ファンシーラットに触ってみた!かわいくて人になつくペットネズミ

コラム

「ファンシーラットを飼っている」という話を聞いたので、

それ何? と聞くと、

ペットとして飼われている「ネズミ」とのこと。

ネズミと言えば、何十年か前に、土間のある我が家に出現して、駆除したものと、実験用のハツカネズミしか思いつかない。

とってもかわいいそうなので、早速、見せてもらいに行った。

 

スポンサーリンク

ファンシーラットとは

「ファンシーラット」とは、ペットとして飼われているネズミです。

元々は、「ドブネズミ」

ドブネズミは、ねずみ色した、大きなねずみで、下水の近くや、ごみの多い、汚いところにいるというイメージがあります。

ペットのラットは、交配の結果、生まれたもので、色は白っぽいものが多く、目がクリッとしていて、かわいいです。

性格は、社交的で、飼い主になつきます。

野生のネズミより長生きで、寿命は、2~3年と言われています。

ペットとして飼育されているので、野生種が持っているような病気もなく、飼うのも安心です。

 

 

飼育するには

飼育には、大き目のケージが必要になります。

ファンシーラット逃げないくらいのケージで、ある程度、運動ができるものがよいです。

回転する遊具を入れると、それで遊ぶラットもいますが、興味を示さないラットもいます。

 

社交的で飼い主になつくと言っても、もちろん、性格には、個体差があります。

水飲み器をセットしておけば、自分で、お水を飲みます。

エサは、ハムスターやラット用のぺレットでOKです。

 

大きさとかわいい動き

ラットの顔は、親指と人差し指で、輪を作ると、そこから顔を出せるくらいの大きさです。

座っているとお尻が大きく見え、体重は、200~300gくらいあります。

体重に比較して、小さく見える2本の足と、2本の手を上手に使い、移動したり、食べたりします。

 

目を見張るのは、2本足で、直立することです。

レッサーパンダの「フータくん」さながら、直立姿勢がかわいい。

2本の小さな手で、餌をもって食べるところもかわいいです。アライグマ「ラスカル」みたいです。

 

背骨がやわらかく、柔軟性のあるからだです。

座っているときは、背中が丸まっていますが、ケージにつかまったりして、伸びをすると、ビヨーンと、からだ全体が、細長く伸びます。

身長と、お肉全体が伸びる感じで、20㎝くらいになります。

その伸び具合に、びっくりします。

 

人になつくファンシーラット

ファンシーラットは、ひとになつきます。

社交的なラットは、知らない人が近づくと、その方向によってきて、興味を示します。

においをかいだり、触ろうとしたり、明らかに、好奇心があります。

実際に、手でホールドすると、最初は、確かめるように、鼻や歯で触ってきます。

常に、モソモソ動いていて、素早く、腕をつたって、登ってきたりします。

毛並みも、フワフワで、かわいいす。

 

 

まとめ

ファンシーラットは、飼いやすく、なつきやすい、好奇心旺盛なペットです。

触ってみると、愛らしい顔とかわいいしぐさに、魅了されます。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク