コロナ禍の秋の土曜日、決心して歯のクリーニングに行く

生活/日記

9ヶ月ぶりに歯医者にいきました。

3ヶ月~半年に1回くらいは、歯科医院に行って、検診やクリーニングしてもらうとよいのですが、コロナが心配で、控えていました。

寒くなる前に、決心して、歯医者の予約を取りました。

 

コロナ禍の歯科医院

コロナが怖くて、歯医者に通うのも心配で、検診を先延ばしにしていました。

しかし、ニュース番組などで「歯科医院で、クラスターになったことはない」という報道がされていて、そういえばそうだな、と思いました。

 

確かに、歯医者でクラスターというのは、聞いたことがないです。

それに、感染の危険性があるのは、医師や衛生士の方々で、利用者は、それほど危険ではないとのことでした。

確かに、コロナに感染した患者が、気づかず来院した場合の方が、感染が広がる可能性があります。

 

 

予約時間に、かかりつけの歯科医院に行くと、2階の待合室のドアは、開放されていました。

受付には、飛沫防止のビニールカーテン、置いてあった雑誌や、新聞も撤去されていました。

スリッパは、元々、紫外線消毒のようなものがあったので、やや安心感があります。

 

診察室に入ると、先生方は、マスクとフェイスシールドで、重装備。

私たちは、当然、マスクを取ることになります。

近頃、マスクなしで、他人と会話したことなかったな~と、思いました。

 

どちらにしても、あまり、しゃべらないようにして、検診とクリーニングは、終了しました。

次回、若干、治療が必要なところを、見てくれるとのことです。

 

 

秋の土曜日人出も多く

恐る恐る歯医者に行きましたが、土曜の街は、結構、人出がありました。

みんなマスクはしているものの、なんだかコロナは、過ぎ去ったかのようです。

気のゆるみというよりは、慣れてきてしまったような雰囲気です。

 

このまま、感染爆発することもなく、過ぎ去ってしまえばよいのですが。

また、感染が再発しているヨーロッパなどを見ていると、不安になります。

予防をしながら、適度に外出し、こころの健康を保ちたいものです。

 

GO TOキャンペーンが始まり、人の移動が増えはじめました。

エンターテイメントイベントも、徐々に復活するようです。

映画館も、席をひとつずつ空けるのを、止める傾向にあります。

このまま、冬を乗り越えることができるのを、祈るのみです。

 

コロナ禍、JR終電時間を繰り上げで昔に戻る?30分の時短
JR東日本が「首都圏の在来線の終電時間を繰り上げる」というニュースが出ました。 新型コロナの影響で、利用者が減り、JRも赤字になっています。 中高年世代から見ると、終電時間が、昔に戻った感があります。 煩雑に利用している路線 ...
スポンサーリンク
生活/日記
keicyaをフォローする
keicyablog

コメント