コンビニ レジ袋の有料化 お弁当が熱い!

生活/日記

レジ袋の有料化が始まって、だいぶ時間が経ちました。

スーパーなどではセルフレジを利用し、コンビニでは、レジ袋を辞退していましたが、あたためで、熱くなったお弁当には、困ってしまいました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コンビニ レジ袋の有料化 お弁当が熱い

レジ袋の有料化が始まって、数か月が経ちました。

スーパーでは、以前から、マイバッグやリュックを持参しています。

コンビニでも、レジ袋を、辞退していました。

 

しかし、コンビニでお弁当のあたためを頼んで、レジ袋を辞退した後、失敗したと思いました。

コンビニでは、しっかり中まで温まるように熱くするので、お弁当は、あつあつの状態になります。

案の定、お弁当の「ミートドリア」は、相当、熱い状態になっていました。

 

そのまま、リュックに入れるわけにもいかず、焦っていると、

店員さんが、「底を持つとよいのですよ。」と教えてくれました。

 

確かに、丸い容器の底の中心部分は、あまり熱くありません。

いつもレンジであたためたお弁当を扱っている店員さんは、熱くないところを知っていました。

レジ袋の辞退で、店員さんも、熱いものに、苦労しているのだな~と感じました。

 

熱くなったお弁当対応として、お弁当を入れる手提げ袋を、持ち歩くことにしました。

レジ袋は、ごみになることが多いとはいえ、やはり、ビニール製の手提げ袋は便利です。

 

無駄なごみを出さず、無駄なお金を使わないためには、自ら袋を持参する必要があります。

とはいえ、外出先に、沢山の物を持ち歩くのは、不便です。

有料・無料にかかわらず、便利なサービスは、活用し、よりエコな生活をすることが、環境を守ることにつながります。

 

注意: マイバッグは、汚れが付着しやすいものです。

こまめに洗濯して、衛生面にも気をつけたいものです。

 

スポンサーリンク

 

レジ袋だけがプラスチックごみではない

 

プラスチックごみ削減には、大いに賛成ですが、レジ袋だけがプラスチックごみではありません。

そもそも、お弁当などは、容器そのものが、ブラスチックですし、総菜やお菓子の入れ物も、プラスチックです。

レジ袋だけがやり玉に挙げられていますが、個人が利用するレジ袋より、企業が容器として、使用するプラスチックを削減したほうが、よいのではないでしょうか。

 

とかく、個人の努力が求められますが、作る方(企業側)が大量のプラスチック容器を作る限り、ごみは減りません。元の数を減らす工夫がいります。

とはいえ、やはり、プラスチックは便利。すべてを共存させたり、一方を排除するのは、むずかしいものです。できる努力をしながらも、便利さも利用したいものです。

 

まとめ

レジ袋の有料化が始まって久しいです。

袋を辞退するのが当たり前になっていましたが、熱々のお弁当には、苦慮することも。

プラスチックごみの削減には、個人の努力だけではなく、容器などを提供する側にも、努力してほしいものです。

プラスチックの便利さは手放せないとはいえ、熱々のお弁当には、対応したいものです。

 

ほしいものがなくなってきた?今年はマスクと買い替え品のみ
長引く半自粛生活で、ほしいものがなくなってきてしまいました。 でも、たまのお買い物は楽しいし、ストレス解消になります。 ほしいものがなくなってきた 今年は、コロナのせいもあり、外出が少なくなりました。 結果、色々なことをしなくなりました。 ...
スポンサーリンク
生活/日記
スポンサーリンク
keicyaをフォローする
keicyablog

コメント