NHK「逆転人生」スポーツ心理学者がラグビーW杯の功労者

コラム

NHK「逆転人生」で、2015年のラグビーW杯の功労者、スポーツ心理学者、荒木香織さんが紹介されていました。感動したので、ご紹介します。

NHK逆転人生「史上最大の番狂わせ 逆転トライを生んだ立役者」

 

スポンサーリンク

スポーツ心理学者 荒木香織 ラグビーW杯の功労者

元陸上選手の荒木香織さん

京都出身の荒木さんは、学生時代、陸上の選手でした。

しかし、日本ランク3位でありがら、大舞台で結果が出せません。

結果が出せないと、周囲の期待を裏切ったと、感じていたそうです。

当時の荒木さんには、わからないことがありました。

「勝負に勝つための、強い心はどこからくるの?」

一流の選手に「自分の考え方を変えなければ、変わらない」と諭されたこともあったそうです。

 

アメリカでスポーツ心理学を勉強

荒木さんは、アメリカに留学し、大学院で、スポーツ心理学を勉強します。

「緊張の理由」

「緊張への対処法」

「緊張するからこそ力を発揮できる」

荒木さんは、理論と実践の勉強で、心を鍛えるスペシャリストなって、帰国します。

スポーツ心理学を広めたいという思いがありましたが、日本では、まだ、認知されていない学問でした。

 

ラグビー日本代表のメンタルコーチ

 

 

荒木さんは、2012年、ラグビーの日本代表のメンタルコーチに抜擢され、力を発揮します。

チームの問題点を見つけ出し、心を鍛える手助けをしていきます。

 

・・ミスを批判しない

・・質問に対する解決策を見出す(すぐに謝らない)

・・ほめ言葉を素直に受け止め、自信をつける

・・コミュニケーションをとり、フィードバックする

・・前向きな言葉を使って、ネガティブな思考を変える

・・勝負前に、決まったルーティンを行う

・・「できる」ということをイメージする

・・大儀を持つ

・・緊張や不安をエネルギーに変える

 

スポーツだけではなく、すべてのことに当てはまるような、すばらしい助言だと思います。

荒木さんは、スポーツ選手をコーチし、実践を通じて、アドバイスされたのだと思います。

ハードな練習をして、メンタルも強くなった、ラグビー日本代表は、2015年のラグビーワールドカップで、勝利を勝ち取ります。

 

まとめ

ラグビー日本代表のメンタルコーチだった荒木香織さん。

ワールドカップで勝利できたのは、「必然」とおっしゃいました。

荒木さんの言葉は、スポーツ以外にも応用できるものです。

ラグビーに貢献し、スポーツ心理学を広めたのも荒木さんの功績です。

 

ラグビー日本代表を変えた「心の鍛え方」心の鍛え方

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク