「プラダを着た悪魔」アンハサウェイの魅力とお勧め2作品

映画/ドラマ

リクエストの多い映画として「プラダを着た悪魔」が、TV放映されました。

女性上司とアシスタントを描いた、女性に共感される映画です。

「プラダを着た悪魔」と、アン・ハサウェイの魅力つまった、お勧め映画、2作品を紹介します。

プラダを着た悪魔

「プラダを着た悪魔」は、2006年の作品。

大ヒットして、アン・ハサウェイを、一躍スターにしました。

大女優のメリルストリープが、ファッション誌の編集長役で、好演しています。

 

プラダを着た悪魔

ストーリー

大学出たての主人公、アンドレアが、応募した仕事が、有名ファッション誌の編集長のアシスタントでした。

アンドレアは、ファッションに無頓着ですが、経歴をつけるために、アシスタントの仕事に応募しました。

採用され、きびしい上司に、どやしつけられながら、なんとか仕事をこなします。

 

アンドレアは「ファッションに興味無し」でしたが、同僚の援助を受けて、サンプル品で、ファッショナブルな装いをします。

徐々に、先輩を上回る仕事をして、編集長に認められるようになりますが、恋人との間に亀裂がはいります。

 

さらに、先輩アシスタントに、妬まれたりもします。

本当にやりたい仕事ではなかった仕事で、成果をあげた主人公、

さて、結末はいかに?

プラダを着た悪魔

 

アンのキュートさ満載

最初は、見た目を馬鹿にされる主人公ですが、映画を観ている私から見れば、主人公は、十分可愛いです。

なんと言っても、アン・ハサウェイですから。

カジュアルなスタイルでも、アンの可愛いさは、間違いないと、言った感じです。

 

主人公は、ファッションでも、周囲に認められるようになります。

アシスタントの役なので、黒などのシックな服を着ますが、着こなしがすごい。

 

身長170cmのアンは、どの服も似合います。

やっぱり、素材がよいと、服も引き立ちます。

黒っぽい髪と、ぱっちりした目が、キュートです。

 

この映画は、ツンケンした上司と、必死な部下との対比がおもしろく、女性の共感を得たと思います。

実力で上りつめたとはいえ、編集長は、偉そうで、お高くとまっています。

その上司役を、メリル・ストリープが演じ、本当に上手い女優さんだな~と、あらためて感心しました。

実体験をベースにした小説を、映画化したとのことなので、リアリティもあります。

 

プラダを着た悪魔

ジェイン・オースティン・秘められた恋

小説家、ジェイン・オースティンの伝記映画です。

オースティンは、「高慢と偏見」や「エマ」などを残した女流小説家で、女性の幸せは結婚のみ、という時代に、読み継がれる小説を書きました。

生涯独身でしたが、一度だけの恋の話が、この映画です。

 

アン・ハサウェイ演じるジェイン・オースティンは、美しくも、芯の強い女性です。

好きな男性に対する一途な思いと、時代のはざまで揺れ動く、女心を演じています。

彼女は、自分の意思を貫いて、後世に残る小説を書き上げました。

ジェイン・オースティンの作品

 

レ・ミゼラブル

ビクトルユーゴーの小説「レ・ミゼラブル」をミュージカル化した映画。

俳優たちが自身で歌い、有名な小説を、歌で表現しています。

アン・ハサウェイは、コゼットの母、ファンティーヌ役で、出演しています。

歌も演技も評価されました。

 

子供を守るためと信じて、髪を売り、身を落としたファンティーヌは、別人のように変わり果てます。

壮絶な運命を背負ったファンティーヌを、ハサウェイが好演しました。

可愛さ満載のハサウェイとは、全く違った演技で、印象に残り、アカデミー賞にも、ノミネートされました。

 

レ・ミゼラブル【Blu-ray】レ・ミゼラブル

まとめ

アン・ハサウェイが出演しているお勧め映画は、

「プラダを着た悪魔」、

「ジェイン・オースティン秘められた恋」、

「レ・ミゼラブル」です。

「マイ・インターン」「オーシャンズ8」のアン・ハサウェイもよかったです。

 

プラダを悪魔

 

レ・ミゼラブル【Blu-ray】レ・ミゼラブル

 

冬の乾燥対策 マカデミアナッツオイルで保湿とマッサージ
10月に入ると、空気が急速に乾燥して、お肌もカサカサしていきますね。 夏場は使わなかった、ハンドクリームを用意したり、化粧品も、保湿力の高いものに変えたり、乾燥対策をはじめる時期です。 お勧めは、マカデミアナッツオイルのような、...
スポンサーリンク
映画/ドラマ
keicyaをフォローする
keicyablog

コメント