も持たずに出かけるのもよいと思います。

ワット・マイ

博物館の隣にある寺院。

本堂に安置された仏像と美しい壁画が見どころです。

ワット・シェントーン

ルアンパバーン様式の、建造物が見事な寺院。

本堂の他に、モザイク画が美しいレッドチャペルも見れます。

 

 

プーシー

ルアンパバーンとメコン川が一望できる丘。

行きは、国立博物館の向いにある階段をのぼり、帰りは、反対側の階段を降りるのがお勧めです。

階段を降りた後に、以下の寺院巡りをするとよいです。

ワット・ビスンナラート

黄金の仏像が安置された寺院。

ワット・マノーロム

本堂の装飾と壁画が美しい寺院。

ワット・タート・ルアン

大きな仏塔が目印の寺院。

ワット・パバートタイ

ベトナム様式の寺院。

メコン川沿いにあるので、夕方訪れると、沈む夕日が見られます。

日没は、年末年始なら、18頃です。閉館時間に注意しましょう。

 

アウトドア用品買うならエルブレス

タート・クワーンシーの滝

滝の流れと下流の川が美しい、タート・クワーンシーの滝は、観光の目玉です。

乗り合いバンやトゥクトゥクで行くのもよいですが、周辺の山や村のハイキングが含まれているツアーがあるので、1日時間が取れ、体力があるなら、ハイキングツアーがお勧めです。

ハイキングツアーは、午前中に出発して、野道を歩いてから、昼食後、滝に向かいます。

滝の上部分から、下に降りるので、滝の全貌を眺めることができます。

ルートは、旅行会社によって違うので、料金と相談で、決めましょう。(混在ツアーで、50USD~、2019年現在)

 

 

パークウー洞窟

パークウー洞窟は、小さな仏像が安置された、メコン川沿いの洞窟です。

乗り合いボートで、川の眺めを堪能しながら、訪れることができます。

旅行会社のツアーなら、船を途中下車して、観光したり、洞窟観光後に、船上での昼食がついています。(昼食付きツアー、25USD、2019年現在)

 

 

洞窟観光なしの遊覧船もあるので、メコン川クルーズのみを楽しみたい方や、サンセット鑑賞をしたい方は、そちらがお勧めです。

冬場の船上(特に朝)は、かなり寒いので、ジャケットやコンパクトダウンを、もっていくとよいです。

サポーターが徹底支援。キャリアサポートサービスの「クラウドテック」

まとめ

ルアンパバーンは、自然と歴史を楽しめる街です。

数日、時間を取って、ゆっくり観光するのがお勧めです。



海外旅行保険は必要! 海外旅行中の不慮の怪我や病気に備えて
航空券や海外旅行を申し込む際に、海外旅行保険の加入を勧めれらますが、本当に必要? ずばり、必要です! ですが、不慮の事故にあう確率はかなり低いので、高い保険料を払うより、海外旅行付帯保険付きのクレジットカードを持ちましょう。 ...
にほんブログ村に登録してみた、初心者ブロガーのアクセスアップは?
書籍を出版した人気ブロガーさんが、「にほんブログ村」に登録しているのを見て、私も、ブログ村に登録してみました。 初心者ブロガーの、アクセスアップにつながるのかどうか、わかりませんが、登録して様子を見てみます。 rakuten_d...

コメント

タイトルとURLをコピーしました