ジョアン・カルロス・マルティンスの軌跡 不屈のピアニストとは

コラム

「奇跡体験アンビリバボー」の「負けてたまるか」の特集で、ブラジル人ピアニストのジョアン・カルロス・マルティンスが紹介されていました。

病気や怪我に見舞われても、なお、演奏し続けるジョアンに感動しました。

 

スポンサーリンク

ジョアン・カルロス・マルティンスの軌跡

幼いころ、腫瘍が見つかり、外で遊ぶことのできなかったジョアン。

父親は、彼に、ピアノをプレゼントします。

練習を始めると、すぐに才能が開花します。

少年演奏家として、プロデビューし、卓越した技術で、観客を魅了します。

20歳の頃には、カーネギーホールで、演奏するまでになります。

しかし、右手の指3本が動かなくなる怪我を負い、演奏活動から、身を引きます。

 

3年ののち、右手は少しづつ回復し、また、ピアノの演奏を始めることに。

彼の復活は、観客にも、好評をもって、迎えられます。

 

ジョアンが、演奏活動を再開できるようになってから、数年後、今度は、強盗に襲われ、また、右手が使えなくなってしまいます。

なんとも、不運ですが、ジョアンは、左手のみで、高度な演奏をし、アルバムも出します。

 

しかし、三度、不運が!

左手の酷使により、神経麻痺を起こします。

両手がほぼ使えなくなったジョアンは、ピアニストから、指揮者に転向し、新たな才能を開花させます。

そして、リオデジャネイロ、パラリンピックでは、右手の親指と、左手の親指と人差し指のみで、スローテンポにアレンジした国歌を演奏して、称賛を受けます。

 

その後、ジョアンは、演奏活動から、引退しました。

ある日、コスタという工業デザイナーが現れ、彼が考案した、指をサポートするグローブを、ジョアンに提供します。

そのグローブをつけることにより、ジョアンは、ふたたび、両手で演奏できるようになります。

御年80歳のジョアンではありますが、「夢を追いかければ、夢の方から近づいてくる」と、未来を語っていました。

 

不屈のピアニストとは

ジョアンさんは、子供の頃は、病気で辛い思いをしたはず。

ピアノを学び、演奏することによって、自分を表現して、音楽を世界に発信してきました。

 

しかし、ピアニストには致命傷の、手の怪我で、心身共に、落ち込んだのではないでしょうか。

しかも、1度ではなく、度重なる怪我で、崖の下に突き落とされるような思いをしたはずです。

ご本人は、「神は乗り越えられない試練は与えない」とおっしゃったそうですが、簡単には、乗り越えられないような試練だったと思います。

 

怪我の回復やリハビリは、忍耐と根気が要ります。

もちろん、痛みや苦痛にも耐えなければなりません。

努力をするのは、「元に戻りたいという」一心からです。

 

一度、怪我をすると、怪我の前と全く同じに戻るというのは、むずかしいです。

ある程度回復しても、後遺症が残ったり、変形したり、色々な障害がでます。

しかし、ジョアンさんは、不屈の精神で、乗り越えました。

だからこそ、彼に、また、演奏してほしいと思う人が出てきたのです。

 

ジョアンさんは、高齢にもかかわらず、装具を使い、生き生きと演奏しています。

両手が使えるのは、すばらしいことです。

きっと、感謝を込めて、ピアノを弾いているのでしょう。

その音色は、美しく、優しさがこもっています。

辛い経験があったからこそ、今の喜びを噛みしめられるのだと思います。

 

スポンサーリンク

 

奇跡のグローブ

ジョアンさんが使用しているグローブは、指先を切り落とした、手袋状になっています。

これをつけることにより、曲がった指を伸ばし、ピアノを演奏することができます。

指を伸ばすだけではなく、サポート力もあるように見えます。

 

手をサポートするグローブは、高価でもなく、手に負担をかけずに、使用できるようです。

怪我や、何らかの障害を持つ人に知ってもらい、役立つとよいと思います。

 

まとめ

数々の困難を乗り越え、ピアニストとして、復活したジョアン・カルロス・マルティンス。

彼の軌跡は、「マイ・バッハ 不屈のピアニスト」として、映画化もされています。

 

また、手の指に、動きを取り戻すための、画期的なグローブが開発されました。

ジョアンさんばかりでなく、グローブを使って、再び手を使える人たちが出てくれば、と思います。

 

マイ・バッハ 不屈のピアニスト 【DVD】マイ・バッハ

 

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク