川辺の野鳥 ダイサギとアオサギ ペリカン目サギ科の渡り鳥

生活/日記

川辺には、一年中生息する水鳥と越冬中の渡り鳥がいます。

大型の渡り鳥を見るのは、川辺の散歩の楽しみになります。

ダイサギやアオサギは、大型のペリカン目サギ科の鳥たちで、野鳥の観察に最適です。

水辺でエサを探すダイサギやアオサギは、優雅に歩き、美しく飛びます。

 

スポンサーリンク

ダイサギ くちばし黄色のの白い鳥 ペリカン目サギ科

エサを探すダイサギ

エサを探すダイサギ

 

秋ごろ、川辺で、くちばし黄色の大きな白い鳥を発見しました。

体長、60~70cmくらいですが、首を伸ばすともっと大きくなります。

今まで、こんな鳥は、見たことがありませんでした。

渡り鳥でしょうか。

 

インターネットで、調べてみると、「ダイサギ」でした。

冬に、暖かいところに移動する、大型のサギの仲間です。

くちばし黄色は、秋冬の色で、繁殖期には、黒色になるとのことです。

サギ科の中では、大きな鳥で、優雅に羽ばたきます。

ダイサギは、ペリカン目サギ科に属します。以前は、コウノトリ目に分類されていましたが、現在は、ペリカン目で統一されているようです。

 

ダイサギ くちばし黄色は、秋冬カラー

ダイサギ くちばし黄色は、秋冬カラー

 

川辺のダイサギは、草むらで、虫を食べていました。

草むらにいるときと、川岸の近くで、足を水につけているときがあります。

ダイサギは、人間がいても、気にしない様子で、マイペースで虫をついばみます。

 

ダイサギは、足が長いので、見た目が、鶴のようです。

細い脚で、ゆっくり、大股で歩きながらエサを探しています。

飛んでいる姿も、美しいです。

 

アオサギ くちばしオレンジのグレーの鳥

木の上にとまって周囲を見渡すアオサギ

木の上にとまって周囲を見渡すアオサギ

 

川辺では、時々、大きなグレー鳥も見かけます。

羽を伸ばして飛ぶ姿は、大きくてびっくりするくらいです。

調べてみると、アオサギとのことでした。

木の上にとまって、ゆっくり頭を左右に動かしています。

人間を気にしているようでした。

 

アオサギは、ペリカン目サギ科、アオサギ属の大型の鳥です。

越冬で日本に来る場合と、日本を移動している場合があるようです。

冬には、九州より南で、越冬するとのことで、関東は、通過地点です。

 

アオサギ、首を回して辺りを警戒

アオサギ、首を回して辺りを警戒

 

アオサギは、1mくらいある大きな鳥で、確かにペリカンに似た感じです。

オレンジ色のくちばしとグレーのボディ、頭の黒が印象的です。

首が太くて長く、黄色っぽい目で、人間を警戒しています。

しばらくアオサギを眺めていましたが、ちょっと目を離したすきに、飛び去っていました。

大きく羽を広げて飛ぶ姿が、豪快です。

 

ダイサギとアオサギ サギ科の鳥たち まとめ

川辺の散歩道で見かけた、ペリカン目サギ科の鳥たち。

ダイサギは、黄色のくちばしと真っ白の羽で、優雅に歩きます。

アオサギは、グレーの体に、オレンジのくちばしで、大きく羽ばたきます。

 

越冬に関東の川辺の立ち寄る大きな鳥は、バードウォッチャーを和ませます。

いつもの散歩道で、足を止めて、眺めていました。

水辺の鳥 オオバン くちばし白の黒い鳥 ツル目クイナ科
水辺の散歩道。黒のボディに白のくちばしの鳥を見つけました。「オオバン」という鳥のようです。人の気配を察知したのか、素早く川に飛び込んでしまいました。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク