沖縄旅行、首里城の思い出、渡嘉敷、美ら海水族館、万座毛

国内旅行

首里城が火災で全焼してから、1年が経ちました。

首里城を見られないのは、残念ですが、沖縄には、観光名所が沢山あります。

沖縄旅行のお勧めスポットを紹介します。

沖縄旅行と首里城

10年以上前に、沖縄旅行に行きました。

7月の沖縄は、暑い!

じりじりと照りつける日差しを、よけることもできずに、観光しました。

 

羽田空港から那覇空港に降り立ち、そのままモノレールに乗って、首里城に行きました。

真っ赤な首里城は、なんと美しいことか。

朱色の建物が、さんさんと降り注ぐ日差しに、まぶしかったです。

 

首里城

首里城

 

そんな首里城が、昨年の火災で焼失してしまったのは、本当に残念。

首里城には、スプリンクラー等の火災発生に対する備えが、なされていなかったそうです。

火事の原因も解明されずに、すでに、捜査も終了してしまいました。

過失か放火かは、わかりませんが、歴史的建造物が失われたのは、同じです。

 

火事の直後から、首里城再建のため、多額の寄付が寄せられたそうです。

現在、50億円突破との報道もあるので、いずれ、再建されることでしょう。

防火対策を行ったうえでの、再建が待ち望まれます。

 

 

沖縄の海・渡嘉敷

沖縄と言えば、やっぱり海。

空港に降り立つ前、空から海を見るだけでも、きれいだと感じます。

那覇から離れた、リゾートホテル移動して、数日ビーチで過ごすのもよいと思います。

 

那覇市内の泊まるなら、船が出ているので、周辺でダイビングやスノーケリングを楽しむことができます。

私は、日帰りで渡嘉敷に行きました。

渡嘉敷に行くまでの、船からの眺めも最高です。

島では、マリンアクティビティが楽しめます。

 

渡嘉敷へ

渡嘉敷へ

 

帰りの船で、船頭さんが「明日から台風で、船出ないから」と言っていて、びっくり。

今日は、いい天気だけど、明日以降は、船を出せないよ、とのことです。

 

スーツケースもって降りた人たちがいるけど、島に滞在する人たちは、どうするのだろう?

帰れなくなったら、困るでしょ、と思いつつ、地元の人たちは台風に対する見方が違うのだな~と思いました。

ちなみに、私は、台風が接近する前の午前中に、都内に帰って来れました。

 

渡嘉敷村 公式サイト Tokashiki Island Official Web site
沖縄県渡嘉敷村の公式サイトです。

 

美ら海水族館

沖縄海洋博公園と美ら海水族館には、バスツアーで行きました。

車のない旅行者向けに、現地バスツアーが出ています。

海洋博公園は、那覇よりさらに暑くて、美ら海水族館内の冷房が、ありがたかったです。

 

美ら海水族館の見どころは、やはり、ジンベイザメ。

巨大な水槽に、大きなジンベイザメが、悠々と泳いでいます。

個人的に好きなのは、大きなウミガメの泳ぐ姿を、見られることです。

海に潜らないと見えないウミガメの泳ぎっぷりが、間近で見れます。

 

沖縄 観光バスツアー|最低価格保証|那覇発の日帰りツアー予約‐たびらい沖縄
美ら海水族館、アメリカンビレッジなど人気観光地を巡る沖縄の観光バスツアーを一覧で比較・予約。空港やホテルから直接参加できるツアーも!最低価格保証&口コミ高評価。

 

万座毛と蝶々園

万座毛にも、那覇からバスツアーで行きました。

このあたりには、リゾートホテルもあるので、ホテルに滞在して、泳ぐのもよいと思います。

独特の地形と美しい海が見れます。

 

蝶々園には、蝶がいっぱい。

私は、蝶にとまられやすいようで、ワッと蝶が集まってきました。

集まってくるかどうかは、人によるようです。

 

蝶々園見学の帰りは、早くも台風の影響が出てきたのか、雲がおおくなり、海は、グレーになってしまいました。

 

 

まとめ

海がきれいで、見どころいっぱいの沖縄。

火災で焼失してしまった、首里城が再建されることと祈りつつ、いつかまた、再訪したいと考えています。

 

NHKドラマ「テンペスト」アンコール あらすじとレビュー
NHKドラマの「テンペスト」がアンコール放送されました。<11/8加筆> 琉球王国末期の王宮を舞台にしたドラマです。 1~2回は、10月31日に放送され、3~6回は、11月3日に放映されました。 11月7日に、ラスト4回分...
夕焼けが美しい秋、チュニジアの砂漠もラオスの川も夕日は世界共通
日本の秋は、夕焼けや朝焼けが、きれいに見える季節。 日照率が高い時期だけど、適度な雲は、朝日や夕日を映えさせます。 空気が乾燥しはじめ、クリアに空を見渡せる秋に、少し足を止めて、空を見上げます。 夕焼けの美しさは世界共通 夕...
スポンサーリンク
国内旅行
keicyaをフォローする
keicyablog

コメント