映画「心の旅」ハリソン・フォード あらすじと感想

映画/ドラマ

映画「心の旅(Regarding Henry)」は、ハリソン・フォード主演の1991年の映画です。

敏腕弁護士のヘンリーは、ある日、突然、事故に合い、人生が変わってしまいます。

本ブログでは、あらすじと感想を紹介します。

 

スポンサーリンク

映画「心の旅」ハリソン・フォード あらすじ

映画「心の旅」Regarding Henry は、1991年の映画です。

あらすじ:

主人公のヘンリー(ハリソン・フォード)は、敏腕弁護士で、仕事一筋の人間です。

冒頭、ヘンリーの法廷での弁論は、押さえた調子ながら、理論的で、有無を言わせぬ調子です。

訴訟に勝って、意気揚々のヘンリーと弁護士事務所、未来の勝利も、確信しています。

 

ヘンリーは、いつも表情も動かさず、12歳の娘、レイチェルにも、冷淡です。

仕事同様、ミスを許さないといった態度で、高圧的に接します。

レイチェルも、父を怖がり、萎縮した態度で、父に従っています。

 

ある日、ヘンリーは、妻のサラ(アネット・ベニング)と外食した後、たばこがなくなったことに気づき、徒歩で、たばこを買いに出かけます。

ヘンリーは、運悪く、店で強盗に出くわし、2発の銃弾を受けます。

命は、とりとめたものの、身体が動かず、脳にも損傷をうけます。

 

ヘンリーは、リハビリで、少しづつ回復するものの、記憶を失い、家族の顔も思い出せません。

その後、ヘンリーは、自宅に帰りますが、まるで、小学生のようになっていました。

最初は、読み書きもできませんでしたが、娘に教えられ、徐々に回復していきます。

仕事にも復帰しますが、以前と同様な弁護の仕事はできなくなってしまいます。

 

「心の旅」ハリソン・フォード 感想

 

感想:

主人公ヘンリーのように、怪我による脳損傷で、身体に障害を持ち、記憶を失い、別人のようになってしまうのは、よくあるストーリーです。

ヘンリーは、病院のリハビリスタッフの明るく、献身的なサポートを受けて、持ち前の、負けん気で、回復していきます。

 

リハビリ病院を退院した後は、弁護士事務所に復帰しますが、以前と同じようには仕事ができず、勝つことだけを目的とした弁護に疑問を持ち始めます。

弁護士事務所は、ヘンリーをパートナー弁護士として、雇ってはいますが、温情で、形だけ居させるといった態度です。

 

一方、家庭では、やさしくなった夫に、妻はサポートを続け、子供のような父親に、娘は親近感を感じ、手助けをします。

この映画「心の旅」では、やはりハリソン・フォードとアネット・ベニングの演技が光ります。

 

また、怪我からの復帰を経験した人や、不慮の事故にあった人は、共感するところがあります。

過去は、変えられないけど、今の自分を好きになり、家族を大切にすることはできます。

何か悪いことが起こった場合、自分にできることをするしかないのです。

それを悟り、道を選ぶのに、遅いということはありません。

 

リハビリスタッフに「人の言うことは気にするな!」と言われますが、まさにその通りです。

前と同じ仕事ができなくても、大金を稼げなくても、まっとうに生きることはできます。

 

「自分は、変わった」と意識することによって、何が自分に取って一番大切なのかがわかります。

怪我や病気で辛いことがあったり、人生やり直したいと考えている人には、励みになる映画です。

前途多難な人生であっても、幸せになること選択することはできます。

 

まとめ

映画「心の旅」ハリソン・フォード主演 あらすじと感想を紹介しました。

人生に迷っている人、過去を悔やんだり、未来に不安がある人におすすめの映画です。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク