航空会社の新サービス チャーター機の遊覧飛行 機内食通販

コラム

航空会社は新サービスの、国内遊覧飛行を始めています。

成田空港などの国際線発着の空港から、チャーター機で、2時間余りの空の旅をします。

ANAカメのマークの「フライングホヌ ANA FLYING HONU」なら、ちょっぴりハワイ気分も楽しめます。

スポンサーリンク

航空会社の新サービス チャーター機の遊覧飛行

コロナ禍で、航空会社が新たなるサービスを始めています。

全日空の成田空港発「成田行き」の航空券は、チャーター機の搭乗券です。

コロナ禍で、ANAが始めた遊覧飛行は、成田を出発して、九州で旋回し、成田に戻ります。

旅行ができない昨今、少しでも、旅行気分を味わいたい人におすすめのフライトです。

 

飛行機内は、3分ごとに空気が入れ替わる換気システムがあり、安心です。

初めて飛行機に乗る子供たちも、空からの景色を見て、喜びます。

 

遊覧飛行で、楽しみなのは、機内食です。エコノミークラスでも、ワンランク上の機内食がサービスされるので、ちょっとリッチ食事が楽しめます。

売上の落ちている航空業界は、新しいサービスで、収益アップを狙います。

 

ANA国内チャーターイベント特集

 

遊覧飛行や機内食通販で収益アップ

 

最初の緊急事態宣言から、1年以上が経ちました。

コロナの波は、まだ収まらないどころか、拡大の可能性があります。

旅行業界は、収益が落ち込み、いつ回復するかもわからない状況です。

 

コロナ終息のめどが立たないため、海外旅行ができるようになるのは、数年先とも言われています。

しかも、ワクチン接種も遅れており、変異ウイルス蔓延で、旅行をする気分もなくなりました。

そんな中、売上が落ち込む、航空業界の新たなるサービスが、遊覧飛行や機内食の通信販売です。

 

もよりの空港から、2時間程度で旅行気分が味わえるチャーター機の遊覧飛行。

換気が徹底されているため、食べながらおしゃべりをしなければ、機内での食事も安心です。

エコノミークラスで、1万円弱となれば、お財布にやさしいと考える人も多いです。

 

機内食は、気圧によって味が変わるため、機内で食べるための味付けにされています。

普段、移動のために飛行機に乗っている人は、楽しみというより、お腹か空いたからとか、時間がつぶれるからという理由で、機内食を食べている人も多いですが、遊覧飛行なら、ゆっくり味わって食べられます。

 

機内食の通販も始められていて、順調に売り上げが伸びているようです。

収益ももちろん大切ですが、何より、食事を作る人、サービスする人、空港で働く人たちに、仕事が与えられるのがよいことです。

新サービスが定着して、将来的にも、一定の需要が得られれば、航空会社の存続や雇用の問題が解消されます。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ANAが始めた国際線空港からの遊覧飛行。

人気があり、予約も順調に伸びています。

航空会社は、人に喜ばれる新サービスの提供で、将来に活路を見出そうとしています。

 

海外旅行にスマホはいらない?不便で非効率な旅は楽しい
今やほとんどの人が持っているスマートフォン。 個人で、海外旅行に行くためには、必需品と思われています。 でも、本当にスマートフォンは、必要でしょうか。 非効率な旅も、楽しいのでは? 家族や友達とつながることを否定はし...
飛行機内でのマスク拒否やシートベルト拒否 ツアー中の迷惑行為
狭い場所でのマスク着用が当たり前になる中、マスク着用を拒否する人がいます。海外旅行中でも、機内でのシートベルト拒否や、ホテルで迷惑行為をする人がいます。どう対応したらよいのでしょう。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク