飛行機内でのマスク拒否やシートベルト拒否 ツアー中の迷惑行為

コラム

飛行機の機内など、狭い場所でのマスク着用が当たり前になりました。

そんな中、マスク着用を拒否する人もいます。

海外旅行中の機内でのシートベルト拒否や、ホテルで迷惑行為。

こんな人には、どう対応したらよいのでしょう。

 

スポンサーリンク

飛行機内のシートベルト拒否やツアー中の迷惑行為

コロナでマスク着用が当たり前となる中、飛行機の機内で、マスク着用を拒否した人がいました。

国内線のため、それほど長時間の着用ではないはずですが、なぜ、そんなに抵抗するのでしょう。

迷惑行為とわかっていながら、わざとやっているのでしょうか。

そのニュースを見て、旅行中の「迷惑おじさん」のことを、思い出しました。

 

数年前、中国に観光旅行に行ったときのことです。

3泊4日のパッケージツアー中に、60代くらいの男性がいました。

一人参加するのはよいのですが、たった数日の間に、数々の問題を起こしていました。

 

まず、行きの国際線機内で、シートベルトの着用を拒否し、女性乗務員を困らせていました。

なぜ、シートベルトをしないと、言い張るのかわかりませんが、結局、説得に応じませんでした。

機内で大きな揺れが起こった場合、自分だけでなく、周りの乗客にも迷惑がかかるので、ベルトは必須です。

 

その人は、帰りの飛行機では、一番後ろの席にさせられ、周囲は空席で、他の乗客を座らせないようにしていました。航空会社側が、手配したようです。

空いている飛行機だったのでよいのですが、帰りの便でも、シートベルトを拒否していました。

 

迷惑おじさんは、中国での観光中、日本人ツアー客にはあまり変な態度は取らなかったのですが、現地ガイドさんには、暴言を吐いていました。

ガイドさんを見下す態度が見苦しく、他の日本人ツアー客は、引いていました。

そのため、ツアー客は、自然とその人を避けるようになり、その人は、面白くないようでしたが、皆、怖いので、かかわりになりたくないと思っています。

 

そして、事件は、ホテルで起こりました。

迷惑おじさんは、ホテルの部屋でタバコを吸って、ベッドを焦がしたあげく、従業員を殴ったそうです。

朝、出発が遅れて、なんで待たされているのかよくわからないでいると、中国語の話せる友人が、ホテルスタッフが話しているのを聞いて、迷惑行為を教えてくれました。

ベッドを焦がした等のことは、お金で解決したようですが、ホテル側は、相当、怒ったようです。

 

お金を持っているなら、ツアーではなく、個人でガイドを雇って、好きなように旅行すればよいのですが、「孤独なおじさん」は、団体に属したいようです。

しかも、ホテルの部屋でも、帰国前の空港でも、飲んでいたそうです。

人に迷惑をかけると、余計に嫌われるのに、本人は理解しません。

 

スポンサーリンク

 

ツアー中の迷惑客 どうしたら? 対策は

 

パッケージ旅行中に迷惑な客がいたら、どうしたらよいのでしょう。

ツアー中は、基本的に波風を立てない方がよいです。

同じバスや飛行機を利用するので、なるべく避けるしか、手立てがありません。

飲んでいたり、いつ逆ギレされるかわからないので、怖さもあります。

 

ツアー後は、アンケートに書くとか、旅行会社に報告するのがよいです。

2度とその人と会うことはないのですが、他のお客の迷惑にもなるので、報告したいものです。

 

報告の際は、人物の特徴や具体的な迷惑行為、名前がわかれば、名指します。

迷惑客は、過去に何度も同じことをしていて、旅行会社から、申込を断られることがあります。

そのため、断られると、違う旅行会社に行き、また、同じことをして、出入り禁止になります。

 

また、旅行中に嫌がらせを受けたら、ガイドさんに相談するのもよいですが、ガイドさんの報告だけでは、出入り禁止等にするのは難しいので、お客さんの声が重要です。

中国旅行の際の迷惑おじさんは、誰かが名前を聞いたら、名乗らず、愛称みたいなものを言ってきたそうです。

本名を明かさないのは、ある程度、自分に問題があるのを知っているからです。

 

上記の迷惑おじさんのせいで、散々な目に合った中国人のガイドさんは、ツアー客に名前を教えていました。

普通は、そういうことはしないらしいですが、複数客が、アンケートに書くことによって、迷惑行為が日本の会社側に伝わるので、書いてほしいと訴えていました。

今後のためにも、皆「アンケート書くよ」と言っていました。

 

まとめ

機内でのマスク拒否や、シートベルト拒否の迷惑客は、旅行中やホテルでも迷惑行為をしています。

逆ギレが怖いので、なるべく上手く避けて、係員や旅行会社に報告しましよう。

そのような人は、後を絶たないようですが、自分が楽しく旅行するには、適切な対応が必要です。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク