コロナ対策万全?休日の夕方は回転寿司、回転中止で接触なし

生活/日記

コロナ禍で、巣ごもりも長くなる中、家族でちょっと外食。

感染対策をチェックしながら、まずは、回転寿司に行ってみました。

お店によっては、大幅改造して、お客さんを迎えていました。

休日の夕方のお寿司

お寿司好きの家族がいるため、時々、休日の夕方に、回転寿司屋に行きます。

回転寿司の良いところは、安くて早いこと。

特に、子供がいる場合は、スピーディーに、ネタが出てくると助かります。

 

注文のタッチパネルは、選ぶのも簡単だし、追加もしやすいです。

もちろん、流れてくるお寿司を見ながら、決めるのもよいです。

 

回転寿司の場合は、サイドメニューで、麺類や揚げ物があるので、お寿司に飽きたメンバーがいても大丈夫。

パクパク食べる子供たちに合わせて、自分もパクパク食べるというわけです。

 

回転寿司店の感染対策

緊急事態宣言などもあり、今年は、外食を、控えていました。

ちょっと、落ち着いた、夏ごろから、ボチボチ、回るお寿司屋さんへ。

 

 

行きつけの店は消えた

行きつけのお寿司屋さんは、大きな店舗ではないので、タッチパネルの注文を中心に、レーンも併用していました。

夏ごろ、コロナは、大丈夫かな~と思いながら、行ってみました。

座席そのものに、仕切りがつけられない場合は、感染対策も、若干むずかしいと思います。

そのお店は、休日の夕方は、混んでいましたが、平日は暇だったのか、秋ごろに、突然、閉店してしまいました。

 

 

回転ありの大手チェーン

9月に、ある大手チェーンの回転寿司店に行ってみると、コロナ前と同じくらいの盛況ぶり。

入口に消毒液はありましたが、それ以外は、特に以前と変わったところもなく、皆、普通に、流れてくるお寿司を取っていました。

元々、ボックスの座席の背もたれが低いので、ディスタンスを確保するのは、ちょっとむずかしいです。

今のところ、感染が落ち着いているので、昔のままでも大丈夫そうには、見えました。

 

お茶・コーヒーなど|ROOM - 欲しい! に出会える。

 

接触なしの大手チェーン

別の大手チェーン店は、感染対策ばっちりでした。

まず、タッチパネルで、席を予約して、番号を書いたレシートを受け取ります。

それを持って、各自、座席へ。

 

空いている時間なら、ひとつおきの席に、座れます。

離れた席に座れるように、タッチパネルがプログラムされているようです。

 

席に着くと、注文は、すべてタッチパネルで行います。

「回転中止」で、流れてくるお寿司は、なくなりました。

 

注文したお寿司が、かなり速い速度で、レーンを伝って、送られてきます。

以前、流していた通常のレーンをやめて、注文用のスピードレーンに変更したようです。

レーンの向こう側には、仕切りができて、隣のお客さんは、見えないようになっていました。

 

ボックス席の背もたれの上には、アクリル板のようなものが立ててあって、後ろの席とも、高めの仕切りができています。

カウンター席も、隣の人との仕切りが、作られていました。

かなり、積極的に、店舗を改造したものと思われました。

他のお客さんの顔を見ないくらいに、ディスタンスが確保されています。

 

食べ終わると、お会計ボタンを押して、レジへ。

店員さんとのやりとりがあるのは、会計の時だけです。

テーブルの消毒がきちんとされていれば、ほぼ完璧、と思いました。

 

コロナは、当分収まらないことを考えて、「接触なし」の対策をするために、店舗改造をしたのだと思います。

清掃や厨房まで見たわけではないけれど、このくらい対策されていれば、かなり安心感があります。

混んでくると、順番待ちのベンチが、密になるかもしれません。

 

まとめ

回転寿司店は、新型コロナの感染対策、バッチリのお店があります。

これなら、安心して食べに行けるというレベル。

 

今後は、人との「接触なし」のお店が増えてくると思います。

休日の食事を楽しむためにも、少しずつ見極めながら、出歩きたいものです。

 

コロナ禍、JR終電時間を繰り上げで昔に戻る?30分の時短
JR東日本が「首都圏の在来線の終電時間を繰り上げる」というニュースが出ました。 新型コロナの影響で、利用者が減り、JRも赤字になっています。 中高年世代から見ると、終電時間が、昔に戻った感があります。 煩雑に利用している路線 ...
スポンサーリンク
生活/日記
keicyaをフォローする
keicyablog

コメント