固定電話の必要性は? 固定電話をWEB116で解約予約

生活/日記

スマートフォン購入で、新規電話番号を取りました。

固定電話の継続は、必要でしょうか?

固定費の削減と、固定電話向けの営業電話回避のため、固定電話の解約を検討しました。

 

スポンサーリンク

固定電話の必要性は?

自宅にインターネット光回線を引いていて、IP電話を利用していました。

IP電話は、基本料金も安く、あまり電話を使わない人には便利な固定電話です。

 

しかし、スマホ購入で、新規の電話番号を取ったため、固定電話の解約を検討しました。

元々、各種連絡は、メールでするほうなので、電話はあまり使いません。

通話料無料のスマートフォンがある今、使わない固定費は、下げるべきと考えます。

 

固定電話の必要性を考えると、固定電話は、長年にわたり、信用性が高いと思われてきました。

特に携帯電話が普及して間もないころは、固定電話の番号を確認されることも多かったです。

 

今の時代は、ショートメッセージの普及により、携帯の番号を持っていない方が、各種申請や所有者確認に不利になります。

普段の通話もスマホでできるため、固定電話を持つ意味は、あまりありません。

しかも、固定電話には、自動で電話をかけてくる営業電話も多く、不快な思いをすることもあります。

固定電話のデメリットを考えると、解約という選択肢が妥当です。

 

スポンサーリンク

 

固定電話をWEB116で解約予約

 

NTT加入電話の解約の手続きは、116番に、電話することでできます。

電話する前に、契約者情報と光回線IDを用意しておきます。

 

インターネットで予約の場合は、NTTの「WEB 116」というWEBページから申し込みます。

WEB116のページを開いたら、注意書きを読んで、解約予約申し込みのページに行きます。

 

解約予約申し込みのページで、契約者情報と光回線IDを入力します。

解約希望日と、解約後の「電話の案内メッセージ」を選びます。

電話の案内メッセージとは、「この電話は、現在使われておりません。」などです。

希望の入力が終わったら、送信します。

 

WEB116で、解約予約をした数日後に、NTTから電話がかかってきました。

NTTのオペレータさんから、入力内容の確認等が行われます。

基本料金の締め切りは、月末のため、解約は、月末になりました。

月末最終日の日中に、NTT内で、回線を使えなくする設定に切り替えるため、前日までは、固定電話を利用できます。

 

申し込みの確認後、別の担当者が電話に出て、解約の内容を再確認した後、申込完了となります。

一度解約すると、電話番号を戻したりできないため、再確認があるようです。

固定電話向けの営業電話等を避けるために、新電話番号の案内もやめて「現在使われておりません」のメッセージにしてもらいました。

「長い間ありがとうございました」とのことでした。

 

あとは、月末に、自宅の電話機の取り外しを行うだけです。

月末前日までに、固定電話から、スマホ電話への、各種番号変更を完了させます。

最終日当日のお昼頃、光電話は不通になり、電話機を取り外しました。

 

楽天モバイル申込 & simフリースマホ購入 スマホ初心者の使い方
楽天モバイルの申込と simフリースマホの購入で、初心者がスマホを開通しました。申込、初期設定、開通、楽天Linkのインストール、楽天モバイルポータルサイトの使い方などを紹介します。

 

まとめ

スマートフォン購入で、新規電話番号を取ったため、固定電話を解約しました。

携帯電話の普及により、固定電話を持つ必要性はなくなりました。

固定費の削減と営業電話回避のための選択です。

 

楽天ひかりに事業者変更 承諾番号取得後 楽天ひかり申し込み
光回線で自宅のインターネットを利用している場合、事業者変更で、プロバイダを乗り換えることができます。楽天モバイル契約後、楽天ひかりに、事業者変更申し込みをしました。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク