ジョンレノンの命日から40年 ショーウィンドーの銃と失われた時間

コラム

「ジョン・レノンさん、銃弾に倒れてから40年」という記事を読みました。

あれから、もう40年、月日が経つのは、早いもの。

生きていれば、80歳のレノンさんの音楽を、思い出します。

 

スポンサーリンク

ジョン・レノンさんの命日から40年

40年前、私は学生でした。

ニュースを見た、最初の反応は、「えー」と、だだ、びっくりするのみです。

何があったのか、ミュージッシャンがどんな理由で、撃たれるのかと思いました。

結局、たいした理由もなく、銃をもった犯人に、射殺されたということです。

 

私は、ビートルズやソロになったメンバーの大ファン、というわけではありませんでしたが、今も心に残る歌や、好きな曲があります。

当時も今も、未来のある人物の命が、一瞬にして奪われた、理不尽さを感じます。

突然、撃たれてしまうようなことがあるのが、アメリカの銃社会なのかとも考えました。

レノンさんを撃った犯人は、今も服役しているそうです。

 

ショーウィンドーに並んでいる銃

 

その後、アメリカに行く機会があり、ショッピング街で、お店を見ていると。

スーパーの隣に、銃を売っているお店がありました。

まるで、アクセサリーか何かを売っているお店と、同じような感覚です。

お店は、外からも覗けるし、誰でも入っていけます。

ショーウィンドーに並んでいる銃を見て、違和感を感じました。

 

もちろん、市民権のない外国人には、販売していませんが、ガラスケースの中の銃を見るのは、ショックでした。

これだけ、銃が身近で、手に入りやすいと、事件も起こりやすいです。

銃は、身を守るために必要という意見も根強いですが、簡単に人の命を奪うということは、日本人には理解できないものです。

 

失われた時間を考えてみる

40歳というのは、人生を終えるのには、早すぎます。

もし、40年という、失われた時間をあったなら、色々なことができました。

音楽を作り、演奏することもできたし、家族と楽しく過ごすこともできたし。

何もせずに、のんびり過ごすという選択もできたし。

 

40年という時間を、自分は、生きてしまいました。

何かを成しえたわけでもなく、過ぎてみると、ただ40年という長い時間が経っていました。

人の人生は、ある日終わるもの。

レノンさんをしのんで、時間を大切に生きられたら、と思います。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク