2021年いつもと違うお正月 初詣は分散 陽のおみくじはお守りに

生活/日記

2021年が明けました。

今年は、いつもと違うお正月です。

新型コロナウイルス感染防止のための、初詣の分散も、推奨されました。

気持ちだけでも、新年を祝って、明日に備えます。

 

スポンサーリンク

2021年いつもと違うお正月

日の出

日の出

2021年のお正月は静かなものでした。

年末の新型コロナ感染状況を見ると、なるべく自宅で過ごすべきと、多くの人が感じたと思います。

例年に比べると、初詣や初売りの人出は、少なかったようです。

自ら進んで、分散に心がけた人たちも多かったのでしょう。

 

新年は、家族で食べるお寿司を予約して、持ち帰りました。

そのお寿司屋さんは、三箇日は、テイクアウトのみの営業だったそうです。

かき入れ時ではありますが、職人さんとお客さんの安全も考えて、持ち帰りオンリーにしていたようです。

 

初詣は分散で!

2021年 新年

2021年 新年

 

初詣は分散で!、ということで、1月の2週目に、千葉神社に初詣に行きました。

どこに初詣に行くかは決めていないので、毎年、行けるところに行っています。

年末からの新型コロナ感染者の急増で、社会が暗いため、神様にコロナ終息をお願いしたいです。

初詣は、諸説ありますが、2月の節分まで、初詣とみなされるようです。

 

千葉神社は、三箇日を過ぎたせいか、人出は、あまり多くありませんでした。

しかし、お参りをする、本堂の前には、20mくらいの列ができていました。

ソーシャルディスタンスを取りながらお参りをして、おみくじを引きました。

 

千葉神社には、色々なおみくじがあります。

「幸福おみくじ」

「招き猫おみくじ」

「金勝おみくじ」

「天然石おみくじ」

「陽のおみくじ」など

どれを引いたらよいのか、迷います。

それぞれのおみくじには、開運のお守りのようなもの入っているので、持ち帰って、お守りにできます。

 

スポンサーリンク

 

陽のおみくじは、お守りに

今回引いたのは、金色の「陽のおみくじ」

中には、金色のキーホールダーが入っていました。

銀色の方は、「月のおみくじ」ですが、明るくなるためにも、金色を選びました。

陽が注ぐ年になってほしいものです。

 

 

陽のおみくじは「末吉」

毎年、末吉のような気がしますが、予想通りというか、また、末吉でした。

神社によって違うそうですが、おみくじで末吉が出る確率は、数パーセントらしいです。

末というのが、年末までのことなのかどうかわかりませんが、「吉」になる前に、「末吉」が続くと、永遠に「吉」が、遠ざかりそうです。

いずれは、よいことがありますように!

 

末吉「斜陽 西に傾き始めた陽 明日はまた来る。備えよ常に。」

おみくじに書かれていたことは、まさに、今の状態です。

 

どんなに大変なことがあったとしても、明日はまた来るのです。

辛いことや悩むことがあっても、明日が来たら、また、歩むのです。

明日のためにできることは、「今日、備えよう」ということです。

 

2021年 新春 まとめ

2021年のスタートは、「緊急事態宣言」ではじまるようです。

道行く人々は、普通に歩いていますが、先が見えない状態です。

目に見えないウイルスによって、すべてが狭められているように感じます。

いつか陽がさすことを望みながら、今、備えられることをしたいと思います。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク