運動神経ゼロでもテニスを始めて、動体視力、俊敏さ、握力を改善

コラム

2020年9月、大阪なおみ選手、2年ぶりの全米オープンテニス、優勝おめでとうございます。

思えば、テニスをしていたのは、20年以上も前です。

運動神経ゼロでしたが、テニスで、楽しく、運動能力を改善しました。

運動神経ゼロの子供

私がテニスを始めたのは、20年以上も前のことです。

友達がテニスをやっていると聞き、何かスポーツをしたいと思っていたので、始めてみることにしました。

 

元々、運動は、大の苦手

体も硬いし、運動神経ゼロです。

学校の体育の時間は苦痛で、体育祭は大嫌いでした。

子供の頃の運動は、やらされていたので、嫌でしたが、大人になって、運動苦手を克服したいと思い、自主的に始めてみたのがテニスです。

 

お茶・コーヒーなど|ROOM - 欲しい! に出会える。

 

テニス開始、スクールへ

お試し体験

もちろん、何もできないので、とりあえず、近所のテニススクールへ。

道具も貸してくれる、お試し体験に行きました。

はじめてなので、ボールがラケットに当たらない感じでしたが、継続することに!

週1レッスン

マイラケットだけは必要なので、Wilsonのスタンダードモデルのラケットを買って、週1回、レッスンに通いました。

最初は、コーチのボールがよけきれず、おなかに当たったこともありました。

そのうちに、出されたボールは、返せるようになってきました。

レベルアップ

年配の男性コーチは、ひとつできると、もう一段階むずかしいことを要求してくるので、なんとか、少しづつ上達していきました。

「初級」から「中級」になるまでの、道のりは長かったけれど、自分でもできるんだな、と思えたのはよかったです。

 

 

テニスで運動能力UP

動体視力と俊敏さ

運動神経ゼロの私でも、テニスをやっていたおかげで、動体視力が身につきました。

近視で目が悪かったのですが、動体視力は、訓練で鍛えられます

テニスは、走り回るだけでなく、すばやく動いて、一瞬止まって打つので、「機敏さ」と「静止」ということを覚えました。

これは、プレーするうえで、必要なので、自然と身に付きます。

反復横跳び

普段から、テニスをやっていると、反復横跳びの能力が、あがります。

反復横跳びそのものを、練習するのはおもしろくないけれど、楽しくスポーツをしながら、俊敏さを身につけるのは、よいことです。

握力の向上

テニスをやっていると、ボールを打つときに、ギュッとラケットを握るので、握力が上がります

最初は、ボールの衝撃で、手首がグニュッと折れる感じのときもありましたが、だんだんに握るコツをつかめてきます。

非力さをカバーするために、バックハンドの両手打ちを勧められたので、左手の握力も向上しました。

日用品・雑貨など|ROOM - 欲しい! に出会える。

 

まとめ

きっかけがあり、始めたテニス。

運動神経ゼロでも、継続することで、少し運動能力があがりました。

テニスとは別の理由で、膝を痛めて、テニスは止めてしまいましたが、若いときに始めていたのは、よかったです。

苦手なものを克服する第一歩にもなりました。

 

ファッション・スポーツ|ROOM - 欲しい! に出会える。

 

ネパールチトワン国立公園観光情報、象に乗ってジャングルサファリ
ネパールの首都カトマンズから、車で数時間、チトワン国立公園(Chitwan National Park)は、手付かずの自然が残るジャングルです。 ネパール旅行の際は、ぜひ訪れ、自然を堪能し、野生の動物ウォチイングをしてみてください。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました